フォルスクラブで臨床心理士の勉強がしたい

民間資格の臨床心理士は心の病全般をケアする職業になります。
精神疾患および心身症を治療するもので、うつ病、パニック障害、
薬物依存、高所恐怖症、知能障害、
摂食障害と非常に多岐に渡る心の病をケアします。
その臨床心理士になるための勉強を
フォルスクラブで出来るようになったら嬉しいですよね。

臨床心理士の合格率は60%ほどです。
通信教材のフォルスクラブでも、
必要な知識を十分身に付けられると言えます。
ただし臨床心理士になるには、
指定大学院を終了する必要があります。
医師や弁護士と同じですね。
ちなみに、医師免許を持っていれば心理臨床の経験が2年あれば、
受験出来ます。
そして合格率60%ですが、
これは指定大学院を卒業した方が受験した場合の数値なのです。

条件が非常に厳しいので、
庶民向けのフォルスクラブにはあまり適さないように見えますが、
それは臨床心理士として働く場合です。
そもそもこうした民間資格は「仕事」のために取る人と、
「趣味・実益」として取る人の2パターンがあります。
自分の子供がヒキコモリになったから、
それに関する心理学の勉強をする方は、かなり居ると思いますよ。

特に、認知症は今や国民病とも言えるほど
発症者が増加していますので、
心の病に関するケア方法を身に付けるのは、
ほとんど国民の義務になりつつあると言えます。
資格こそ取らなくても、必要な知識を身に付ける目的で、
庶民向けのフォルスクラブで臨床心理士の勉強をするのは
非常に有用ではないでしょうか。
ちなみに、今のフォルスクラブは相続診断士の勉強が出来ますが、
これは完全に「趣味・実益」です。
と言うか、フォルスクラブで学べる相続診断士で金銭的取引をしたら、
弁護士法に抵触します。
相続診断士は無給で働かないといけないのです。

臨床心理士の給料は高いです。
時給換算で1600円くらいあります。
塾講師の時給が500円なので、かなりお得と言えそうです。
4時間働くだけで、フォルスクラブの月会費が払えますね。
また、臨床心理士は5年おきに更新が必要なので、
恒久的に勉強しないといけません。
フォルスクラブが臨床心理士の勉強に対応させるなら、
資格取得後のコンテンツも用意すべきと言えるかもしれませんね。

フォルスクラブで司書の勉強がしたい

「フォルスクラブで司書の勉強がしたい」を考える前に、そもそもの話。
何故、司書という資格が存在するのでしょうか?
本屋が本を売る場合やフォルスクラブのログイン権を買うには、
特別な資格は不要ですが、図書館で働くには司書の資格が必須です。
しかも、学校図書館の司書、大学図書館の司書、
公共図書館の司書というように、それぞれ分野が分かれています。
筆者は中学校で働いている司書を見かけましたが、
そこまで高度な仕事をしているように見えませんでした。
のほほ~んぽわぽわしていました。
それどころか、12歳の図書委員が普通に働いていましたよ。

実は司書は、影で非常に重要な仕事を行っています。
それは「市民のために必要な本を揃える」ことです。
仮にその周辺に1万人の人間が住んでいたとしたら、
その1万人がどのような知識を欲しているかを調べ、
その知識を与えることが出来る本を
事前に用意しておかないといけないのです。
普段の司書は、のほほ~んぽわぽわしている様に見えますが、
実は裏で高度な情報処理をしていたのです。
ビッグデータからマクロ抽出して、数万数億のパターンを分析して、
必要な本、不必要な本の取捨選択をしているのです。
フォルスクラブのようなネット情報と違って本は物質であり、
かつ図書館が所有できる本には限りがあります。

フォルスクラブと違って収蔵スペース的に限りがありますので、
無秩序に本を集めることは出来ません。
厳密にはフォルスクラブのサーバーにも限りがありますが、
リアルの図書館と違って、簡単に容量拡張が可能です。
限られた予算で、本当に必要な本だけを取り揃える司書は、
統計学および情報収集かつ分析のプロフェッショナルと言えます。
会社で例えるなら、確実に経営陣(役員)でしょう。

