仕事で忙しい方のためのフォルスクラブでの勉強のやり方

社会人の平均残業時間は、月に47時間です。
大体、毎日2時間くらい残業している計算になります。
7時に出社し、9時に会社に着いて仕事を始め、
8時間就労+1時間休憩+2時間残業だと、20時には退社できます。
そして自宅に戻れるのが22時です。
これでは勉強する暇なんて取れません。
しかもコレは平均なので、
繁忙期には月に100~200時間残業している方も居ると思われます。
ちなみに最高記録は月に250時間と言われています。

フォルスクラブは仕事に忙しい人にうってつけの通信教育と言えます。
どんなに仕事で忙しい方でも、ほんの少しの隙間時間がある筈です。
その時間を利用してフォルスクラブで勉強することが出来ます。
具体的には、出社・帰宅している間のバスおよび電車の中。
昼飯休憩の時間や、トイレに逃げ込む時間に
フォルスクラブで勉強することが可能です。

ただし、月に250時間も残業している方は、
そうした隙間時間は本当に皆無になります。
1年間で家に帰れるのは、3時間だけの方も居るそうです。
仕事が忙しい会社だと364連泊することは珍しくなく、
食事やトイレをする暇もないそうです。
むしろ、食事中、トイレ中も仕事します。
イメージとしては24時間マラソンを毎日やる感じです。
そのレベルの忙しさでしたら、
もう仕事中にフォルスクラブをするしかありません。
左脳で業務を遂行し、
右脳でフォルスクラブを学習するといった方法が使えます。
聖徳太子のように10人の言葉を聴き取るのは難しいですが、
2つまででしたら修練次第で同時に別の作業を行えるようになります。
人間の一生は限りがありますので、普通に仕事を行いながら、
フォルスクラブで勉強する技術を身に付けませんか?

訓練次第で、人間は1日3時間睡眠でも生存可能です。
仕事が激務の方は、
そうした効率の良い睡眠の方法を身に付けた方が良いですよ。
そしてフォルスクラブはいつでもどこでも勉強できる教材なので、
やりようによっては夢の中で学習することも可能です。
効率の良い睡眠学習を使って、
フォルスクラブの知識を脳に蓄えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です