「ネズミ」タグアーカイブ

ネズミ講と誤解されやすいフォルスクラブとは

●フォルスクラブは優秀な通信教育
フォルスクラブはネズミ講だと誤解されている部分もありますが、ネズミ講とは全く関係のない通信教育のシステムです。
誤解をされやすい理由というのはいくつかありますが、その理由としては通信教育という部分が絡んできていると考えられます。
昔から通信教育の中には粗悪な物が少なくないことに加え、ネズミ講の商材として使われることも多かっただけに、その流れによってフォルスクラブまで煽りを受けてしまったというものがあります。
更にインターネットが普及によって、誰かがネズミ講だという誤解を持って情報を発信すると、人間は悪い情報を信じやすいことからフォルスクラブもネズミ講に違いないと勘違いしてしまった人が増えたというのは理由のひとつに挙げられます。

 

●フォルスクラブは画期的な学習システム
通信教育は粗悪なものが多かったという事実は否めませんが、フォルスクラブに関してはその対極に位置するものであり、今の時代にあった画期的な学習システムだと言えます。
近年安価で購入ができるようになった、タブレット端末を用いていつでもどこでも気軽に学習をすることができるので、空いた時間にすぐに勉強ができます。
タブレット端末の強みとして音声や映像を流すことができるということと、タブレットをそのまま操作して学習ができるので五感をフルに使って知識を吸収することができるという点にあります。

 

●家族全員で使うことができるフォルスクラブ
フォルスクラブの大きな強みとして、家族全員で使うことができるという点にあります。
これもネズミ講と大きく異なる点であり、ネズミ講は家族も金づるの一つとしてみている部分があるので被害にあってしまうと、家族全員が損をしてしまうことになります。
フォルスクラブはそのようなことはなく、一人の契約ではなく一つのプランで5名まで使えるという仕組みになっているので家族単位での契約と見ることができますから、人数分だけお金がとられてしまうということはありません。
料金に関しても非常に格安となっていて、入会金の1万円と月額利用料金の6000円で家族全員が使えるため費用の負担が少ないのが特徴です。

 

●コンテンツも充実しているのがポイント
ネズミ講は仕組み自体が悪質なものに加えて、コンテンツも粗悪であることが多いものです。
それだけにネズミ講に引っかかってしまうと大損をしてしまうことになりますが、フォルスクラブはコンテンツが有料であるということも大きな魅力となっています。
家族全員で利用をすることができるのは、先ほど説明しましたがいくら家族全員で利用できてもコンテンツが充実していなければ意味がありません。
フォルスクラブは幼児から大人まで、幅広い年齢層に対応をしていてそれでいてハイレベルな学習ができるのが魅力です。
そのため、ネズミ講と勘違いされやすいのですが真実は非常に優れた学習システムとなっているのです。

 

フォルスクラブはねずみ講ではありません

ねずみ講は会員を勧誘すると権利収入が入る仕組みです。商品は不要で他の人を勧誘して入会させるだけで一定の権利収入を得ることができます。ねずみ講はビジネスとしての実態がないので、儲かるのは最初に始めた主催者だけです。似たような概念にマルチビジネスがあります。マルチビジネスはねずみ講とは異なり商品を販売します。フォルスクラブの場合は様々な情報が商品です。例えば高校生を対象とした大学受験のための講座などを提供しています。フォルスクラブから様々な情報を購入するには公式サイトから申込を行なう必要があります。一方情報の販売とは別のビジネスも行われています。フォルスクラブには一般会員の他にプレミアム会員が存在します。プレミアム会員になるための権利は既存のプレミアム会員から推薦を受ける必要があります。誰でもすぐにプレミアム会員になれるというわけではありません。

