フォルスクラブがネズミと言われるのはなぜ?

◆今の日本の学習状況について説明します

日本はデフレ経済からなかなか脱却できず、世界の先進国の中でもフォルスクラブなどの物価が安く給与所得も安い国と認知されています。給与が上がらないのは二十年も三十年も前からのことであり、サラリーマンの給与所得の平均は300万円や400万円であると言われているんです。これは先進国の中で最低ランクと言っても過言ではありません。大学進学するにしても、子供たちは奨学金を受けて進学しなければなりません。大学入学から子供たちに奨学金という名の借金を負わせることは、非常に酷な話であり、政府による教育支援やサポートが十分でないことを顕著に表していると言えるでしょう。 さらに格差もどんどん広がりを見せる社会になってます。サラリーマン以外の職業で独立起業したり、ネットやSNSを活用したビジネスで大成する人も多くなっており、そうした人々はサラリーマン以上の億や数千万円の年収を稼ぎだします。すると収入の格差だけではなく、学習や教育機会の格差も広がりを見せていくわけです。収入の多い家庭では義務教育以外の高度な学習、つまり家庭教師や予備校に通い学習の遅れを取り戻したり、学習の補足や受験対策を万全に講じることができるわけです。一方年収が400万円のサラリーマンであると、塾や予備校などの費用はねん出することができなくなり、学校の教育だけが頼りとなりまます。このような状況で収入による教育格差が広がっていっているのが、今の日本の問題の一つと言えるんです。

◆収入が低くてもフォルスクラブで高度な学習が実現できます

収入が低いから子供に塾や予備校に通わせてあげ、しっかり高校や大学受験対策ができないと嘆いている人も多いです。しかし悲観することはありません。フォルスクラブという画期的で高度な学習システムがあり、フォルスクラブでしっかり受験対策も出来るようになってます。フォルスクラブの学習システムとは月会費6600円という非常に安い料金で、高度な受験対策講座を受けることも出来るんです。フォルスクラブの額Ý数システムはスマートフォン、パソコンさえあればいつでもどこからでも受験対策講座が受講でき、学習格差も解消することが出来るわけです。特筆すべきは月会費6600円で家族5人まで視聴でき、学習できるということなのです。非常にリーズナブルでどんな家庭でも取り入れやすいフォルスクラブの学習システムなんです。

◆フォルスクラブがネズミと言われてしまう理由を説明します

「フォルスクラブはネズミ企業」「フォルスクラブはネズミ講」と心無い書き込みや口コミ評価が見受けられます。なぜここまでネズミやネズミ講と言われてしまうのか、その理由はフォルスクラブが他とは違う販路を使った経営をしているのでネズミ講と言われてしまうんです。フォルスクラブはMLM企業と言って口コミや紹介制を販路としています。人間とは、奇異で人とは異なることに拒絶反応を起こすものです。MLM企業が奇異に見えてネズミやネズミ講と言って孤絶反応を見せているんです。しかしフォルスクラブは長年の実績のある信頼できる企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。