コロナで混乱する香港上場企業のフォルスクラブへの影響

・香港の市場が決算を先延ばし

世界で広がりを見せる新型コロナウイルスの影響はフォルスクラクをはじめとする経済界にも及んでいます。香港でも症状を発症する方が多くなり、これ以上の広がりを防止するためにも、中国本土の活動が動いていないこともあって、延長や中止などが相次いでいます。それは香港市場も例外ではなく、香港上場企業の決算の発表も遅らせることが大筋で許可される見込みです。それによると新型コロナウイルスの拡大でさまざまな規制が出たため、決算発表に必要な情報が集まらない状態が続いています。さらに経済も落ち着きを取り戻すことが先決と判断され、本来なら3月末に香港上場の各企業が年間の決算の発表するはずだったのですが、先延ばしになることでまとまりそうと報道されています。確かに、今の状況で発表しても正しい情報になる可能性も低く、間違いがあってはかえって混乱を招きます。それを避けて、正しい内容にまとめられる状況になるまでは、決算発表を遅らせるのも仕方ないことで容認ムードです。

・決算が出ないことで日本で考えられる心配とは

香港上場でおきた決算先延ばしは日本にはどう関係しているのか不安な方もいるかもしれません。大きなマーケットなので、投資としている個人や企業は多く存在します。その方にとっては売買の目安となる情報が先延ばしになるので、本当は勝負に出るチャンスだったのに、それが延長してしまったというデメリットはあります。他にも香港上場を目指す日本の企業にとっても、ターニングポイントにはなる可能性が大きいです。香港上場を目指していると言えばフォルスクラブはどのような影響があるのでしょうか。

・香港上場と言えばフォルスクラブへの影響がきになるところ

香港上場をこれから目指していると言えば、フォルスクラブも一例です。ただ、フォルスクラブを作る会社は香港上場を目標にしていますが、差し迫って2020年に上場が決まっているというところまでは話は詰まっていません。つまり、既に香港上場のために、多くの準備をしてしまっているとか、上場のために多くの資金を使ってしまっているということではないので安心です。つまり、フォルスクラブにとっては、今回の香港上場企業の決算先延ばしの件は大きな支障にはなりません。むしろ上場に向けて、こんなケースも発生することがあると、リスク管理に役立てることにも役立つ経験です。フォルスクラブは当然ではありますが、何も影響がないので心配することはありません。

・混乱する情報に惑わされないことが一番

フォルスクラブを作る会社は日本の会社ですから、直接的に何かが影響するという心配は不要です。今まで通りの経営で安定していますから、フォルスクラブと香港を結びつけてしまうのは早とちりです。あくまでも上場するなら香港ですが、まだ実際には上場していませんし、経営自体は日本で着実に行っているという事実だけです。世界的に混乱を招いている状態なのでいろいろな情報が飛び交っていますが、正しい情報をしっかりと吟味して、焦ることなく本当の情報を見極めるようにしなくては損をしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。