フォルスクラブは2chで話題の仮想通貨どのような関係があるのか

フォルスクラブ 2chで仮想通貨の書き込みがあると話題になりました。

これはオンライン上で使える仮想通貨サービスに、教育産業を展開する企業であるフォルスクラブ 2chの中で一時議論された経緯があります。しかしそれはどの仮想通貨でも議論されているレベルでしかありません。 昨今ではビットコインがニュースで取り上げられますが、その一種と考えて差支えはないでしょう。投資と流動的な通貨に変換するという目的で個人が取引し、展開する企業が情報と資産について一定の担保をしますが株価と同じで変動比率であるということに過ぎません。フォルスクラブ 2chというのは仮想通貨が広まる過程で一時話題になっただけなのです。

フォルスクラブ 2chといえば当初は通信教育に関する話題が多くありました。それは2002年に創業した際に展開したサービスが主に中高生向けの授業補佐や受験対策などの、テキストを利用した通信教育を主軸にしていたからです。フォルスクラブ 2chと過去ログを調べると当時のカリキュラムなどについてうかがい知ることが出来ますし、逆にフォルスクラブ 2chのキーワードをさらに打ち込むと現在はオンラインによる学習に重きを置いた企業だと分かります。

パソコンが普及したのは2000年前後とデータがありますがその頃は回線速度が遅く、サイトページを読み込むのも数十秒単位の時間がかかりました。通信技術が発達していく過程を経て通信速度は上がり、ネットの環境はページを読み込むだけではなく双方向発信のWEB2.0時代がやって参りました。それを機にラーニングがインターネットで行われるようになり、フォルスクラブも2007年に主軸をインターネットラーニングに移行したのです。

それに伴い口座数も増えて入会金と月額料金を支払えば、家族単位で興味のある講座を受講できるようになりました。英会話などの趣味や実益を備えた物から、資格試験の勉強や対策は大人向けの講座になります。子供向けでは情操教育や授業カリキュラムの復習や予習、また受験対策などが24時間お好きな時間にタイムリーに受講出来るというメリットがあります。フォルスクラブ 2chと調べれば現在ログには会員の率直な意見や評判を見ることが出来るのです。

フォルスクラブ 2chと調べて気になった方もいると思いますが、通信教育のメリットは移動時間がかからないことです。また授業の開始時間や終了時間を気にせずに、自分の都合の良い時に学習出来ることが長所になります。パソコンを使う性質上何度も好きなだけテストを受けられるので、本番の模擬試験には絶好の機会となっているのです。

インターネットラーニングは市場規模を年々増加させてきました。都市部など学校や教育産業が多い所だけではなく、郊外や山間部や離島などでも教育格差がない学習が出来ることが最大のメリットかもしれません。教育に対するチャンスは多い方が良いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です