「香港」カテゴリーアーカイブ

香港にもほしい、フォルスクラブのサービス

フォルスクラブと香港との関係
フォルスクラブは一時期香港で上場するのではないか噂をされたことがあるのを覚えている人は少なくないのではないでしょうか。香港とフォルスクラブとの関係といえば、以前香港に金融関係の事を学ぶためのツアーがフォルスクラブで行われたことがあります。この旅行に参加したことがある人もいる事でしょう。おそらくそのツアーの事で上場するのではないかとうわさが広まるに至ったと考えられます。実際にフォルスクラブは香港で上場されたことはありませんし、現在のところその予定はありませんが、国際的な人材を育成するフォルスクラブですので、今後は期待できるかもしれません。

 

 

フォルスクラブを香港にモテ言ったらどうなるか
フォルスクラブは経済や地域格差のない公平な教育環境を提唱しているサービスですが。教育熱心な保護者の多い経済的に発展している香港にフォルスクラブを持っていったら、忙しい保護者たちから支持されるのではないでしょうか。香港と日本は国の違いはありますが、両方とも経済的にはとても発展していますし、保護者の教育熱心さという面でも共通項があります。フォルスクラブは幼児から大人まで学習することができるコンテンツが盛りだくさんですので、今後香港版が販売されることが期待されます。現在は日本国内向けのコンテンツのみとなっています。

 

 

国際派の人材を育成するフォルスクラブ
幼児教育から大人向けの資格取得、高校生向けの大学受験の学習などフォルスクラブでは豊富なコンテンツが充実していますが、英会話など英語の学習には特に力を注いでいます。これは世界で活躍することができる人材の育成という視点ゆえのシステムでもありますし、受験に必須の科目でもあり世界で活躍するためには学習を続けて志望校に合格するのも一つの方法という事もあります。フォルスクラブは受験に対応したコンテンツが豊富ですし、高校生向けには東大生が開発した内容の学習が出来ますので、塾に通わなくてもリーズナブルに勉強が出来ます。

 

 

格安料金で家族で勉強が出来ます
家族で異なる学習をしたい家庭にも最適なのがフォルスクラブの特徴です。月額料金は6000円で幼児から資格取得まで幅広い分野の学習をネット環境とデバイスさえあればすることが出来るのも魅力です。香港にもっていったとする香港向けのコンテンツであればかなり流行することが予想できます。忙しく毎日を過ごす家族にとって家の中や外出先でネット環境を利用して勉強できるというのは非常に魅力的ですし、料金も安いので家計に負担をかけません。格差の広がる世界でこれだけコストパフォーマンスに優れたサービスを提供しているフォルスクラブを利用できるというのは格差を是正する確実な一歩と言えるでしょう。実際には香港ではサービスが提供されておらず残念ですが、今後の発展には十分な期待をしたいところです。上場についても同じことが言えます。

香港とフォルスクラブのアレコレを紹介

【香港の面積】


香港はとても小さいです。
中国地図を見ると「あれ、意外と大きい」と思う方は
多いかもしれませんが、恐らくそれは海南省です。
海南省なら世界地図でも判別可能な大きさを誇ります。
香港は海南省からかなり東にあり、
その面積は海南省33,210km2に対し、
香港1,104km2しかありません。
30倍差です。
面積で言われてもピンときませんが、
東京都が2,188km2なので、
香港は東京の半分ほどの大きさになります。
もしくは23区(619km2)の倍と言った方が
分かりやすいかもしれません。
自転車があれば、
丸一日掛ければ一周できるほどの広さになります。

 

【香港訛りの広東語】


香港の公用語は広東語と英語です。
フォルスクラブで英語を学べば、
ある程度何とかなることが多いです。
しかし実際にはあまり何ともなりません。
50%の方には通じても、
50%の方には全くコミュニケーションが
取れない可能性があります。
その理由は香港の識字率が100%でないことと
(学校に通っていないので英語を学ぶ機会が無かった)、
中国本土からの出稼ぎが多いからになります。
フォルスクラブで英語を学ぶほか、
広東語も学ばないと香港で買い物すら出来ない恐れがあります。
また、この広東語ですが、香港訛りの広東語となります。
簡単に言えば方言です。
四国地方や九州地方のようなドギツイ訛りを使われます。
北京に住んでいる方は香港で意思疎通が
出来ないかもしれませんよ。
フォルスクラブで香港訛りの広東語を学びたいところですが、
ニッチすぎて難しいでしょう。

 

【香港産のフォルスクラブなら売れる】
どこの国もそうですが、
自国の教育は自国の人間が行うことが多いです。
教科書の編纂も自国で全て賄うことが多いでしょう。
それゆえフォルスクラブを香港に持っていっても、
あまり売れない可能性があります。
フォルスクラブの教材の中身を広東語に対応させても、
国の文化的に流行らない可能性が高いです。
まずはフォルスクラブの制作スタッフが香港に住んで、
香港の文化に溶け込む必要があるでしょう。
もしくはフォルスクラブの制作陣をほぼすべて
現地人で固めるのも良いかもしれません。
香港産のフォルスクラブでしたら
ユニクロやマクドナルドみたいに香港で流行るかもしれません。

 

【香港の湿度・最低気温・台風】


香港の緯度は沖縄より南です。
気候的に熱帯と言えます(正確にはサバナ気候)。
湿度も高く、シーズンによっては湿度100%となります。
除湿機をフル稼働させても湿気で視界を奪われるでしょう。
フォルスクラブはいつでもどこでも出来るのが売りですが、
このシーズンに限っていえば、
屋外でのフォルスクラブは不可能です。
防水性だけでなく、水に濡れても操作できるタブレットや
スマホでないとフォルスクラブをすることが出来ません。
冬は工場地帯から排気ガス、中国本土から砂塵、霧、
モヤが重なり、屋外を歩くのも困難になります。
加えて熱帯地方にも関わらず最低気温は10度を下回ります。
東京都と比較したら大したことありませんが、
現地の人たちにとっては死活問題。
そうした日は公共施設が開放され、
多くの方がそこに避難するそうです。

さらに香港は台風の被害が顕著。
秋にはたくさんの大型台風がやってきます。
台風で電車が止まるのは日常茶飯事。
日本と違って、国レベルの命令で会社への出社が禁止されます。
日本と違って政府はかなり親切に見えますが、
香港の台風は本当にそれだけ危険なのです。
竜巻でもないのに、自動車が吹き飛ぶこともあるとのこと。
もしも香港にフォルスクラブを導入したら、
フォルスクラブのサポートサービスを使って、
破損したガラスを修理する方が大量発生するでしょう。

 

【飲茶しよう】
香港に行ったら飲茶はしたいところ。
ちなみに飲茶は食べ物の名称ではなく、
食べ放題やモーニングなど食べ方の種類になります。
なので「飲茶をする」が正しい動詞なのです。
そして飲茶のルールはいくつかあります。
まずは大前提として営業時間。
香港の飲茶店は午後3時に閉まってしまうことが多いです。
ディナーの飲茶店は皆無と思って差し支えありません。
日本と違って、24時間営業のお店はほとんどありませんよ。

お茶を注文したら、お茶で自分の食器を洗います。
日本だと食器類はすべて洗った状態で提供されますが、
香港の飲茶店は違います。
詳しいやり方は店員さんに訊くか、
相席した隣の方に英語で訊いてみましょう。
そのためにもフォルスクラブで英語を学ぶのは必須です。
ほかにもいくつか作法がありますので、
しっかりと勉強してから香港に行きましょう。
ちなみに花京院がしたトントンは普通に通用しますよので、
是非試してみましょう。