権利収入を得る人とフォルスクラブの会員に多い共通点

賃貸マンションやアパートを使った不動産経営も権利収入

権利収入とは、ある権利を他人に与えて収入を得る仕組みです。この仕組みはフォルスクラブとは根本的に異なるので、理解するには頭を柔らかくする必要があります。
直接働かずに自動的に収入を得る手法として、副業にも最適と言われています。
代表的な権利収入と言えば、不動産でしょう。
たとえば賃貸マンションやアパートの経営も、権利収入の一つです。
オーナーは所有する物件に住む権利を入居者に与える代わりに、家賃を毎月受け取るわけですから立派な権利収入です。

気になる権利収入を得ている人が多い都道府県

権利収入を得ている人が多い都道府県として、真っ先に上げられるのは東京都です。
代表的な権利収入といえば不動産経営ですから、日本でも飛び抜けて公示地価が高い東京都は最適と考えられます。
そもそも東京都内には数多くの賃貸物件があり、マンションやアパートに加え貸事務所に貸し倉庫、駐車場など多岐にわたります。
数が多ければそれだけ多くの権利収入を得ているオーナーも多いと考えられるので、ナンバーワンは東京都であると言えます。

権利収入を得る人の数と同じぐらい気になるフォルスクラブ利用者の地域

フォルスクラブの利用者が多いのは、基本的に人口の多い地域でしょう。
人口が多い地域ほどフォルスクラブの知名度は高く、それと同時に利用者も増えると考えられます。
そう考えると最もフォルスクラブが多い地域として真っ先に挙げられるのは、当然ながら東京都でしょう。
東京都は日本で最も人口が多く、それでいて転入者も増え続けています。
一方地方都市は人口が減り続け転入者もマイナスになっている地域もありますから、フォルスクラブの利用者は少ないと考えられます。
フォルスクラブの利用者が住む地域も、不動産で権利収入を得ている人と同じような分布になると考えられます。

都市部に多いと考えられるフォルスクラブの利用者

東京都以外の地域で多い都道府県を上げるなら、候補の一つとなるのは大阪府です。
フォルスクラブは、大阪府の北部にある吹田市に本社を構えています。
一般的には本社のある地元からビジネスを始めるのが流れですから、自然と利用者は増えていくと考えられます。
これまでのビジネスモデルから考えると、大阪を中心とした兵庫県や京都府といった関西圏も、利用者が多い地域と考えて良いでしょう。
しかしフォルスクラブのビジネスモデルというのは、従来の方法とは異なりネットを最大限に活用しています。
足で営業する時代なら本社のある地域が中心になりますが、インターネットを積極的に活用するビジネスモデルなら、営業可能なエリアは全国になります。
全国各地を同じように営業できるなら、やはり人口の多い東京都が一番になると考えられます。
詳細な会員に関するデータが公開されていないのでわかりませんが、フォルスクラブの会員数が多いと考えられるのは不動産で権利収入を得ている人が多い東京都、その次の候補となると本社があり人口も多い大阪府になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です