フォルスクラブはねずみ講ではない

よくフォルスクラブがねずみ講ではないか、と言ったことを疑われるようなこともありますが、本当にねずみ講なのでしょうか。その意味を正確に認識していない人が、無闇やたらに言ってしまっているのかもしれません。ねずみ講とは会員が無限に増えていくような形で収益を出していくようなモデル、という間違えた前提で両者を重ね合わせているだけということがよくあります。実際に運用を開始していくと、すぐにねずみ講は不可能であるということがあるわけであって、早晩事業の展開が無理になることは明らかですし、そのような運営を続けていれば必ず問題となり閉鎖に追い込まれているはずです。

しかしフォルスクラブは、長年の歴史を持っているこの会社がそのような方法をとっているということは矛盾しています。根拠のない誹謗中傷に晒されるような形でEラーニングの教育思想を、実践していくようなことはとても大変なことであると言えるでしょう。実際フォルスクラブの利用者でそのようなねずみ講が関わっていると考えている人は、まったくいません。大学受験を念頭にして高校生から親世代に至るまで、様々なシチュエーションに最適な教材やカリキュラムを提供できるフォルスクラブは、仕事からスキルアップを目指している大人世代からも大変高い支持を集めている企業。そのような高い評判を維持し続けているというようなことによって、ねずみ講のような問題点が起こっていない、そして会員全員が幸せになれるシステムやテキストが準備されているということを間違いないと言えるでしょう。構成員の福利厚生を願った運営スタイルを行なっている企業であり、主催者や幹部の人たちにとっては会員の健康や日頃の心配事はほとんどないですが、フォルスクラブは丁寧なカリキュラムによって、しっかりと英語力向上が見込めるというのはまず間違いないのです。特にEラーニングにおいては英語の重要性をとても認識しており、教育関係が英語の重要性がグローバル社会に押し上げられるような形で重要になってきている中で、ゆとり教育があまり上手くいかなかった行政当局の反省も影響している中、フォルスクラブでは昔から幼児期から英語教育の重要性に気付いていた会社であるということは間違いないでしょう。遊びを主軸とした形で、幼少期から勉強を進めていけるような素晴らしい教材がねずみ講などではなく提供されているのです。さらに大学受験でも対策講座が設けられ、多くの高校生で良い口コミが集まっています。15歳から18歳までではあるものの、浪人生も利用し独学で大学受験を突破している人たちもいるのです。特にフォルスクラブのコンテンツは充実しており、大学受験に最適であるため地方都市に住んでいて満足な学習環境が整っていないような人たちでも、しっかりと高いモチベーションを維持して英語力の向上を目指していくことができるようになります。特に予備校が少ない地方都市で、高度な英語学習ができるという点で人気があるのです。このようにフォルスクラブはねずみ講ではく、幅広い世代から、支持を得ている企業ということが言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です