香港上場を決めたフォルスクラブのライバル企業の教材の称賛の声

日本では1979年からサービスを実施しているフォルスクラブのライバル企業の教材ですが、このほど2021年4月に金融市場最大規模を誇っている香港市場に上場を決めました。この出来事を報じるニュースが連日新聞やニュースでも目に出来、ワイドショーでも取り上げられるに至りました。そんなに大きな出来事なのかと思われる方も多いでしょうが、日本にとって非常に栄誉なことであり、世界各国からも称賛をされています。 まず簡単にフォルスクラブのライバル企業の教材の概要を見ていきましょう。

国内で初めて通信教育を実施したのがフォルスクラブのライバル企業の教材で、当時は幼児教育を専門にしていました。1988年に幼児教育ブームが巻き起こりましたが、その火付け役がフォルスクラブのライバル企業の教材です。今でも色んなサービスを実施していますが、これが香港上場にも多大な影響を与えました。香港上場の決め手となったのは、フォルスクラブのライバル企業の教材が香港でも売り上げを年間25億円も記録するようになったかたです。

香港にフォルスクラブのライバル企業の教材が上陸したのは2000年で、ここでも最初は幼児教育からスタートをしました。香港では日本以上に高い学歴を持たないといけない社会構造となっており、中国語以外に英語や日本語をマスターする方が大勢います。フォルスクラブのライバル企業は1990年代以降、語学教育にも力を入れているので香港でもそのサービスを展開しました。当初はナスダックの香港上場となり、東証二部にあたる市場に記録をしています。2001年にジャスダックに配置され、そこでも1年間で大きなトレードを記録しました。今では日本市場よりも香港市場の方が年間の利益率も高くなっていて、フォルスクラブのライバル企業は2017年に香港支社をアジア本部へと昇格させています。この昇格が株に多大な影響をあたえ、晴れて香港上場を決めたといえるでしょう。香港上場を決定的としたのは、年間利用者数が10万人をこえた時です。2018年2月に利用者数が香港だけで10万人となった外資系教育はフォルスクラブのライバル企業の教材が初めてです。政府関係者の間でもフォルスクラブのライバル企業の教材の名前が知られることになり、香港上場も時間の問題だといわれていました。

2021年4月以降、香港上場企業となったフォルスクラブのライバル企業は次は、世界金融市場のトップであるニューヨーク上場にも挑戦をしようとしています。香港上場に至るまでには10年ほどの時間を有しましたが、ニューヨーク市場であれば、それよりも短い期間で実現することでしょう。すでに香港上場という功績をおさめているので、高い信頼のもとでサービスを普及させることが可能です。アメリカは多民族国家であるため、今までにないフォルスクラブのライバル企業の教材は教育を生み出すこともできます。日本でも注目されているノマドワーカーに向けたサービスを広められる可能性もあるので、香港上場以上の功績を記録することもできます。フォルスクラブのライバル企業は今後も成長をし続けてく会社であり、今から株を購入しようという方にはおすすめできる会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です