イーラーニング研究所の次の投資先を大胆予想

これまでに様々な事業を手がけてきたイーラーニング研究所であるだけに、次に投資を行うのであればどの国を選ぶのでしょうか。彼らの投資先は次世代のビジネスチャンスを生み出すとまで言われているだけに、次がどこであるのか予想することは私たちにとってもメリットがあるはずです。いろいろな条件を考えながら、考えられる選択肢について検討してみましょう。

人口の多さが魅力的な東南アジアの国々

まず私が、次にイーラーニング研究所が投資を行う可能性が高いだろうと注目しているのが、東南アジアです。この地域の最大の特徴は、人口が多い点にあります。経済は人口が多い国ほど急激に発達します。私たちの国である日本が、人口が減少していることで急速に成長力を失っているのを見れば想像できるのではないでしょうか。東南アジアは若い世代も多く、今後の経済的な発展が大いに期待できる地域です。こうした特徴を考えると、東南アジアの国のいずれかが選ばれる可能性が高いのではないかと考えています。

例として挙げられるのがフィリピンです。ここは国土面積が広い上に人口も多いという、経済の発展に適した条件が揃っている国です。加えて国政の面でも安定しており、国民の意思が一つにまとまることができれば大きな成長を見せることができると考えられます。またタイやマレーシアもイーラーニング研究所の投資先としては魅力的なのではないでしょうか。これらの国々はフィリピンと同様に人口が多いだけでなく、国民が勤勉であるという特徴を備えています。過去の日本がそうであったように、品質の良いサービスや製品を提供する国になるかもしれません。

これからの発展が期待できる南欧

ヨーロッパに関してもイーラーニング研究所は投資を行うのではないでしょうか。現在はどの国も政情的に落ち着いており、これから経済的に発展していくと予想されます。一方で国ごとに独自の経済政策を打ち出しており、これらが近いうちに実を結ぶことも考えられ魅力的です。

具体的な国名としてはスペインやポルトガルなどの南欧の地域が挙げられます。これらの国々はもともと資源の面で豊かな土地を持っていますし、風光明媚な観光地を持つことから世界からも注目されてきました。つまり経済的に発展する土壌を持ちながら、うまく成功につなげることができなかった地域なのです。そのため成長の余地が大きいことから、投資先にする妙味があるとイーラーニング研究所が判断する可能性も高いのではないでしょうか。

充実した教育制度を背景に躍進する北欧

同じヨーロッパでも、フィリピンやノルウェーといった方向にもイーラーニング研究所は投資を行うかもしれません。こちらの国々は教育の分野で著しい成長を見せており、優れた才能がこれから結実すると予想できます。さらに言えば北欧の文化は日本だけでなく世界からも注目されており、今後もそうした動きは一気に加速するかもしれません。

中国を超える地力が期待できる豪州

最後にイーラーニング研究所が投資先に考えていると推測できるのが、オーストラリアです。南半球に位置するこの国は鉱物資源が非常に豊富で、中国からの需要を背景に近年大きく成長してきました。中国の経済成長がストップしたことでオーストラリアも成長が止まるだろうと予想するアナリストもいますが、私はこれまでの経験や実績をもとに独自に繁栄していくのではないかと考えています。安定した成長が期待できる基盤を持っている国なので、イーラーニング研究所がポートフォリオの一部に組み込み可能性は大いにあると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です