司書の給料は極端に安いです。
と言うか、国家資格の中で最も安いのではないでしょうか?
介護福祉士が手取り月14万円でしたら、
司書は月9万円くらいかもしれませんね。
その代わり労働状況はブラックから最も遠く、
のほほ~んぽわぽわしている方でも働けます。
これほど給料が安いのは、
今の人たちが図書館を使わないからだと考えられます。
今やインターネットで何でも調べられる時代なので、
図書館はエアコン代わりとしてしか使わないかもしれません。
絵本を読みたい場合でも、フォルスクラブで楽々代用出来ます。
むしろ、フォルスクラブの絵本は、映像が動きます。
このままでは、数十年後には司書の資格が
無くなってしまうかもしれません。
フォルスクラブのような電子情報を扱うのが主流になったら、
図書館員はどこに行くのでしょうか?

フォルスクラブで気象予報士の勉強がしたい

意外と知られていませんが、
自分の個人ブログで天気予報を公開(転載含む)する場合は、
気象予報士の資格が必須です。
例え、アフィリエイトとかを一切していない趣味としてのブログでも、
気象予報士の資格がないと、
天気予報の情報を流してはいけないのです。

フォルスクラブは全年齢を対象とした総合通信教材です。
1つのコンテンツが全年齢に対応しているのではなく、
フォルスクラブは複数のコンテンツを用意して
あらゆる年齢層が勉強できるようにしている教材です。
そして気象予報士の試験は、受験資格がありません。
実務経験は不要で、年齢制限すらありません。
中学生で気象予報士になった方も居ます。
気象予報士の勉強は、
全年齢対象のフォルスクラブにピッタリと言えます。

ただし気象予報士はそう簡単に取得できる資格ではありません。
合格率は5%以下で、ほとんどの方が落ちています。
また、気象予報士は実技試験があります。
フォルスクラブはその対策も出来るようにならないといけません。
と言っても、そこまで難しいものではありません。
警察官採用試験の実技試験と違って、
腕立て伏せをすることもありません。
天気図を使って、今後の天気を予測するだけです。
どこかの先住民のように「この空気は・・・明日は雨だな」と
予測するものではないのです。
でも、その先住民のスキルは有用なので、
ちょっとフォルスクラブで学びたいかも。

理系の学問において、
気象予報士は過去問が使いにくい分野かもしれません。
それは、10年前と現代では、
気象状況が根本的に異なっているからです。
10年前の平均雨量が1300mlだったとしても、
現在は1500mlにアップしているかもしれませんよ。
それに毎年のように異常気象が発生しており、
最早その異常が常態化して、全く異常扱いになっていません。
完全に常態気象と言えます。
梅雨は毎年来るのと同じ感覚で、
その異常気象を認める必要があると言えます。

それゆえ、気象予報士の勉強は常に最新の教材を使うべきです。
古本屋で安い教材を買うよりも、
常に最新の情報で更新されるフォルスクラブで勉強すべきと言えます。
英語や手話でしたらここ数十年あまり変化していませんので、
フォルスクラブ以外の教材でも十分学びやすいですが、
更新頻度が激しい分野の学問は、
最新の内容で学べるフォルスクラブが最適と
言えるのではないでしょうか。

フォルスクラブで技術士の勉強がしたい

○○士(○○師)という職業、もしくは資格が存在します。
大抵のものは名前さえ聞けば、
何をする仕事なのか一瞬で分かります。
医師、看護師、調理師、教師、講師、
弁護士、会計士、介護福祉士などなど。
そもそも「士」は男性を意味する言葉で、
前者の文字と併せて「○○をする人」という意味になります。
ちなみにフォルスクラブは相続診断士の勉強が出来ます。
フォルスクラブは英語の勉強も可能なので、
通訳案内士も目指せるかもしれませんね。

では、技術士はどうでしょうか?
「技術をする人」もしくは「技術を持つ人」を意味しますが、
具体的に何をする人なのかサッパリ分かりません。
そういう意味では教師も似たようなものですが、
こちらは小学校で教えを乞いましたので、
教師は「勉学を教える人」として認知されている筈です。
しかし、技術はよく分かりません。
もしかして、中学校で履修した「技術」の授業のことなのでしょうか?

