フォルスクラブが香港上場するとしたらどういったプロセスで進むか

【はじめに】
香港証券取引所に上場(以下、香港上場と略)するには
どういったプロセスを経れば良いでしょうか。
今回はフォルスクラブを例に取って
香港上場のための道筋を紹介致します。

 

【実はフォルスクラブは香港に出店する必要はない】

意外と勘違いしやすいこととして、
実は香港上場の条件に「香港に本社を置く」はありません。
日本だけに会社を構えてもフォルスクラブは
香港上場が可能なのです。
実際、中国本土だけに会社を構えて
香港上場を果たしている企業は多いです。
それが可能な理由は、
証券取引所が無形物質を扱う市場だからと言えます。
これがマグロやカニなどの有形物質でしたら
輸送手段を用意しないといけません。
その市場付近に支店を置く必要はありませんが、
運び手を用意するなら支店は置いた方が良いでしょう。
しかし株券はフォルスクラブと同様に無形物質。
買う方も売る方も香港に居る必要はないのです。
香港証券取引所の株を買うには香港の銀行口座が必要で、
その口座開設は香港の現地に直接行かないといけませんが、
一度作れば後は日本に居ながら全ての売買が可能。
香港上場の申請も直接現地に飛ぶ必要はありますが、
その際はしばらくホテル暮らしをすれば事足ります。
香港の地価は東京以上に高く、
気軽にフォルスクラブ香港支店を出すことは出来ません。
しかしそうした支店進出をしなくても、
フォルスクラブは香港上場が可能なのです。

 

【まずはフォルスクラブの実績作りに十数年掛ける】

香港上場を考えるなら、まずはその準備にフォルスクラブは
99%を費やすと思った方が良いでしょう。
一言でいえば実績作り。
このあたりは新卒就活に似ているかもしれませんね。
「私は学生時代に起業して年間で10億円の利益を出しました」
「私はオリンピックで金メダルを取りました」
「私はノーベル物理学賞を取りました」
といった誰にでも分かる成果を
フォルスクラブが用意する必要があります。
流石に新卒就活の際にそこまでの成果は不要ですが、
香港上場ならそれぐらいの偉業はちょっと欲しいところです。
日本企業の香港上場率はかなり低く、
1年間で1件あるか無いかといった感じ。
確実さを考えるならば、
オリンピックの金メダルやノーベル賞は欲しいところと言えます。
フォルスクラブで例えるなら、
「フォルスクラブの新規契約数が年間100万人」とか、
そんな感じの実績があると香港上場の審査は通りやすいでしょう。
具体的にどこまでの実績があれば香港上場が可能か分かりませんが、
こうした実績はあるに越したことはありません。
十数年という膨大な時間を掛けて、
フォルスクラブはこの実績作りの準備を進めることになります。

 

【香港上場に必要な書類を用意】

実績が整って香港上場の勝率が高まったら、
いよいよ本格的な準備に取り掛かります。
まずは香港の税理士に相談して、
必要な書類を用意ことから始めます。
また必要に応じて社内規則(会社法)も改修した方が
良いかもしれません。
もちろん社内規則を変えた直後に
香港上場をしても跳ね除けられますので、
申請する数年前から検討しておく必要があると言えます。
実際、香港の税理士に相談してから香港上場の申請書を
出すまでに数年単位の時間を掛けることは珍しくないでしょう。
上場はそれだけスゴイことなので、
香港上場しようと思っても直ぐに実行することは出来ないのです。
フォルスクラブに限らずどこの企業も最低3年は掛けると思いますよ。
また、香港上場するには申請金が必要です。
税理士に相談するのも有料なので、
お金はある程度用意しておいた方が良いでしょう。
ただし、会社が傾くほど法外な値段は要求されません。
また、香港証券取引所の上場申請費は世界基準で
最も低いとも言われています。
そうした理由で香港上場を考えている企業もあるほどです。

 

【ハイレベルなビジネス英語をフォルスクラブ社員は身に付ける必要がある】
会社が行う準備のほか、社員が行う準備もあります。
それは英語です。
当然ですが、香港証券取引所との交渉はすべて英語で行われます。
なお、広東語や中国語(北京語)は不要です。
ハイレベルな英語の読み書きが出来ればOKですが、
そのハイレベルな英語を身に付けるのが大変なのです。
フォルスクラブは英語教育に特化した通信教材ですが、
習得できるのは国立の大学受験程度。
超一流のビジネスの現場で活躍する英語力を身に付けるには、
実際に海外に飛んで実地で学ぶしかないかもしれません。
そういった意味だと、フォルスクラブは香港支店を作って
英語に慣れておく必要があるかも。

