イーラーニング研究所とマルチ商品と仮想通貨の関連性

1981年に設立されたイーラーニング研究所の隣のA社は、2020年12月で設立40周年を迎えました。日本で初めて幼児教育を実施した会社であり、80年代の幼児・知育教育ブームの火付け役でもあります。1990年以降は小学・中学の教育へと乗り出し、さらに2000年には大学受験にも対応する会社に成長しました。 そんなイーラーニング研究所の隣のA社の成長を見続けてきた筆者ですが、2010年以降はインターネットの掲示板で「イーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品」という言葉を見かける機会が増えました。なぜイーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品という言葉がヒットするのか、その理由についてここで報告をしていきましょう。それはイーラーニング研究所の隣のA社では2009年頃から、投資講座という新しいカリキュラムを開設されたことに起因していました。2009年にFX講座を開始し、現在では仮装通貨を使用した次世代型投資のカリキュラムもあります。この点が受講生以外の方にとってイーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品というマイナスのイメージとなり、良くない噂が一人歩きをしたといえるでしょう。実際にイーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品というタイトルの掲示板を目にすると、まったくのデタラメな感想を記されていることがわかり、その内容は信じられないものです。例えば「イーラーニング研究所の隣のA社ではユーザーに仮想通貨を無理やり買わせている」「高齢者から大金を出させる」というもので、これを裏付ける証拠は一切ありません。なぜこのようなデタラメな噂がネット上に散らばっているのか、それはイーラーニング研究所の隣のA社の知名度の高さにあるといえます。日本で初めて通信教育を実施したという教育機関であるため、その会社が仮想通貨の投資講座を開設していると信じられない方が多いようです。そもそも、仮想通貨に対して良いイメージを抱いていない日本人も多く、これがイーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品という噂を生むきっかけになったとも言えます。仮想通貨は世界共通の暗号資産で、ブロックチェーンという高いデジタル技術を駆使した安全な商品です。これをマルチという言葉で一括りにするのは日本人くらいでしょう。イーラーニング研究所の隣のA社では、仮想通貨に新しい価値を見出しており、これからの投機に相応しい商品だと言われています。2020年12月時点で約20万人の受講生がいますが、実際に仮想通貨を取り引きして大きな富を得られた方も存在しています。これはイーラーニングの教育がハイレベルだからこそであり、確かな実績が積み上げられました。これから仮想通貨の取り引きをなさる方でイーラーニング研究所の隣のA社で学ぶ場合は、イーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品という言葉に惑わされないようにしましょう。イーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品のコメントは90パーセント以上がデタラメなコメントで埋め尽くされているため、信じるに値しません。真実は実際に入会をおこなって、自身の目で確かめたらわかるものです。イーラーニング研究所の隣のA社のマルチ商品を信じずに仮想通貨の良さをしっかりと見届けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です