「詐欺」タグアーカイブ

詐欺を許さないeラーニング研究所

◆eラーニング研究所は詐欺を許さない
eラーニング研究所は新時代の学習の仕組みを研究しているだけに、無知につけ込んで人を騙して金品や物を奪い取ろうとする詐欺を決して許すことはありません。
いつの時代も詐欺に合うのは弱者であり、社会的に弱い立場の人間が悪意を持った人間に騙されて更に苦しい状況に遭い散ってしまいます。
eラーニング研究所はそのような弱者を更にいたぶるような存在を決して許すことはなく、どうすれば詐欺を撲滅することができるのか、騙されてしまう人がいなくなるかを日夜考えています。
そして、詐欺を撲滅するために弱者を救済するためにできることがあれば、協力を惜しまないのがeラーニング研究所です。

 

◆知識をつけさせ詐欺被害に遭うのを防ぐ
詐欺を完全に撲滅するというのは簡単なものではなく、悪意を持って騙そうとする人にそれをやめさせるのは非常に困難なものです。
相手にやめさせることができないのであれば、方法として騙されてしまう人を減らすのが現実的な解決法として効果的です。
強盗と違って力によって奪われるわけではありませんから、一人一人が正しい知識を持って対策をしっかりしておけば被害に遭う人はいなくなり、騙される人がいなくなれば騙す人間もいなくなりますから、ある意味このようなやり方は最も効果的な詐欺対策だと言えるでしょう。
eラーニング研究所はそのための対策に尽力しているのです。

 

◆学力をつけることで被害者を減らす
詐欺にあってしまう人というのは、十分な教育を受けることができなかった人に多く、社会的弱者であることが少なくありません。
十分な教育を受けることができなかった人は決して本人が悪いわけではなく、不運にも周りの環境が学習をするのに適していなかったから、そうなってしまったという人が大半です。
eラーニング研究所では、教育格差によって今まで十分な教育を受けてこなかった人に対して、効果的な学習法を提供して学力を向上させ詐欺の被害に遭う人を減らそうと試みています。
どれだけ詐欺の対策を知っていても、基礎的な学力がなければ騙されやすくなってしまいます。
そのため、eラーニング研究所では基礎的な学力を向上させることを重視して、多くの人に教育の機会を提供しようと奮闘しているのです。

 

◆教育水準が上がれば詐欺は減る
教育の水準が上がり、誰もが高い学力を持つと詐欺に遭う人が減ることと、人を騙してお金を儲けるのは結果的に損だと理解する人が増えることによって、詐欺は大幅に減ることになります。
eラーニング研究所は犯罪被害者を減らすためだけにeラーニングの研究をしているわけではありませんが、教育の水準が上がることが平和な世界を築くための一歩だと理解しているため、できるだけ多くの人に高水準な教育を受けて欲しいと願い、そのための環境を提供しようとしています。
eラーニング研究所は常に世の中を考えているからこそ、詐欺を許すことはないのです。

イーラーニング研究所はサービスを提供していて詐欺でない

■イーラーニング研究所に悪い印象を持っている人もいるが
イーラーニング研究所のことをよく知らない人は、詐欺でお金を稼ぐ企業だと思っている人も多いのは事実であります。
全くの誤解であり詐欺とは無縁の企業ではあるのですが、実態をよく知らない人からすればイーラーニング研究所というよくわからない企業名から詐欺と勘違いしてしまうのは仕方のない部分もあると言えるでしょう。
しかし、本当に詐欺を行っていたとしたらサイトを持つことも企業として存続をすることもできませんから、企業として存続をしている時点で詐欺と無関係であるということがわかります。
イーラーニング研究所は文字通り、イーラーニングに関するサービスを提供している企業なのです。

 

■詐欺まがいの権利収入や不労所得を得ているわけではない
イーラーニング研究所は詐欺ではなくても、それに近いことをしていると考えるかも知れませんが、これもまた間違いです。
権利収入を徴収したり不労所得で儲けるというビジネススタイルではなく、確かなサービスを提供しているため、あくまでもサービスの対価として利益を得ているまっとうな企業です。
イーラーニングというのは、まだまだ登場してから新しい概念であり、知らない人からすれば楽に金儲けをする手段だと映ってしまうこともあるだけに、誤解をされがちな部分もありますが、イーラーニング研究所は真摯に教育のことを考えていて優良な学習法を提供してくれる存在なのです。

 

