フォルスクラブを使った資格対策勉強例:休日のケース

様々な資格の勉強が出来るとフォルスクラブが評判になっています。
そしてこうした勉強は、試験日のかなり前から対策するのが
一般的です。
平日毎日コツコツやるのも良いですし、
休日にドカーっとまとめてやるのも良いかもしれません。

試験日まで1年くらいの猶予があれば、1日10分だけやって、
3ヶ月前になったら1日1~2時間にアップ、
1週間前になったら3~4時間にアップといった感じで
シフトしていくのはいかがでしょうか。
試験の難易度によって勉強時間は異なるため、
フォルスクラブでどの資格を狙うかによって、
勉強の総時間は変わると言えます。
相続診断士や手話6級でしたら、試験日の前日、
休日を丸一日使って丸暗記しただけで取れるかもしれませんよ。

ただし、ケアマネージャーやTOEICの勉強をフォルスクラブでするなら、
一夜漬けで何とかするのはかなり難しいです。
平日毎日コツコツやるのはもちろん、
オフの日である休日を如何に使うかで、
合否が決まると言えるのではないでしょうか。
そしてもちろん、テスト直前や、
3ヶ月前で1日の勉強時間は変わると思います。
例えば、休日の勉強時間は以下のような
タイムテーブルが考えられます。

<テスト直前の休日の過ごし方>
0:00~就寝
1:00~
2:00~
3:00~
4:00~
5:00~
6:00~
7:00~起床・朝ごはん
8:00~朝の身支度・家の雑事(掃除洗濯)などなど
9:00~フォルスクラブで勉強
10:00~
11:00~
12:00~お昼・休憩
13:00~フォルスクラブで勉強
14:00~
15:00~休憩
16:00~フォルスクラブで勉強
17:00~
18:00~夕飯・休憩
19:00~家の雑事(掃除洗濯)などなど
20:00~フォルスクラブで勉強
21:00~
22:00~
23:00~就寝

<試験3ヶ月前の休日の過ごし方>
0:00~就寝
1:00~
2:00~
3:00~
4:00~
5:00~
6:00~
7:00~起床・朝ごはん
8:00~朝の身支度・家の雑事(掃除洗濯)などなど
9:00~フォルスクラブで勉強
10:00~趣味の時間
11:00~
12:00~お昼
13:00~趣味の時間
14:00~
15:00~
16:00~
17:00~
18:00~夕飯
19:00~家の雑事(掃除洗濯)などなど
20:00~フォルスクラブで勉強
21:00~趣味の時間
22:00~
23:00~就寝

上記はあくまで休日の一例ですが、試験直前は1日10時間、
3ヶ月前なら1日2時間頑張れば良いと思いますよ。
もちろん、休日にまとめてやる以外にも、
平日にコツコツやるのも大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です