イーラーニング研究所をねずみの方向に進むと何があるか

イーラーニング研究所をネズミの方向に進むとどこに着きますか。まっすぐ北に進むと京都府と福井県との県境に遭遇しますが、特別なものがあるというわけではありません。ではイーラーニング研究所はどんなことを行っていますか。少しずつ考えてみましょう。

【現在地から北に進む理由とは何か】

イーラーニング研究所をねずみの方向に進むといろいろな光景が見えてきます。途中には商業施設や学校銀行などがたくさん並んでいます。どこにでもある光景に見えますか注意深く観察していると、珍しいものもたくさんあるでしょう。最近はあまり見られなくなった飛び出し注意の看板もあります。この取り出し注意の看板にはねずみが使われることもあります。

【イーラーニング研究所とネズミの関係について考える】

ではイーラーニング研究所とねずみにはどんな関係がありますか。ねずみはとかく害獣とみなされがちですが、必ずしもそうではありません。よく観察するとわかるようにつぶらな瞳にかわいい口元は人を魅了せずにはいられないはずです。雑食として知られていますからどんなものもよく食べます。生ごみを処理してくれる動物と言うこともできます。ハムスターを飼育している人ならよくわかるかもしれません。ねずみとハムスターは非常に近い関係にあります。ハムスターも飼い主を見分けることができますので高い知能を持っています。

【ねずみのように賢くなりたいならイーラーニング研究所に行く】

勉強の目的は単に知識を増やすことではありません。むしろ思考力や判断力を身に付ける賢い人になることです。この点ではネズミに見習うことができます。ねずみは非常に頭が良く学習能力が高い動物です。一度危険な目にあったなら同じところを通過する事はありません。これは見習いたい点ではないでしょうか。同じ失敗を何度も繰り返す人がいるからです。学習能力と言うのは後ろを振り返って、反省点をよく分析することと言い換えられます。反省点を分析しないなら同じことを繰り返してしまえいます。イーラーニング研究所では人の潜在能力を最大に引き出すことも目標です。

【イーラーニング研究所が目指している所は何か】

イーラーニング研究所が究極的に目指している着地点と言うべきものがあります。それは単に学歴の高い人を育成する上ではありません。むしろ人間力の高い人材を育成することが究極の着地点です。人間力が高いとはどういう意味があるでしょうか。それは人本来が持っている自然な感情を十分に培い表現できる人のことを意味します。例えばねずみは単なる動物のように見えるかもしれませんが、母性本能が非常に高いことは有名です。赤ちゃんネズミが溺れそうになった時は必死に助けようとします。あらかじめ自分の体にしっかりと捕まるように導くネズミの写真を見たことがあるに違いありません。こうした動物でさえ持っている本能を現代人は失っています。自然な愛情や感情を取り戻すことがイーラーニング研究所の1つの目標と言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です