■イーラーニング研究所はあらゆる場面で活躍している
詐欺だと思われがちなイーラーニング研究所ですが、実際には様々な場所で活躍をしていて社会に貢献をしている企業です。
取り扱っているサービスが学習に関するものであるということから、国民の学力を高めるのに貢献をしているということになりますし、またこれからの時代により重要性を増すイーラーニングを研究しているのは、それだけで企業として大きな価値があると言えるでしょう。
社会貢献活動も行っていて、私腹を肥やす詐欺とは逆に利益の中から更に自社の教育システムを通じて社会に還元していく姿勢は、並の企業ではできるものではありません。

 

■イーラーニング研究所を正しく知れば詐欺でないことがわかる
様々な学習法を提唱してそれをリーズナブルな料金で提供をしているイーラーニング研究所のことを正しく知れば、詐欺ではないということがすぐに分かります。
どのコンテンツも手頃な金額から利用をすることができますから、一度試してみれば料金がリーズナブルにもかかわらず効果のある学習ができることを知ることができるでしょう。
学習をするのに役立つシステムを利用するのにお金を払うのは当たり前のことであり、払うだけの価値があるということが分かれば、詐欺と無縁だということがはっきりわかります。
実際に利用をしなくてもイーラーニング研究所のサービスを良く知れば、詐欺とは無縁の存在であることは明白となります。

フォルスクラブが詐欺ではない理由

フォルスクラブはサービスを提供している
フォルスクラブはインターネットを利用して資格を取得するための教材などを提供するというサービスを提供しているので、まずここで詐欺に当たるという事はありません。ネズミ講のようにビジネスの実態のない詐欺がありますが、そのようなものとはフォルスクラブは全く違うということが、このことから分かるでしょう。教材を提供する対価として料金をもらうという至極当然のサービスシステムですから、これは全く詐欺にはあたりません。

 

フォルスクラブは会員制にしている事はどうか?
フォルスクラブは会員制というものを採用していて、会員にならなければフォルスクラブが提供するサービスを利用することが出来ないということになっています。ですから、フォルスクラブのサービスを利用するのであれば、当然会員にならなければならないという事になりますが、これはインターネットを利用してサービスを提供するという所であれば、当然採用するシステムで、会員でない人が自由にフォルスクラブのサービスを利用できるという事になれば、その事の方が大きな問題という事になるでしょう。ですから、会員制だから詐欺になるというような事はありません。

 

プレミアムメンバー会員制度は詐欺にはならないのか?
プレミアムメンバー会員になると一般の会員を入会斡旋することが出来るようになりますが、独立した個人事業主という事でこの事業をするという事になるので、別にこの事で詐欺になる事はありません。しかも勧誘されて入会した会員はスタンダード会員で一般的な会員であって、プレミアムメンバー会員となるわけではありませんから、これによって詐欺などの行為が出来ることにはなりません。詐欺というのは騙して商品を買わしたり、入会させたりということですから、このような事をしなければ当然詐欺にはならないという事です。

 

フォルスクラブが詐欺と間違われることがある理由?
フォルスクラブが詐欺と間違われることがあるのは、このようなシステムに日本人が慣れていないということがあるからだと言えるでしょう。知らないビジネススタイルになっているというだけで、怪しいという事になるというだけの事です。知らない事と怪しいという事とはイコールではありせんから、調べればその違いというものが分かるのですが、人はこの調べるという事をほとんどしませんから、どうも怪しいものが来たという事で、それを詐欺というように言う人が出てくるという事でしょう。詐欺とフォルスクラブとは関係が無いのですが、知らないビジネスモデルを持っているというだけで、怪しいと感じてそれをそのまま口コミなどで投稿してしまうので、こうした事を言われることが起きてしまうという事です。インターネットを利用してしているビジネスですから、このような口コミ投稿もされやすいという事もあって、すぐにこのような情報が拡散するので、こうした間違いも起きやすいという事が考えられます。

eラーニング研究所の事業が詐欺ではない理由とは?

