フォルスクラブの吉田氏は口コミで会員数を増やしました

フォルスクラブ 吉田氏はフォルスクラブの創業者です。
2002年に設立した企業で当初はテキストによる通信教育を展開していました。

フォルスクラブ 吉田氏が地域差による教育格差をなくしてゆきたいと考え、長期的に展開出来るようなシステムを構築しました。それは宣伝費を極力抑えて良質なサービスを、安価で誰でも利用出来るような料金体系にすることです。

フォルスクラブ 吉田氏はまずテキスト作りから始め、学習効果が高い上に受験対策としても大いに有効な一連のテキストやテストを製作しました。これらが功を奏して会員数は右肩上がりに上昇していったのです。既存会員が友人や知人を新たに誘うことにより学習効果を伝えていくことで、口コミにより会員数は増加していきました。

フォルスクラブ 吉田氏はこの安価で誰でも学習出来るという内容と、宣伝費をかけずに運営することで会員数を増やしてゆくという二つの柱をビジネスの主体にしたのです。長い目で見れば安心して信頼してもらえればカリキュラムを廉価に提供しても、企業の利益は薄利でも安定した企業活動が行えると展望を抱いて目標にしました。狙いは的中して口コミで喧伝されてフォルスクラブ 吉田氏は一躍有名になったのです。

しかしまだまだ教育格差を狭めて学習による可能性を広げたいという思いは道半ばでした。距離的な問題が通信教育のテキストの配布と回収というタイムラグを生んでしまうのです。だから今度はリアルタイムで双方向なインターネットを使うラーニングシステムを開発し、実用レベルまでシステムを成熟させたのが2007年になりました。それ以後はインターネットのラーニングシステムを企業の主軸に置き、日々ブラッシュアップすることで学習の効果を高めてゆきます。これは手探りな挑戦でしたがその甲斐もあり、現在は口座数を増やして中学生や高校生向きだけではなく大人が楽しみながら学習出来る講座も展開出来るようになりました。

フォルスクラブ 吉田氏はどんな環境においても学習出来る機会を設けたいと常々考えて行動してきました。企業創立時の通信教育やその後のラーニングシステムの構築は、地域差による学習機会の差を埋めたいと考えた結果一番相応しい方法を逆算して導かれた答えなのです。
インターネットラーニングのメリットはいくつもあります。パソコンがあれば24時間365日の学習が可能なことです。また繰り返しテストを受けられるため本番時にも強くなれます。生徒が一人だけ学習するわけではなく、家族単位で講座を勉強できるだけのコースが設定されています。

テスト対策などは定期的に更新されるためにいつも最新の学習内容を勉強し、実際のテストでも加点出来るようなロジカルな思考法を手に入れられます。また基礎学力を上げて欲しいというフォルスクラブ 吉田氏の考えから、理数系のカリキュラムには特に力を入れて開発が行われています。フォルスクラブ 吉田氏は学習による充実を大切にし、地域の学習格差がなくなるようにこれからも目標にして事業を継続してゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です