調べたところ、どうやら技術士は「理科」に近いことが分かりました。
技術士は、機械部門、船舶・海洋部門、農業部門など、
都合21もの専門分野に分かれています。
そして技術士試験は21の中から1つを選んで受験します。
船を作る専門家になるには、
船舶・海洋部門の技術士免許が必要かもしれませんね。

では、フォルスクラブで技術士の勉強が出来るとしたら、
どのような内容になるでしょうか?
と言うか、21ものコンテンツを用意して、
フォルスクラブは容量がパンクしないのでしょうか?
フォルスクラブのサーバー自体はパンクしませんが、
私たちがインストールするスマホやタブレットは、
容量がリミットオーバーしてしまいそうです。
フォルスクラブの相続診断士アプリの容量が20MBなので、
これに似たような容量を21も入れたら、
スマホはパンクしてしまうでしょう。
それともフォルスクラブは
「1次試験用」と「2次試験用」に分ける感じになるのでしょうか?
技術士の1次試験は21部門全部一緒の内容になりますので、
1つのコンテンツだけで何とかなりそうです。

余談ですが、2次試験を受けるには実務経験が原則7年必要です。
フォルスクラブは気軽に誰でも利用できる総合通信教材ですが、
技術士の資格はかなり人を選ぶ試験と言えるかもしれませんね。

フォルスクラブに会計士資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

どの国家資格にも言えることですが、
「会計士と誤解するような名称を名乗ってはいけない」
と定められています。
つまり「○○会計士」というのを勝手に名乗ってはいけないのです。
となると何故“公認”会計士なのでしょうか?
非公認の会計士は名乗ることすら許されていませんので、
わざわざ“公認”会計士と名付けている意味はありませんよね?
会計士である以上、その全員が国家資格を有する公認なので、
わざわざこの接頭辞を付ける意味がありません。

それはともかく、本題に入りますが、
フォルスクラブで会計士の資格の勉強を学べたら、
どれくらい便利になるでしょうか?
恐らく、会社勤めの方にとっては、かなり便利になると考えられます。
と言うのも、以下の2つのパターンがあるからです。
「公認会計士でないと出来ない仕事(会計監査)」
「誰でもできるが、会計に関する知識は必須(会計・経理業務)」
公認会計士になれば、当然両方できますが、
後者の仕事をやるなら資格は不要でも、
会計士としての知識はある程度必須になるでしょう。

つまり、非公認会計士の方々は後者として働いているのです。
資格未取得でも、フォルスクラブで会計士の知識を身に付ければ、
会社で経理担当の部署に努めることも出来るかもしれませんよ。
10人以下の小さい会社でしたら「君、明日から経理の仕事もやって」
と無茶ぶりされるものですが、
その際もフォルスクラブで会計士の知識を身に付けることが出来れば
安心だと言えます。
(でも、流石のフォルスクラブでも1日で必要な知識を
全部身に付けられませんので、数日前から準備しましょう)

では、フォルスクラブで公認会計士になるための
勉強が出来るとしたら、どのような内容になるでしょうか?
これに関しても今までのブログで言ってきたことと同様に、
参考書と問題集が主体のeラーニングになると考えられます。
むしろこのスタイルがeラーニングの利点と言えます。
フォルスクラブの大学入試対策講座みたいなのを
収録するのも有用ですが、
その前に参考書と問題集で基礎知識を身に付けるのが最も重要です。
ただしひとつ注意点として、フォルスクラブで学べる他の資格と違い、
公認会計士の試験は電卓を使います。