【eラーニング研究所は教育システム開発を行う会社です】
eラーニング研究所は詐欺を働く事業者なのか、などの話題で盛り上がっていますが、eラーニング研究所は教育システム開発を行う事業者で、詐欺を行っていることはないわけです。但し、システムを販売する中で人それぞれ捉え方が異なるため、詐欺のように感じてしまうケースもゼロではありません。ちなみに、eラーニング研究所が行ったアンケート調査結果が新聞に掲載が行われていたことがあります。児童や生徒のスマートフォンの所有状況を保護者に尋ねたアンケートを実施、その結果が新聞に掲載されていたわけです。調査結果の中では、スマートフォンやタブレット端末を利用して勉強している児童や生徒は61%、家庭にもデジタル学習が浸透していることが明確になったのです。

 

【eラーニング研究所はデジタル学習に最適な教材を提案】
eラーニング研究所が行ったアンケート調査の中では、スマートフォンやタブレットを持つ児童や生徒は全体の約8割、持ち始めた時期は約4割が小学生以下、中学生では約3割、高校入学後は約3割などの結果が出ています。学校教育の中でもパソコンを使った授業が本格的にスタートしようとしている現代において、デジタル学習は今後も加速的に行われて行くことになります。これに伴い、デジタル学習に必要な教材が続々と登場することになるわけです。eラーニング研究所では児童の教育格差を是正する目的で、2008年度より全国の児童施設に対し、学習システムやパソコン・タブレット端末などの寄贈活動を行っており、学びたいと願う児童のニーズに応える、教材を提供しています。これはeラーニング研究所の社会貢献活の一つではありますが、今後も教育課題解決のための社会貢献活動を続ける姿勢を持っているのです。

 

【eラーニング研究所の家庭向けサービスは詐欺?】
詐欺はお金を騙し取ること、巧みな話術で相手を騙すなど、大半の人はその話には嘘があると感じ、騙されることはわけですが、困ったことが起きている時などは、簡単に詐欺に遭ってしまうとも言います。子供が勉強しないので困る、何とかしなければならない時など、訪問セールスが訪れ、勉強が楽しくなる教材があると言われれば、その教材を購入してしまう可能性もあります。eラーニング研究所の場合は訪問セールスなどを行うのではなく、公式サイトを通じて正規会員になり教材を購入するなどの流れで行われるなど、ビジネススタイルが根本的に異なります。尚、家庭向けサービスは公式サイトの中で評判なども掲載してあるので、利用するか否かは評判をチェックし、納得した上で行えば良いのです。

 

【詐欺ではないもののクーリングオフが出来ない】
eラーニング研究所のビジネスは詐欺ではないのですが、詐欺と間違われる理由の中にはクーリングオフが出来ない点が挙げられます。申し込みの撤回もしくは契約の解除でもあるクーリングオフは認められないことになっているので、これを見た人が詐欺かもしれないなどの不信感を抱く要因になっているのではないでしょうか。

詐欺とは大違いのeラーニング研究所で今後も期待されるサービスとは

【取り巻く環境】

私たちを取り巻く環境は日々進化しています。
インターネットは身近な存在となり、
仕事や趣味、学習においても利用されています。
現代において不可欠な存在です。
また、パソコンや携帯電話をはじめとした
携帯端末の普及も著しいです。
そんな中、詐欺とは大違いのeラーニング研究所は
eラーニングを活用し、
質の高い教育を安価に提供することを目指して
フォルスクラブを誕生させました。
フォルスクラブは様々なサービスや
コンテンツが充実しています。
そのため、詐欺とは大違いの
eラーニング研究所のフォルスクラブは
今後も期待されるサービスがあります。

 

【eラーニング研究所のメインサービス】
例えば、一番のメインの教育サービスです。
詐欺とは大違いのeラーニング研究所には
実に様々な教育サービスがあります。
幼児向けのはじまり小学生向けの英語アプリ、
小・中学生向けeラーニング、
高校生向けeラーニングや大学入試対策講座、
資格対策講座などがあります。
子供から大人まで幅広くカバーしており、
どんな年代の学習でも応援しています。
これらのあるフォルスクラブは
今後も更なる発展を期待されています。

 

【eラーニング研究所のサポートサービス】

詐欺とは大違いのeラーニング研究所には
教育以外にもサポートサービスがあります。
日々の暮らしの中での困りごとを解決するサービスです。
日常生活にトラブルはつきものです。
鍵をなくしてしまった、
トイレや蛇口などの水回りのトラブルで困っている、
電気やガスレンジといった問題や不審者の撃退、
違法駐車への悩みなどのトラブルに応対してくれます。

 

【eラーニング研究所のホットライン】
さらに個人の悩みに専門家がアドバイスを行う
お悩みホットラインもあります。
家庭問題や金銭トラブル、人間関係などについて
弁護士・税理士をはじめとした専門家が
的確にアドバイスをくれます。
これはフォルスクラブの今後も
期待が高まっているサービスなのです。
様々なサービスがある詐欺とは大違いの
eラーニング研究所は今後も、
そのサービスを発展・充実させることでしょう。