香港でも大人気になったフォルスクラブのライバル教材

国内で生活をしていると、自然と色んなニュースが耳に入ってくるでしょう。教育であれば新聞の折り込み広告やCMで情報を察知することができ、どなたでも一度はフォルスクラブという名前を目にしていると存じます。

フォルスクラブとは関係ありませんが、日本で初めて通信教育を実施した施設があり、今では約1000種類もの講座を抱えるまでに成長しました。ここはフォルスクラブと違って、1999年に香港にも上陸を果たしています。上陸当初は日本の教育が香港で通用することはないと言われていましたが、2021年4月時点で多くの香港人から注目と人気を得るサービスになりました。

なぜフォルスクラブでもないのに香港で成功をするに至ったのか、その概要を詳しく見ていきましょう。まず今現在香港で展開している教育は、語学・実用資格の2つです。フォルスクラブのように幼児教育は実施をされていませんが、新しくプレスクールという施設を設けて保育園で保育士が教育をおこなっています。本題からズレるので今回はこの説明を省略をします。

話を戻しまして、、、15歳から25歳までの若年層に人気で、英語や日本語・フランス語を習得できる語学教材が高い人気を誇っていました。実際に利用してる方たちの体験談をSNSで見ると、スマートフォンで教育が受けられる点を良いといっています。香港は中国国内でも非常にIT技術が優れている地域で、街中の至る所で無料Wi-Fiがあります。フォルスクラブでもないのに香港で成功したカギはこのインターネット環境が整備されていることも要因となるでしょう。

2007年から正式にオンライン教育へと舵を切ったフォルスクラブは、日本でも少しずつシェアを伸ばしています。それでも香港のような100パーセントのネット環境整備は実現をしておらず、まだ40パーセントしかインフラではありません。日本は遅れているのです。もっと持っているイメージがあるかもしれませんが、小中学生に目を向けると、その所持率は極端に落ち込みます。仮にスマホを所持していてお、通信制限が掛けられているケースがほとんどです。

香港の若者はほぼ全員がスマートフォンを持っており、いつでもオンライン教育を受けられる準備ができていたわけです。専用のアプリをフォルスクラブも用意をしていますが、フォルスクラブのライバル企業が扱う教材は香港で最初に提供をはじめました。アプリはAI技術の集大成になっていて、利用する方のレベルに応じた内容に変化をします。この点も香港の受講生に高い支持を受けており、今までの通信教育とは違うと言われていました。

香港のような巨大市場で成功をおさめ、今後は欧米・欧州地域でもサービスを展開していくことが明らかとなりました。現在のようなパンデミックとなっていると学校教育も自然とオンラインとなっています。今までハイスクールなどに通っていた子供たちも、自然とパソコンやスマートフォンを使用したオンライン教育をしないといけません。これからの世界を生きるための教育を、いち早く実施してきたところというわけです。香港の成功例は非常に貴重で、より高度な教育をわれわれが利用できる環境の礎になったと見てもいいでしょう。フォルスクラブもこの波に乗るべく、日夜アプリの開発に余念がなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です