フォルスクラブはパソコンやスマホ、タブレットを使う通信教材なので、
別窓として電卓やエクセルを開くことが可能ですが、
リアルでの試験では普通の電卓(※関数電卓は禁止)を使いますので、
ご注意ください。
でも、12桁表示機能、ルート機能は必須なので、
しっかりと公認会計士の試験に必要な電卓を選ぶようお願いします。

フォルスクラブにアロマテラピー資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

一般人の多くがアロマテラピーと聞いても、
具体的に何をする仕事か当てることが出来ないでしょう。
と言うのも、アロマテラピーの仕事の範囲が広すぎて、
決めきれないのが現状です。
一般的にはマッサージ店(エステ)での
アロマセラピストが連想しやすいですが、
そのほかアロマ商品を販売するお店、
エステに置くアロマ製品を紹介する営業職、
アロマスクールの講師、調香師などなど。
意外とアロマテラピーに関する仕事は多彩です。
「人間は視覚8割、聴覚2割」で外部から情報を収集しますが、
無意識領域に働きかける嗅覚もまた重要なのです。

アロマテラピー系の資格は、
アロマオイルマッサージを行うのに有用ですが、
別にコレを仕事とする必要はありません。
友達にするため、自分にするためにも有用と言えます。
そして、仮にフォルスクラブに
アロマテラピー系の資格を学べるコンテンツを搭載させても、
その多くが「知人のため、自分のため」になると思われます。
中には、自分の子供のために、という方も居そうです。
そういう意味でも、一般家庭向けに提供しているフォルスクラブに
収録する価値は、かなりあると言えます。

アロマテラピーに関する資格の習得は
それほど難しい訳ではありませんが、
通信教育においては、ちょっとやりにくい点があります。
それは実技です。
フォルスクラブの手話講座と違って、
アロマの知識を身に付けるならば、
やはり実際に道具を使いたいところです。
フォルスクラブ以外の一般的な通信講座でも、
道具セットで提供しているものが多いでしょう。
フォルスクラブにアロマテラピー系のコンテンツを搭載させる場合、
そのあたりがネックになるかもしれません。
低コストがフォルスクラブの売りですが、道具を揃えたら、
軽く1万円は超えてしまうかもしれませんよ。
現在の科学力では、
ニオイすら届けるeラーニングは開発されていませんので、
フォルスクラブにアロマテラピー系の
資格対策コンテンツを搭載させるのは、
やはり難しいのかもしれません。
別売りの有料でも良いので、
フォルスクラブは「特訓セット」を販売すべきと言えそうです。

フォルスクラブに管理栄養士資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

管理栄養士は医療系の国家資格で唯一、
守秘義務が定められていません。
とは言っても、「○○君の家ではシチューをご飯に掛ける」
と言ったことは風潮しないでしょう。
守秘義務はありませんが、
個人のプライバシーは守らないといけません。

管理栄養士は国家資格ですが、
これをフォルスクラブで学べたら便利ですよね?
管理栄養士として働くには大学や短大を出て、
実務経験が必須ですが、「知識」だけを得て「主婦」として働くにも、
管理栄養士に関する勉強は有用です。
例えば、フォルスクラブはケアマネージャーの
資格の勉強が出来ますが、介護士の資格を持っている方だけでなく、
介護に興味のある方なら誰でもフォルスクラブで
ケアマネの勉強をしたくなると思いますよ。
管理栄養士を目指さなくても、ご飯を食べる以上は、
管理栄養士を取得するために得る知識はかなり有用と言えるでしょう。

では、フォルスクラブに管理栄養士の資格取得のための
コンテンツを作るとしたら、一体どのようなものになるでしょうか?
システム的にはフォルスクラブのケアマネージャー対策講座と
そう変わらないと言えます。
参考書と問題集があり、それらをコツコツと解くものとなるでしょう。
もしかしたら、単語帳みたいなのもあるかもしれませんね。
フォルスクラブの大学入試対策講座みたいに、
映像授業があると便利ですが、管理栄養士の勉強をするのでしたら、
問題集の方が有用と言えます。
でも、実技的なものも映像で見て学べるようになれば、
かなり便利と言えるでしょう。