 
フォルスクラブでは公式サイトで一般会員になり情報を購入する方法の他に、訪問販売によってプレミアム会員を増やすビジネスを行なっています。後者は一般的にマルチビジネスと呼ばれる形式に該当し、会員が増えると権利収入を得ることができる仕組みです。マルチビジネスとネズミ講は、共に他の人を勧誘することで権利収入を得られる点で共通しています。しかしねずみ講にはビジネスとしての実態が存在しません。多くの人を勧誘し入会料などを集め、最終的に新規の入会者がいなくなれば事業が破綻します。ねずみ講は組織の上部にいる一握りの人たちだけが利益を得て、それ以外の人たちが損をするため法律で禁止されています。一方フォルスクラブのようなマルチビジネスは合法です。マルチビジネスには商品とビジネスとしての実態が存在します。魅力的な商品の販売体制を構築するのがマルチビジネスの大きな特徴です。一般的な企業でも自社商品を販売してくれた販売店にバックマージンを支払うことがあります。フォルスクラブの訪問販売によるビジネスはねずみ講ではなく合法です。

 
情報技術を駆使することで様々な分野における学習を効率化できます。フォルスクラブでは様々な種類の情報商品を扱っています。幼児向けの音感教育手話講座など様々な知識を学ぶことができます。予備校や学校、書店など学習のために必要な施設には地域によって偏りがあります。しかしフォルスクラブのように情報技術を有効活用すれば、効率的な学びを実現できます。特にフォルスクラブでは、子供から大人まで家族全員で学ぶことができるコンテンツの開発を行なっています。

 
フォルスクラブはプレミアム会員になるための権利を販売しておりマルチビジネスとしての側面もありますが、ねずみ講ではないので合法です。ねずみ講はビジネスとしての実態がなく多くの人々を不幸にします。しかしフォルスクラブは誰もが夢や目標を叶えるための学びを支援する企業です。ねずみ講とは異なり、多くの人々を幸せにすることを目標として活動しています。

塾さながらのイーラーニング研究所のねずみ小僧も感心する大学入試対策講座

【大学入試対策】
自分の人生を大きく左右する大学入試。
そんな大学入試だからこそ、万全の体制で望みたいものです。
イーラーニング研究所にはねずみ小僧も感心する
コンテンツがあります。
それが15歳から18歳を対象とした大学入試対策講座です。
入試対策をするeラーニングのコンテンツです。

 

【出先で出来る大学入試対策】
eラーニングなので自宅や出先など
インターネットに接続できる環境であるなら、
いつでもどこででも講義を受けることが出来ます。
しかも講師陣は都内の有名講師たちが集い、
一流の講義を行っています。
塾さながらだと、イーラーニング研究所は
ねずみ小僧も感心しています。
この講師陣は基礎や応用はもちろん、
教える技術も持ち合わせています。
大学入試を徹底的に分析・研究し、
しかも教える技術を研磨してきた講師陣なのです。
充実した内容の授業を受けることが出来ます。

 

【大学入試対策講座の構成】

この大学入試対策講座は塾さながらな構成になっています。
その点もイーラーニング研究所のねずみ小僧が
感心する部分でもあります。
臨場感溢れる講義映像になっており、
内容も理解しやすく覚えやすいという特長があります。
eラーニングならではの特長は、
何度でも反復して受講できる点です。
好きな部分から再生できるので、
苦手な分野を重点的に受講出来ます。
覚えるまで反復することで、ノウハウを吸収できます。

 

【出題範囲】

大学入試対策講座ではセンター試験対策も
出題範囲をくまなくカバーしています。
試験対策も長年の傾向と対策ノウハウを
培ってきた講師陣だからこそ、
効率的な講義をすることが出来るのです。
イーラーニング研究所はねずみ小僧が感心する力があるのです。

 

【まとめ】
塾さながらで、より使いやすく勉強しやすいのが
イーラーニング研究所の大学入試対策講座なのです。

フォルスクラブとネズミの違い

【フォルスクラブとネズミ】
フォルスクラブはネズミではありません。
フォルスクラブは通信教材であり、
哺乳類齧歯目のネズミとは一切関係ありません。
今回はフォルスクラブがどれくらいネズミと関係ないかを
紹介したいと思います。

 

