フォルスクラブで車の運転免許の対策がしたい

車の運転免許の筆記試験は95問中、
1~2問だけかなり理不尽なものが登場します。
「Q. 深夜の運転は特に注意しないといけない」
この解答は「×」です。
解説によると「昼間も特に注意しないといけない」からです。
車に乗る場合、「普通に注意する」時間帯は皆無なのです。
ちなみに、こうした理不尽な問題が出題される理由は、
冷静さを問う意味もあるそうです。
車は凶器なので、こうした理不尽な場面に遭遇しても、
何とか冷静さを保たないといけないのです。

それはさておき、フォルスクラブで車の運転免許の対策が出来ると
便利ですよね。
さすがに実技はフォルスクラブでも無理ですが、
筆記試験くらいでしたらeラーニングであるフォルスクラブでも
十分可能と言えます。
効果測定くらいは、フォルスクラブでやりたいですよね。

ただし、筆者の経験から言わせれば、運転免許の筆記試験対策は
教習所から貰った過去問をやるだけでOKです。
運転免許の筆記試験に落ちる方は、
それをやらない方が大半だと言われています。
むしろやらない人が多いので、
筆記試験の合格率は70~80%程度なのです。
なお、2回目はきちんと普通に勉強しますので、
95%以上の確率でみなさん合格しています。

運転免許の取得ですが、教習所に通う方が大半なので、
フォルスクラブで筆記試験対策をする旨味は無さそうに見えますが、
これが意外とあります。
それは、フォルスクラブがeラーニングだからです。
フォルスクラブでしたら、スマホを使って勉強することが出来るのです。
教習所から配られるのは紙媒体なので、
家に帰って机に向かって勉強しないといけません。
しかし、運転免許の試験に落ちる方は、
そうした勉強を億劫と感じています。
その点、スマホならいつでも気ままに勉強することが可能です。
試験会場に向かう数時間程度の時間を利用して、
フォルスクラブで運転免許の対策を出来れば、
合格率はグッと上がるでしょう。

車の運転免許の筆記試験は、本当に理不尽です。
推理小説で例えるなら、回想を含み1回も登場していない人物が
真犯人なくらいの難解さです。
90点以上で合格なので、そうした理不尽な問題は諦めて、
はじめから98点を目指しましょう。
ちなみに筆者は95点取りました。

「Q. 交差点の前は一時停止禁止エリアです。
その場所に車が停まっています。
車はエンジンを切って、中には誰も居ません。
この場合、追い越してもいいか?」
「A. 駄目です。車の持ち主が帰ってくるまで、
そこで永遠に待ち続けましょう」
これは免許更新での講習ビデオの内容ですが、
車というものは本当に意味不明で理不尽なのです。
こうしたトラブルに遭遇しても冷静に対処できる
強靭な精神力を身に付けてくださいね。

そういえば、筆者はゴールド免許ですが、
取得してから10年は経ちそうです。
正直、筆記試験の内容などほとんど忘れていますので、
道路交通法の復習を兼ねて、
フォルスクラブで筆記試験の勉強が出来ると嬉しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です