フォルスクラブが2チャンでどう書かれているか

【2チャンでどういう風に書かれている?】
フォルスクラブは2チャンでどういう風に書かれているのでしょうか?
「美味しいのか」「不味いのか」「痩せられたのか」
「発毛できたのか」気になりませんか?
今回はフォルスクラブが2チャンで
どんな風に言われているのかを紹介したいと思います。

 

【2チャンで人気のフォルスクラブはeラーニング】

最初にフォルスクラブがどういったものか紹介します。
フォルスクラブを一言で説明するなら通信教材です。
学校の基本5教科の勉強および英語に特化した
eラーニングになります。
もしも2チャンで「フォルスクラブでダイエット出来た」や
「フォルスクラブのおかげで毛が生えた」とあったら嘘・・・・・
とは一概には言えません。
フォルスクラブは基本的に勉強のためのツールですが、
実はライフサポートとしてそういった相談を
フォルスクラブにすることが可能なのです。
フォルスクラブのアドバイスに従えば、目標体重に達したり、
頭がフサフサになるかもしれませんよ。
万能とまでは言いませんが、
フォルスクラブは意外と多彩に活躍できるのです。
フォルスクラブが2チャンで人気なのも納得と言えます。

 

【学年を超えた強化が可能】
2チャンに投稿されているフォルスクラブの内容を見てみましょう。
残念ながらダイエットや発毛に関する話題は皆無ですが、
勉強に関する様々なものが2チャンで挙がっています。
特に注目したいのは「学年を超えた強化が可能」といった
2チャンの口コミでしょう。
一般的な通信教材はその学年のみを対象にしていますが、
フォルスクラブは驚くべきことに全学年に対応しています。
高校3年生で躓いても高2や高1まで遡って復習することが可能。
こういった芸当は紙媒体の教科書・参考書ではまず不可能です。
2チャンでも良く言われていますが、
フォルスクラブのようなeラーニングが
今後の勉強のスタンダードになるかもしれませんよ。
2014年のニュース記事にて「都内の小中学校にタブレットを導入」
2016年のニュース記事にて「3月時点で25万3514台導入」。
今や小中学生はeラーニングで勉強するのが
当たり前な時代と言えそうです。

 

【自ら勉強するようになった】

また、「うちの子供が自ら勉強するようになった」という
2チャンの口コミもありました。
フォルスクラブはゲーム性が強いコンテンツが揃っているので、
ゲーム感覚でログインする子供たちは少なくないかもしれませんね。
イグモンは小学生向けのコンテンツですが、
もちろん中学生がプレイしても勉強になります。
イグモンには全部で1000個の英単語が登場し、
それを全て覚えれば、中1から中2の中頃までは
英語のテストで満点を取れるかもしれませんよ。
高校受験に必要なのは2000くらいなので
イグモンだけでは足りませんので、
恋の英会話やふぉるスターなどで補完すれば、
英語で得意分野になるかも。
英語が苦手になりやすい子は語彙力不足が原因と言われています。
その語彙力を増やすことが出来れば、
英語の勉強で困ることは無くなると思います。
2チャンの口コミのように子供を英語好きにさせるなら、
フォルスクラブをやらせるのがベストかもしれませんね。

 

【恋の英会話どこまで進めた?】
親子で共通の話題に作りにもフォルスクラブは有用です。
その2チャンの口コミだけでは
どのコンテンツを使っていたかまでは分かりませんでしたが、
フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは
親子のコミュニケーションにとても便利。
子供に絵本を読み聞かせる感覚で
一緒にフォルスクラブをプレイするのはいかがでしょうか。
もちろん、小中学生くらいの子供にフォルスクラブをさせて、
親御さん自身も同じコンテンツをプレイすることで、
共通の話題を振ることが可能です。
でも「恋の英会話どこまで進めた?」
と聞くのはちょっと恥ずかしいかも。
親子との話題作りなら2チャンでネタ集めした方が
良いかもしれませんね。

 

【学習の合間に手軽に勉強できる】

フォルスクラブの2チャンのコメントで一番多いのは
「場所を問わずに勉強できる」でしょうか。
ニュアンスは各々異なりますが、
フォルスクラブは学校でもバスの中でもトイレの中でも勉強可能。
インターネットさえ繋がっていれば、
スマホやタブレットを使って勉強することが出来るのです。
学習の合間に手軽に勉強できると2チャンで評判のようです。
暗記に役立つという声も多いですよ。
繰り返し学習に有用なフォルスクラブを試してみませんか?

