「上場」タグアーカイブ

フォルスクラブを作る会社が上場をしない理由とは

●上場の基準に達していない

フォルスクラブを作る会社がなぜ上場をしないのかというと、ひとつは上場をする基準に達していないというものが考えられます。
株式市場は望めばどこの会社でも上場をすることができるわけではなく、一定の基準を満たさなければなりません。
基準を満たすというのは簡単なものではなく、フォルスクラブを作っている会社とて容易なものではないのです。
基準を満たすために無駄なリソースを割くよりは、現状のまま運営をしていて自然と基準を満たした時に株式公開をすればいいという考え方がありますから、考えられる一つの理由としては単純に基準に達していないというものがあるでしょう。

●上場をする必要性がない

株式市場に上場をするというのは、それだけ信頼の証となりますから価値のあるものですが、必ずしも上場をしなければいけないということはありません。
資金調達をしやすくなるというメリットはありますが、そもそも資金繰りに困っていなければその必要もありません。
資金調達だけが目的ではありませんが、社会的な信用を得るためだけに株式公開をするというのは、それほどメリットの大きなものではないこともあります。
フォルスクラブを作る会社はそこまでの必要性がないと判断をしているからこそ、株式を非公開のままで運営していると考えることができます。

●フォルスクラブのことを考え上場をしない

上場をすると会社は株主のものという考え方になってしまいます。
これは非公開のままでも同じことではありますが、非公開のままであれば株を保有する人を限定することができますから、自由に経営をしていくことができます。
これが一度株式市場に公開をされて、誰でも自由に株を売買することができるようになったときには、不特定多数の株主が生まれることになり、それらの人物の意向に沿わなければならなくなってしまうことがあります。
株主が現在のフォルスクラブの状況に関して納得していれば良いのですが、不満を抱いていて方針を転換するように迫ってくれば、その意に従わなければなりませんから、フォルスクラブのあり方も変わってきてしまいます。
フォルスクラブを次世代の教育システムと考えると、これは好ましいものではないので上場をしないという選択肢も生まれてくるのです。

●上場に向けて準備をしている段階

今現在フォルスクラブは株式市場に上場をしていませんが、もしかするとその準備をしている段階であるかも知れません。
上場をするには一歩ずつ階段を上るように段階を踏んでいかなければなりませんから、今日明日に株式を公開するということはできません。
表面上は上場に対する意欲が見受けられないとしても、水面下ではそのような活動をしていないとは言い切れないのです。
利用をする側としては株式市場で取引できるようになって損はありませんが、期待をさせすぎて駄目でも困りますから、準備はしているもののそれを表に出していないということもあるでしょう。

フォルスクラブってどんな会社?上場しているの?

【フォルスクラブとは?】

フォルスクラブとは、子どもから大人まで幅広い年代の人々が学習できるシステムのことです。インターネットやパソコンなどが普及してきたことにより、現代ではいつでもどこでも学びたいと思った時に学べる環境を作り出すことができるようになりました。こういった環境だからこそ、学びたい人にいつでも自分のペースで学べる環境を提供しているのがフォルスクラブです。教育現場での授業の復習や予習、社会人になってからの資格試験対策など幅広いジャンルでの学習ができます。こういったシステムから、今までにはなかった現代だからこそできる学びの形を提供してくれています。

【フォルスクラブの特徴は?】

特徴は子どもから大人までどの年代でも学習できるコンテンツが充実していることに加えて、一家族が契約することで最大5人までそのシステムを利用できるということです。子供は授業などの補完目的で学習教材を利用して、父親や母親は資格試験の対策や英語などの言語学習、それぞれ好きなコンテンツを選んで学習することができます。例えば家族それぞれの学びたい学習を各自契約したらそれだけで月謝や入会金などがかなりかかってしまいますが、家族併せてフォルスクラブを利用すれば月謝は6000円だけしかかからないのでかなりお得に利用することができます。幅広いコンテンツがあるので、自分の学びたい分野を変更することも出来るので便利で学習の幅が広がるのも魅力です。子どもも成長に合わせて学習内容を変更していくことができます。コンテンツも幅広いので、興味を持ったことに次々にチャレンジしていくことも可能です。

【安全性は高いの?】

フォルスクラブを利用している会員のうわさとして、安全性に問題があるというものがあります。しかし実際には安全性に問題があるわけではなく、怪しい業務を行っているわけではないです。このような誤解が起きる要因として、今までにはなかったインターネットを利用した学習のシステムであるため、新しい会員にとっては参入しがたいと感じられることから、このような誤解を招いたのかもしれません。今までにはなかった形態で、品質の高い学習を受けられるシステムであるので、誰でも安心して利用することができます。

【上場はしているの?】

現在フォルスクラブは上場していないというのですが、近々上場するのではないかという雰囲気を出している会社です。フォルスクラブの運営会社である株式会社イー・ラーニング研究所は、香港へ会員を連れて研修に行ったり、経済セミナーも積極的に開催したりと精力的に活動しています。その成果もあり会員数も年々上昇しているので、上場に期待が持てます。会員の人々も、このようなイー・ラーニング研究所の動向を見て上場するのではないかと期待している人が多く、上場すれば株価もそれに伴って上昇するので期待も高まっているようです。現在は上場していませんが、上場する日も近いかもしれません。