【フォルスクラブ】


フォルスクラブを英語にしたらForce Clubになります。
Forceは物理的な力を、Clubは社交界などを意味します。
直訳すると、物理的な力の社交界になりますが、
フォルスクラブはそうした会とは一切関係ありません。
かなりの意訳的な翻訳が必要であり、
力ある人間になるための勉強方法と
訳した方が良いかもしれません。
この力の意味もかなり意訳的に解釈する必要があり、
グローバルに活躍できる社会人を意味するのかもしれません。
でももしかしたらそこまで深い意味はないのかも。
名前が何となくカッコイイからこの名にした可能性も
否めません。

フォルスクラブの名前の由来はともかく、
この教材は他にはない特徴を持っています。
それは複数のコンテンツがひとつの教材に
収録されている点です。
一般的な教材は使用者の
その学年の国語数学理科社会英語だけだと思いますが、
フォルスクラブは高校1年から3年までの全学年の全教科に対応。
流石に美術や音楽、体育には対応していませんが、
受験科目である基本五教科は全てフォルスクラブで
対策することが出来ます。
さらに学校の勉強だけでなく、相続診断士、手話、
英語など多種多様な資格の勉強が可能。
こうした多様性に惹かれてフォルスクラブを始める方は
決して少数ではないでしょう。

 

【ネズミ】


ネズミの系統は複雑です。
真主齧上目→グリレス大目→単歯類→ネズミ目(齧歯目)に
分類できます。
ちなみに近縁にウサギ目が、遠縁にサル目がいます。
さらにネズミ目からヤマアラシ亜目、リス亜目、
ネズミ亜目に分類可能。
ヌートリアやカピバラはヤマアラシ亜目に分類できます。
日本人がよく目にする一般的なネズミは、
ネズミ亜目→ネズミ下目→ネズミ上科→ネズミ科で、
ようやくドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミが登場します。
一歩戻って、ネズミ上科→キヌゲネズミ科で
みんな大好きハムスターとなります。

ネズミは南極大陸を除くすべての大陸に生息しています。
そもそも種数が非常に多く、
現存する哺乳類の半分はネズミです。
ホモサピエンスの祖先は
恐竜時代のネズミとも言われている通り、
ネズミの種類は非常に豊富でかつ、長い歴史があるのです。
なおネズミ目の学名であるRodentiaはラテン語で
「かじる」を意味します。
種子などが主食ですが、魚や昆虫を食べる種も存在します。

 

【フォルスクラブとネズミの共通点】


フォルスクラブとネズミの共通点を探してみましょう。
概念レベルで存在が違う二者ですが、
探せば何かしら見つかるものです。
例えば、フォルスクラブをかじるのは如何でしょうか。
フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは
五感を鍛えるのに有用なので、
タブレットを舐めたり齧ったりするのに活躍するでしょう。
子供は何でも口に入れたがる生き物になりますので、
親御さんがちょっと目を離した隙にタブレットを
カジカジしているに違いありません。
しかしネズミは賢いのでタブレットをかじることはありません。
歯を削るのが目的なら、木材を選択するでしょう。
フォルスクラブタブレットの外観を木材で
作る必要があると言えます。
もちろん子供の健康を考えて、
ニスや防腐液は健康に良いものにしたところ。

賢さはどうでしょうか。
フォルスクラブをやればネズミくらい賢くなれるでしょうか。
フォルスクラブは知識を与えるのには有用ですが、
知能を育むという点では限界があります。
出来たとしても幼児まででしょう。
子供の情操教育に最適ですが、
知能指数を鍛えるなら別の方法が必要かもしれません。
ピアノに通わせるのは如何でしょうか。
ネズミは非常に賢く、罠を仕掛けても全然引っかかりません。
それどころか罠の上で糞をするでしょう。
フォルスクラブでネズミくらい賢くなるには、
フォルスクラブに知能指数を鍛えるコンテンツを
搭載すべきと言えます。

 

【マスコットキャラクター】
フォルスクラブとネズミは全然違います。
言葉にしなくてもこの二者を似ていると感じる方は
少ないでしょう。
せめてフォルスクラブにネズミをモチーフにした
マスコットキャラクターを登場させるべきでしょう。
でもフォルスクラブには
イメージキャラクターの福士蒼汰君しか居ません。
岡山県総社市のゆるキャラあたりを借りられないでしょうか。