マルチ商法とフォルスクラブとでは根本的にどういったところが違うのか

【意外と勘違いされているマルチ商法】

マルチ商法とフォルスクラブの販売方法の違いを
説明するのは難しいです。
フォルスクラブの販売方法はマルチ商法の一種ですが、
世間が思っているマルチ商法でフォルスクラブは売っていません。
この違いを説明するにはまず、
マルチ方法が何なのかを理解する必要があると言えます。
その前にたとえ話をします。
「たかし君は100円玉を3つ握りしめて
八百屋で50円のリンゴを3個買いました。これは犯罪でしょうか?」
答えはNoとなります。
八百屋でリンゴを買うのも売るのも法律上許可されているからです。
しかし「無資格者から医薬品を購入する」や
「ワシントン条約に抵触する動物を輸入する」は
明確に法律違反でしょう。
このように商売の種類によってはNGになってしまうのです。
マルチ商法もそんな感じです。
違法となるマルチ商法と、合法のマルチ商法があります。
何故か違法なマルチ商法だけが広まってしまい、
マルチ商法全部がアウトと思われているのが現状です。
ちなみに嵐のチケットの転売もマルチ商法の一種です。

 

 

【一般の方を販売員にします】

フォルスクラブは合法のマルチ商法にて販売していました。
今はもうやっていないので過去形にて記載します。
その方法とは一般の方を販売員にするというものです。
一般の方をフォルスクラブの準社員にするようなものに近いでしょう。
フォルスクラブを売れば売るほどその販売員はギャラをもらえます。
要は歩合制です。
それだけでしたらここまで「フォルスクラブはマルチだ」と
騒がれませんでしたが、
問題はこの販売員になるのが有料な点になります。
最初にフォルスクラブにお金を払うところが問題視されていたのです。
優秀な販売員でしたら普通に最初に支払った分を取り戻せますが、
営業力が低いといつまで経っても損を取り戻せません。
「フォルスクラブはマルチだ」と騒いでいる方は、
そういった方がほとんどとなります。
もしもフォルスクラブに問題があるとしたら、
その販売員を吟味・審査しなかった点かもしれませんね。
最初に営業力をテストして、優秀な方のみに販売をさせていれば、
ここまで大きな問題にはならなかったと思われます。

 

 

【儲かる方がいれば損をする方もいる】

要はマルチ商法が悪ではなく、その営業方法が問題だったのです。
営業のイロハも知らない方が営業をしたら様々な
問題を引き起こすのは自明の理。
時には犯罪スレスレでグレーな営業をしていた方も
居るかもしれません。
そして商売というのは非常に難しいものです。
飲食店の場合、起業して3年以内に7割は閉店します。
フォルスクラブの営業もそんな感じで、7割方失敗したかもしれません。
トータルで収益を見ればプラスですが、
フォルスクラブの販売方法は個々人が独立しています。
皆で仲良く損と利益を還元することをしません。
儲かる方がいれば損をする方もいるのです。
このように、損する人と得する人が明確に分かれている点が、
違法なマルチ商法に近いと言えるかもしれませんね。
もっとも商売である以上、損をするリスクはどこにでもあります。
こうしたリスクを全て違法なマルチ商法と一瞥したら、
この世から資本主義は根絶されてしまうでしょう。

 

 

【誤解によって広まってしまった】

違法なマルチ商法とフォルスクラブの販売方法は違います。
違法なマルチ商法はネズミ講や無限連鎖講とも呼ばれており、
無限にお客を増やすというものです。
しかし人間の数は有限です。
いつかどこかで突き当たります。
違法なマルチ商法というのは、
不幸な方を増やすことが前提の商売なのです。
それゆえ国は明確に法律違反として規制するようにしました。
当然、フォルスクラブはこの方式で会員数を増やしていません。
しかしフォルスクラブの会員の増やし方は
マルチ商法に似ていると話題になり、
多くの方が忌避するようになりました。
例えば部活の先輩から「白くて良い粉があるよ」と勧められたら、
みんな本心では断りたいと思うでしょう。
部活は上下関係が非常に厳しいので
気軽にノーを言うことが出来ないのです。
ちなみにプロテインです。
しかし現物を見ただけで麻薬とプロテインを識別できる方は居ません。
フォルスクラブの販売方法が違法なマルチに似ているのは
「友人から勧誘された」ただ一点。
本当にそれだけなのです。
このように「フォルスクラブは違法なマルチ」というのは
誤解によって広まってしまったものと言えなくもないでしょう。