eラーニング研究所が詐欺の研究をしない理由

●eラーニング研究所はeラーニングの研究をしている

eラーニング研究所はその名前の通り、eラーニングの研究をしている企業であり、それを事業化している企業です。
詐欺とは全く無縁の存在で、詐欺を研究することもありません。
eラーニングという概念が登場してからそれほど日がたっていませんから、社名も相まって怪しげなことをしていると誤解を受けてしまうこともあります。
誤解を受けがちな会社ですが、本当の姿は真摯にeラーニングについて研究をしていて、それをどのようにして多くの人に送り届けるのかを日々模索している社会に貢献しうる企業です。
このような企業だけに詐欺の研究をして、余計な時間を割いている暇はないのです。

●詐欺の研究は警察がするもの

それでは詐欺の研究を行っているのは、どこの誰かということになりますが、それは警察になります。
警察自身が誰かを騙すわけではありませんが、検挙する立場にあるわけですから、手口や流れを理解しなければ操作に支障が出てきてしまいます。
特に近年は手口が巧妙化をしてきているだけに、違法か合法化区別がつかないラインを狙ってくるものもありますから、警察もそれに対応すべく日々研究をしていなければ、詐欺をのさばらせてしまうことになるのです。
警察の仕事は詐欺の摘発が全てではないにしても、犯罪件数としては決して少なくないものだけに、リソースを注いで日々研究を行っています。

●eラーニング研究所が詐欺の研究をする暇はない

詐欺は時代ごとに新しい手口が登場すると同様に、eラーニングに関してもまだまだ沢山進化の余地を残しています。
この先さらに発展をしていくことが間違いない分野ですから、eラーニング研究所が他のことにかまけてeラーニングの研究を疎かにしている暇はないのです。
企業として怪しい話に引っかからないように警戒をしたり、社員が被害に遭わないために最低限の教育をすることは合ったとしても、eラーニング研究所が警察のように力を入れて詐欺の研究をするということはありません。
そのようなことをしたとしても、eラーニング研究所には何のメリットがないわけですし、詐欺を取り締まる期間ではないので、する意味もないのです。

●eラーニング研究所の考えは今後も変わらない

たとえ今現在、詐欺の研究をしていなくても将来的には研究をするようになるのではという考えもありますが、eラーニング研究所は今後も変わることはないと言えるでしょう。
常に多くの人に平等な学習機会を提供しようと考えてきた企業であり、それは常に企業理念として根底にあります。
事業の方法や学習機会の提供方法が変わってきたとしても、多くの人に教育の機会を与えたいという気持ちが変わることはありませんから、時代が変わり世の中の流れが変わってもeラーニング研究所の考えが変わることはありません。
だからこそ、どのような時代になっても詐欺を研究するようなことはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です