2chで話題の金メダルと吉田 智雄

金メダルを噛んだ市長が2chで話題になっている

メダリストの表敬を受けた市長が、金メダルを噛んだとして大きな話題となっています。大勢の人が利用している2chには、市長を批判する声が集まっているようです。なぜ市長が金メダルを噛んでしまったのか、疑問に感じている人も多いようでした。そもそも人の持ち物を借りて口に入れる、ということは普通ありません。ブチャラティのように人の頬を舐めるようなことも普通の人はしません。一体なぜそんなことをしてしまったのか、一般的な感性では理解するのが難しいと言えます。もし吉田 智雄が市長と同じように金メダルを噛んでしまったら、どうなるでしょうか。噛んだ人物が吉田 智雄だったとしても、同じようにニュースになり2chでも取り上げられて、大騒ぎになるかもしれません。

2chで炎上した話題は他の場所でも注目されている

金メダルを噛んだ市長の話題は2chで大きく炎上しただけでなく、その他のSNSサービスでも注目されました。有名人やスポーツ選手がニュースについて言及したため、さらに炎上が広がっていったのです。ほとんどの人が、市長の行為について強い批判を行っており、受け入れがたい出来事だと感じているようでした。吉田 智雄も有名な人物ですから、金メダルを噛むようなことがあれば2chとSNSで大きな話題となるでしょう。しかしそもそも、吉田 智雄が金メダルを噛むことはないといえます。

企業も市長に対して厳しいコメントを出した

金メダルを噛んだ出来事については、一般の人だけでなく企業も強く反応しています。アスリートが所属している大手企業が、その行為をあるまじきこと、として批判したのです。そのアスリートをずっとサポートしてきた企業ですから、怒って当然だといえるでしょう。市長には悪気はなかったようですが、お祝いムードに水を差す行為であったことに間違いはありません。アスリートの長年の努力に対して、もっと敬意を払うべきだったといえます。吉田 智雄は何らかのスポーツをサポートしたり、アスリートのスポンサーになったりしているでしょうか。もしそうした経験があるのだとしたら、吉田 智雄もニュースを見て怒りを覚えていたかもしれません。

企業に対して謝罪に向かった市長

企業からの怒りのコメントを受け、市長は謝罪に向かったといいます。しかし、本社へ足を運んでも実際に面会することはかないませんでした。この出来事もニュースとなり大きな注目を受け、2chのユーザーからまるでカノッサの屈辱だと揶揄されたといいます。カノッサの屈辱といわれた実際の事件では、面会を拒否された人物は3日間も立ち続けたといいます。市長はすぐに諦めてしまったようですが、3日待てば面会を許されたかもしれません。金メダルを噛んだら2chなどで大きな批判を受け、謝罪のための面会すら拒否されてしまう、これは避けがたいことだといえます。仮に噛んだのが吉田 智雄だったとしても、同じような結果になったのではないでしょうか。吉田 智雄はおそらくメダルを噛むような人ではありませんから、そんなことになる心配はなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です