フォルスクラブをしっかり把握すれば消費者センターは不要

フォルスクラブを使った人の中には消費者センターに相談した経験を持つ人もいるようですが、このフォルスクラブというのは会社の名前などではなく、イーラーニングサービスの名称になるものです。そして、このサービスを提供しているのが株式会社イーラーニング研究所です。社名のことを耳にしたり記事などで目にしたことがある人も多いかと思われますが、イーラーニングは自宅に居ながら色々な学習ができるので往復の移動に要する時間を大幅に削減できるメリットもあります。

一方、消費者センターというのは商品やサービスといった消費生活全般に関する問い合わせを行うときに利用する日本の機関の一つで相談者からの問い合わせに対し専門の相談員が公正な立場で処理を行うなどの特徴を持ちます。イーラーニング研究所が提供するイーラーニングサービスでもあるフォルスクラブに何らかの不満や疑問などがあるとき、このような機関に相談するケースがあるわけですが、その多くは重要な部分を見ないで会員の登録を行ったり良い部分だけを見てしまってデメリットになる部分を見逃してしまう、どちらかというと一方的な考え方で申し出るケースも多いのが事実です。

もちろん、消費者センターに相談する人の中には罠のようなことに引っかかり悩みを抱えた末に相談するケースもあるわけですが、イーラーニング研究所のサービスにおいてはこのようなことはない、これはインターネットの情報サイトなどを見ても分かる部分です。ちなみに、ネットを使うと色々なことを調べることができるわけですが、フォルスクラブと消費者センターの2つのキーワードを使ってネット検索を行うと、評判が悪いことのキーワードはあるけれどもフォルスクラブに対するものではなく、他の分野での批評が多く掲載してあるのが特徴です。そのため、消費者センターに対する評判はフォルスクラブおよびイーラーニング研究所のことではない、このようなことがネット検索により判明するわけです。

なお、消費者センターに相談する人の多くは契約に関することで、契約内容が記載してあることとは違っていた、後から高額な請求を受けるなどのケースが多いようです。これも、冷静になり考えれば分かる部分ではあるけれども、消費者センターに相談する人の多くが目先のことだけを考えてしまい結果的に細かな部分まで目を通さない、その結果被害に遭ったなどの理由で消費者センターに相談する必要性が出て来ます。

フォルスクラブにおいては、イーラーニング研究所が運用している専用のウェブサイト内にフォルスクラブのことが良く分かるコンテンツが用意されているので、これにしっかり目を通してしまえば自分や家族などにマッチするサービスであるのか否かを把握することができますい、マッチしないサービスだと判断できれば契約などをせずに済む、あえてフォルスクラブのことについて消費者センターに相談することもない、このように考えることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。