一般的な通信講座で管理栄養士の勉強をする場合、
およそ8ヶ月掛かると言われています。
1日何時間勉強するか分かりませんが、フォルスクラブに管理栄養士を
取るためのコンテンツを搭載させる際も、
勉強時間は8ヶ月くらい掛かるかもしれませんね。
そして前回の管理栄養士試験の合格率は54.6%なので、
やや簡単な部類に入る資格かもしれません。
でも、受験生のほぼ全員が2~4年ほど勉強していますので、
フォルスクラブで勉強する際も、
それくらいの期間が必要かもしれませんね。

フォルスクラブに医療事務資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

フォルスクラブは色々資格の勉強が出来ますが、
女性に人気ナンバーワンと呼び声高い資格(仕事)と言えば、
医療事務です。
実際に統計を取った訳ではありませんが、
このお仕事はかなりの人気を誇るでしょう。
人気の理由はいくつかありますが、
「病院なので潰れない(業界全体で仕事が無くならない)」
「清潔なイメージがある」「残業が少ないイメージがある」
「給料が高いイメージがある」「働く時間が少ないイメージがある」
「他の方がみんな取得しているから(バンドワゴン効果)」と
されています。

では、フォルスクラブに医療事務資格取得のための
コンテンツが出来たとしたら、
フォルスクラブにどんな風に収録されるのでしょうか?
まず最初に確認しないといけない点は、
医療事務は大別すると6つに分けられる点です。
要点だけ抜粋しますが、①病院で、②歯医者で、③薬局で、
④介護で、⑤秘書として、⑥データ分析官として、
の6つに分類できます。
それぞれ求められる能力が異なるため、
その医療機関に適した資格があると便利です。
実は、医療事務は国家資格ではありませんので採用の際、
必ずしもその資格は必要ではありません。
一般的な医療事務の資格を持つ新卒よりも、
介護事務で20年事務職として働いていた方のほうが
採用されやすいかもしれません。
ただし民間資格と言えど、その専門の資格がないと、
門前払いされやすいのも事実です。
フォルスクラブに医療事務資格取得のための
コンテンツを搭載させる場合、
どの種類の医療事務を選ぶかが重要になります。

日本で取得可能な医療事務の種類は、
全部で35種類あるとされています。
そしてその需要(採用率)もまちまちで、
最も「あると便利」な資格は
【医科 医療事務管理士(R)技能認定試験】です。
Rのマークがある通り、特許が取得されています。
最も基本となる医療事務の資格であり、
これを取得することでレセプト業務(診療報酬請求事務業務)全般を、
ある程度できることをアピール出来ます。
フォルスクラブに収録するなら、まずはこの資格からだと言えます。

もちろん、【調剤報酬請求事務専門士検定試験】
【診療報酬請求事務能力検定】【医療事務技能審査試験】も
需要の高い資格で、
これらをフォルスクラブで勉強できれば便利と言えるでしょう。
そして、「出産経験があって、子供が自立している」方が
採用されやすい傾向があります。
少なくとも、子供が高校生以上の方が好ましいかもしれません。
医療事務は「働く時間が少ないイメージ」があると言われていますが、
実際はそんなことは全然なく、普通のオフィスでの仕事と同様に、
残業があり、かつ「子供が熱を出したので休ませてください」が
あまり認められていない職場となります。
フォルスクラブは高校生向けに良い教材なので、
子供が高校生になったら、
親御さん自身もフォルスクラブで医療事務の資格を取って、
医療機関で働くのも良いかもしれませんよ。

フォルスクラブに簿記資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

簿記(日商簿記)を通信教育で取得する方は多いでしょう。
と言うのも、簿記を取る方の多くが、
仕事に追われている社会人だと思います。
そして新卒3年以内が多いのではないでしょうか?
その時期はとにかく仕事に追われる日々で、
毎日がヘトヘトになってしまいます。
予備校のようなところに定期的に通って簿記を学ぶ方は、
ほとんど居ないと思います。
居たとしても、暇を持て余している大学生くらいではないでしょうか?

