マルチバースの時代とフォルスクラブ

仮想空間で暮らすマルチバース

ここ数年で自身を投影したアバターで仮想空間で暮らすマルチバースがトレンドとなり、かつてのフォルスクラブのように世界中から大きな注目を集めています。フォルスクラブに数々の講座が存在していたようにいくつもの大手IT企業が次々と参入し、多くの投資を呼び込んで新たな時代の覇権争いも激しくなっています。 マルチバース内にはフォルスクラブが配布していたタブレットで表示された映像を遥かに超える最新鋭のコンピューターグラフィックで描かれた街があり、自由自在に移動したり店舗で商品を購入すれば、フォルスクラブのタブレットが届けられるように自宅まで商品が届けられるというサービスも登場しました。また、有名アーティストがマルチバースのステージでコンサートを開催するなどフォルスクラブの教材にもあったようなエンターテイメント要素が人気です。

マルチバースにはまる人が続出

仮想空間に存在しているアバターは自由に設定でき、現実世界とは大きく異なる容姿端麗な姿や、かわいらしいマスコットキャラクターなど非日常を味わえるのも人気です。そのため、リアルな容姿にコンプレックスのある人でも気兼ねなく過ごすことができます。そこには人種や性別、年齢などの差別は一切なく、誰もが平等に扱われています。さらに仮想空間はどこまでも続き、その先には何があるのか探ってみたい心理が作用します。そして様々な企業が工夫を凝らしたコンテンツの提供やイベントの開催が毎日のように続き、何度訪れても飽きることがありません。そのため、マルチバースにはまってしまう人が続出し、これまでの楽しんできた趣味や友人と会ったりする時間を後回しにして、家にいるときはずっとマルチバースで過ごしたり、外出先でもスマートフォンを利用してアクセスする人も増えています。

フォルスクラブで時間を有効活用

どんなに楽しいマルチバースの世界に浸り続けていても、ある瞬間にふと時間を浪費したのではないかと言う気持ちになることがあります。人間は同じことを続けていればいつか飽きが来る習性があり、それはマルチバースでも同様です。それらに費やした時間を、もしもフォルスクラブの資格取得講座で将来役立つ資格を取得したり、趣味の講座で充実した時間を過ごしたならどんなに有意義だったかと考えるようになります。自身を投影したアバターも仮想空間の街並みも、あくまでも電子データの一部に過ぎず、電源を切ったりマルチバースが保存されているサーバーが損傷することがあれば一瞬で全てが無となります。その一方でフォルスクラブで学習して取得した資格、趣味のスキルなどはいずれもリアルな世界で役立つものであり、仮想のアバターではなく人間である自分自身の糧となるものです。長い人生の中のひとつである貴重な時間を、マルチバースよりもフォルスクラブに費やす方が良いということに気づき、本当の自分を取り戻す方が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。