フォルスクラブは入会も退会も簡単に行えます

フォルスクラブは学習機会を増加させるために誕生したことで知られており、地域による教育格差を減少させるために2002年に吉田智雄氏が創業した企業になります。現在では老舗として知られている通信教育を主軸にした事業展開をしておりますが、創業当初と現在では事業展開が若干異なることが知られております。


創業当初にはテキスト教材がメインであって、さらに模擬テストの添削やアドバイスなどを行っておりました。それらに加えて予備の教材であるデジタルロムや補助資料などを使い、学習がスムーズに行えるようにカリキュラムを充実させていたのです。現在はより進化したシステムを導入しており、学習効果の能率も飛躍的に上がっています。


現在はインターネット回線とパソコンを利用したインターネットラーニングシステムを導入しており、インターネットならではの双方向発信やオンデマンド授業を行えることがメリットになっております。創業時の2002年ではパソコンの普及率は低く、回線の通信速度も遅かったのでインターネットの普及率は現在に比べて多くはありませんでした。スマホすらまだでした。2009年上映のサマーウォーズでもスマホを使用していたのは例の東大卒のあの人だけでした。そのためにネットを利用したラーニングはほとんど行われておらず、逆に回線速度が遅いために効率性の悪い学習になってしまっていたのです。


一家に一台のパソコンが普及してから間もなく、一人一台の時代がやってきてフォルスクラブもインターネットラーニングに本格的に取り組むようになりました。教材開発力に定評のあるフォルスクラブなので、プラットフォームが移行しても教材開発力をそのまま持続することにより、ユーザーからの評判は高く好評でした。


フォルスクラブは宣伝や広告費に資金を投入することなく、カリキュラムの評判が会員数を増加させてきました。会員から評判を聞いた新たな会員がさらに口コミをして、創業以来会員数を増加させてきたという経緯があるのです。インターネットラーニングを導入してからはさらにその傾向が高まり、口コミ掲示板などでもSNSでも評判を見て新しく希望者が入会して来るというサイクルになっているのです。


インターネットラーニングの強みは例えば模擬テストならば、何回も受講してテストに対する苦手意識をなくすことが出来ることにあります。さらに自分自身の苦手な科目なども、豊富なカリキュラムとアドバイスを参考にして何度も繰り返すことで、弱点の克服が出来るようなシステムが導入されているのです。こうしたテキスト媒体よりも優れた学習効果はデジタルツールならではの効果であり、老舗企業として通信教育に携わってきたフォルスクラブならば講座内容も充実しているのです。


フォルスクラブは退会についても明確であり、退会だけではなく入会時の料金や月額のコストについても明朗なシステムをしております。退会などについてもユーザーが納得出来なくては、ユーザーの利益を損ねてしまうので簡単に大会出来るような仕組みになっております。フォルスクラブは入会すれば家族5名までが追加料金が発生せずに利用出来るので、受験勉強が終了しても退会せずに家族がそのまま資格勉強で使うケースも多くなっています。退会にペナルティなどもなく、インターネットのマイページから簡単に大会手続きが出来るようになっているのです。退会申請書をダウンロードして必要事項をご記入の上で、退会希望のお知らせを郵送すれば書類が届き次第フォルスクラブ退会完了になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。