フォルスクラブはあらゆる年齢に有用な通信教材です。
フォルスクラブは大学受験でかなりお世話になると思いますが、
もしも簿記にも対応するようになれば、
大学時でもお世話になれそうです。
しかし出来れば、
忙しい社会人向けに内容を調整してくれるとありがたいと言えます。

具体的には、フォルスクラブは
2種類くらいの簿記講座を用意してくれると嬉しいです。
1年のんびり時間をかけて簿記を学ぶのと、
最短1週間で知識を詰め込む2パターンがあると便利そうです。
と言うのも、仕事で忙しい方は本当に忙しく、
毎日3時間睡眠で1000日間ほどのデスマーチをしています。
家に帰るのも年に3日程度かもしれません。
そうした方がフォルスクラブをするなら、
1日5分しかログインできないかもしれません。
つまり1つ目は、
1日5分の勉強を1年間続けるような教材として欲しいのです。

もちろん、デスマーチしている方ばかりではありません。
それなりに休日が安定している方も居るでしょう。
そうした方向けに集中して勉強できる教材を2つ目として
フォルスクラブが用意してくれれば、
どんな方でも簿記の勉強が出来るというものです。
パソコンはもちろん、フォルスクラブのふぉるスターのように、
単語帳感覚で簿記の練習とか出来ると良いですよね。
ガラケー対応のフォルスクラブの簿記資格取得アプリも
欲しいと言えます。

3級で良いので、フォルスクラブに簿記資格取得のためのコンテンツを
搭載してくれないものでしょうか。

仕事で忙しい方のためのフォルスクラブでの勉強のやり方

社会人の平均残業時間は、月に47時間です。
大体、毎日2時間くらい残業している計算になります。
7時に出社し、9時に会社に着いて仕事を始め、
8時間就労+1時間休憩+2時間残業だと、20時には退社できます。
そして自宅に戻れるのが22時です。
これでは勉強する暇なんて取れません。
しかもコレは平均なので、
繁忙期には月に100~200時間残業している方も居ると思われます。
ちなみに最高記録は月に250時間と言われています。

フォルスクラブは仕事に忙しい人にうってつけの通信教育と言えます。
どんなに仕事で忙しい方でも、ほんの少しの隙間時間がある筈です。
その時間を利用してフォルスクラブで勉強することが出来ます。
具体的には、出社・帰宅している間のバスおよび電車の中。
昼飯休憩の時間や、トイレに逃げ込む時間に
フォルスクラブで勉強することが可能です。

ただし、月に250時間も残業している方は、
そうした隙間時間は本当に皆無になります。
1年間で家に帰れるのは、3時間だけの方も居るそうです。
仕事が忙しい会社だと364連泊することは珍しくなく、
食事やトイレをする暇もないそうです。
むしろ、食事中、トイレ中も仕事します。
イメージとしては24時間マラソンを毎日やる感じです。
そのレベルの忙しさでしたら、
もう仕事中にフォルスクラブをするしかありません。
左脳で業務を遂行し、
右脳でフォルスクラブを学習するといった方法が使えます。
聖徳太子のように10人の言葉を聴き取るのは難しいですが、
2つまででしたら修練次第で同時に別の作業を行えるようになります。
人間の一生は限りがありますので、普通に仕事を行いながら、
フォルスクラブで勉強する技術を身に付けませんか?

訓練次第で、人間は1日3時間睡眠でも生存可能です。
仕事が激務の方は、
そうした効率の良い睡眠の方法を身に付けた方が良いですよ。
そしてフォルスクラブはいつでもどこでも勉強できる教材なので、
やりようによっては夢の中で学習することも可能です。
効率の良い睡眠学習を使って、
フォルスクラブの知識を脳に蓄えましょう。