フォルスクラブを作る会社が上場をしない理由とは

●上場の基準に達していない

フォルスクラブを作る会社がなぜ上場をしないのかというと、ひとつは上場をする基準に達していないというものが考えられます。
株式市場は望めばどこの会社でも上場をすることができるわけではなく、一定の基準を満たさなければなりません。
基準を満たすというのは簡単なものではなく、フォルスクラブを作っている会社とて容易なものではないのです。
基準を満たすために無駄なリソースを割くよりは、現状のまま運営をしていて自然と基準を満たした時に株式公開をすればいいという考え方がありますから、考えられる一つの理由としては単純に基準に達していないというものがあるでしょう。

●上場をする必要性がない

株式市場に上場をするというのは、それだけ信頼の証となりますから価値のあるものですが、必ずしも上場をしなければいけないということはありません。
資金調達をしやすくなるというメリットはありますが、そもそも資金繰りに困っていなければその必要もありません。
資金調達だけが目的ではありませんが、社会的な信用を得るためだけに株式公開をするというのは、それほどメリットの大きなものではないこともあります。
フォルスクラブを作る会社はそこまでの必要性がないと判断をしているからこそ、株式を非公開のままで運営していると考えることができます。

●フォルスクラブのことを考え上場をしない

上場をすると会社は株主のものという考え方になってしまいます。
これは非公開のままでも同じことではありますが、非公開のままであれば株を保有する人を限定することができますから、自由に経営をしていくことができます。
これが一度株式市場に公開をされて、誰でも自由に株を売買することができるようになったときには、不特定多数の株主が生まれることになり、それらの人物の意向に沿わなければならなくなってしまうことがあります。
株主が現在のフォルスクラブの状況に関して納得していれば良いのですが、不満を抱いていて方針を転換するように迫ってくれば、その意に従わなければなりませんから、フォルスクラブのあり方も変わってきてしまいます。
フォルスクラブを次世代の教育システムと考えると、これは好ましいものではないので上場をしないという選択肢も生まれてくるのです。

●上場に向けて準備をしている段階

今現在フォルスクラブは株式市場に上場をしていませんが、もしかするとその準備をしている段階であるかも知れません。
上場をするには一歩ずつ階段を上るように段階を踏んでいかなければなりませんから、今日明日に株式を公開するということはできません。
表面上は上場に対する意欲が見受けられないとしても、水面下ではそのような活動をしていないとは言い切れないのです。
利用をする側としては株式市場で取引できるようになって損はありませんが、期待をさせすぎて駄目でも困りますから、準備はしているもののそれを表に出していないということもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です