フォルスクラブで歯科衛生士の勉強がしたい

意識的な社会問題はそう簡単に覆りません。
アイドルの寿命が20代前半であるように、
歯科衛生士として働くには若さが必要です。
それゆえ、毎年7000人近い新卒の歯科衛生士が誕生していますが、
業界全体で見れば歯科衛生士不足となっているのです。

さて、フォルスクラブで歯科衛生士の勉強が出来るとしたら、
どうなるのでしょうか?
そもそもな話、こうした通信教育で歯科衛生士の
勉強をして良いものなのでしょうか?
少なくとも、医師は通信教育でなれる職業ではありません。
日本でしたら、必ず正規の大学医学部を卒業する必要があります。
調べたところ、歯科衛生士は医師と同様に、
認定機関(専門学校や大学など)で必要なだけの
実習を受ける必要があります。
フォルスクラブのような通信教育では
取得することが出来ない資格になります。

では、知識はどうでしょうか?
フォルスクラブでは歯科衛生士試験の受験資格すら得られませんが、
歯科衛生士の知識を身に付けることは、
日常生活においてどれほど有利に働くのでしょうか?
もしも有利に働くのでしたら、
フォルスクラブで歯科衛生士の勉強することは有用となりますよね。
おそらく、かなり役に立つと思われます。
セメント技術は不要ですが、歯ブラシの使い方に関しては、
非常に役に立ちます。
歯ブラシを扱う技術はかなりテクニックが必要で、
虫歯になる方の多くが、正しく歯を磨けていません。
特に、他人(主に自分の子供)の歯を磨くスキルは、
歯科衛生士から教えを請うことが多いでしょう。
フォルスクラブで歯科衛生士の勉強をすれば、
歯医者に行く必要も無くなるかもしれませんよ。

むしろフォルスクラブは、歯科衛生士の勉強をさせる前に、
「歯磨きの仕方」というコンテンツを作るべきかもしれません。
歯磨きのスマホアプリゲームが存在していますので、
フォルスクラブもそういうのを作るべきではないでしょうか。
歯の写真を撮って、フォルスクラブにそのデータを取り込んで、
「この歯でしたら、0.4mmの歯間ブラシがオススメです」と
教えてくれると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です