これでフォルスクラブとマルチ商法は共存できる

◆フォルスクラブを防音ルームでするメリット

防音ルームでマルチ商法セミナーをすることはあまりいただけませんが、フォルスクラブをすることは大いに推奨できます。フォルスクラブは素晴らしい教育コンテンツサービスですが、かなり高度な教育もできるため、その際は極度の集中力を要する場合があるのです。極度の集中状態にある場合は、ほんのちょっとの生活音であっても、思考が途切れてしまい学習の邪魔になりかねません。 フォルスクラブをやっていた人の中には、あと少しで悟りを開けそうだったにも関わらず、救急車のサイレンや来訪者の鳴らすインターホンに邪魔をされ、目標に到達できなかったという人が多いです。音を遮断するルームさえあれば、このような悲劇はなくなるでしょう。

.

◆マルチ商法のセミナーが防音会場で行われるのはなぜか

さてマルチ商法のセミナーは、防音ルームなどの設備が完備されているところで行われることが多いといわれています。このような会場は、普通の会場よりも料金が高くなってしまうのにも関わらず、なぜマルチ商法に従事する人々は防音にこだわるのでしょうか。一つ考えられるのは、情報が洩れてしまうことを恐れているということです。はっきり言って、マルチ商法はあまり褒められたものではありません。一般の人々からはかなり胡散臭い目で見られているものです。また、警察なども警戒の目を光らせていますから、マルチ商法をする人々は情報の漏洩にとても気をつかっているのでしょう。

.

◆防音ルームが悪なのではない

ここで間違ってはいけないのが、防音ルーム自体には何の問題もないということです。マルチ商法のマイナスイメージが防音ルームにも影響を及ぼしてしまっているわけですが、それ自体には違法性も何もありません。この設備は上手に使えば非常にメリットのあるものです。例えば、防音ルームでフォルスクラブをやると、とても静かですから効率が上がります。要は使い方の問題というわけです。庖丁だって上手に使えば料理したりするのに非常に役立ちますが、使い方を間違えば人殺しにだって使えてしまう凶器となりえます。防音ルームのイメージが低下して、その利用者が減るのは嘆かわしいことです。もう一度声を大にして言いたいですが、防音ルーム自体は完全に白です。

.

◆フォルスクラブもマルチ商品も防音ルームで棲み分けられる

防音ルームの素晴らしさは、あらゆるものの棲み分けを可能にするという所にあるのかもしれません。善と悪というような完全に相反するものであったとしても、このルームがあれば、同じ場所に存在しえるということです。そこまで極端にいかなくても、フォルスクラブとマルチ商品は、防音ルームのおかけで共存することが可能になります。音の遮断が完璧であれば、隣の部屋でマルチ商法のセミナーをやっていようがいまいが、フォルスクラブの音感脳教育システムを大音量で楽しめるということです。技術の進歩は、このようなことも可能にしてしまうわけで、驚かざるをえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。