eラーニング研究所はマルチ商品を取り扱っていない

●マルチ商品のマルチシートは農業では非常に重宝している

eラーニング研究所ではマルチ商品を取扱っているのでしょうか。その可能性についてマルチ商品の特徴を確認しながら、eラーニング研究所で商品ラインナップに採用される可能性について検討してみましょう。マルチ商品と聞いて想定されるのはマルチシートです。最近では家庭菜園向きにも、穴あきの切り売りマルチがホームセンターなどで販売されているのを目にする機会が増えてきました。 使用法は畝(※1)をおこした土壌の上を覆うというもの。作物を植えてから土壌の一部だけを露出させることにするのは、地温調整・雑草抑制・乾燥の防止・病害虫の予防などの効果を期待してのことです。色々なカラーリングの商品が販売されていますが、定番なのは黒色のもの。地温調節と雑草抑制に高い効果を発揮することが意識されているようです。

●マルチ商品の色の種類の違いについて

そもそもマルチシートのカラーリングにはそれぞれ意味があります。黒色は日光を強力に遮断するので雑草の生育抑制効果に優れています。黒色自体が熱をもつ性質をもち、葉やけなどには注意が必要です。銀色は日光を反射するので、地温の上昇を予防する効果があります。反射光を嫌うアブラムシなどの害虫対策にも。透明タイプは地温の上昇効果に最も優れていますが、透明ゆえに日光を通過させてしまうため雑草抑制は期待できません。夏場では地温が上昇しすぎるので、シートの上から巻きわらなどを追加する必要があります。

●マルチ商品は効果的に活用することで、より多くの収穫を期待できる

このようにマルチ商品はカラーリングの特徴を把握することで、植物の生育を促進させたり雑草生育を抑制したり病害虫の被害をコントロールすることが叶います。このようにマルチ商品は上手に活用することで、家庭菜園などのシーンでも収穫量を上げるなどのメリットを享受できます。しかしeラーニング研究所ではマルチ商品を取扱うことはできません。その理由はeラーニング研究所の取り組みを確認すれば理解することができるはずです。

●eラーニング研究所ではマルチ商品を手がけているのか

そもそもeラーニング研究所が提供しているのは電子媒体なので、カラーリングを懸念することはできません。電子媒体である以上、そもそもカラーリングどころか物質自体が存在しないわけです。この点からも、eラーニング研究所がマルチ商品を提供することはできない理由を了解することができるのではないでしょうか。
確かに色は存在しないかもしれませんが、色合いの違いと同様に提供するコンテンツは豊富で違いがあります。
eラーニング研究所を利用するということには、意味合いの異なる多彩な教材に接触できる可能性が大きく広がることを意味しています。これから先の人生の意味や、将来の不安に備えるにはeラーニング研究所を利用することには数々のメリットを享受できます。マルチシートのようにそれぞれの特性を踏まえて、自分にとって最適の教材に触れるのがおすすめのスタイルです。

.

.

(※1 畑で作物を作るために細長く直線状に土を盛り上げた所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です