フォルスクラブで知識をつけてマルチ商品詐欺から身を守る

フォルスクラブで知識をつけてマルチ商品詐欺から身を守るという事を考えても良いかもしれません。マルチ商品が出回るのは、それが詐欺だと分からない人に対して出回るわけで、知識があり、それを使う事が出来るというところまで消化吸収することが出来ていれば、そのような事にもなりません。


知識がそのまま役に立たないで、マルチ商品に取り込まれてしまうという事も世間ではよくある事ですが、こうした事になる原因としてフォルスクラブのような所で知識を身につけていないという事が考えられます。
特に今の日本は既に理想に近づき過ぎていて現実離れしているところがあります。ですから、マルチ商品に気をつけろという事は知っていてもそれが自分の身の回りにあるという事については分からないので、使える知識になっていないという事が考えられます。だからこそフォルスクラブのようなところで知識を身に付けなければならないという事も言える気がします。


特に頭が良くて自分はマルチ商品になど引っかからないという人ほどこのマルチ商品には引っかかりやすいという事があって、それは頭の良し悪しではなく現実レベルで使える知識にしているのかどうかとうことに問題があるからです。
フォルスクラブやフォルスクラブの関連事業では、このような使える知識というものを取り扱っているという事も言えるのかもしれません。単にテストでよい点を取るというだけの事では無く、実際に現実世界で活用して役立てるという事も考えられているので、マルチ商品などの対策としては極めて有効的に機能するという事が考えられます。


戦後の教育は左翼思想に凝り固まった人達に握られてしまっていて、その典型的なモノがゆとり教育という極めて意味不明な事が行われました。その結果何も現実世界では役に立たない人達が大勢出てきてしまって、一番困っているのはその教育を受けた人達という事になっているわけですから、この教育がどんなに罪深いものであったのかという事が分かります。この教育方針を指導した人達は高給をもらって引退して自分達は豊かな年金暮らしをしていて、その教育を受けた人達は今使える知識や技術を身に着けようとして必死に再教育をされているというような状態ですから、この理想だけに凝り固まった教育の罪深さというものが分かるというモノです。マルチ商品はこうした人たちをターゲットにして出てきているという事も考えられるのです。
ですから、フォルスクラブのようなところで、しっかりと使える知識というものを見に付ける事が今後は必要になる事は間違いありません。フォルスクラブは使えるという事を考えていますし、更には効率という事もしっかりと考えています。どんなに良い教育であっても効率が悪ければ意味は無いわけで、それなら別の方法を選択するという事になってしまいます。その点ではネットという最強のツールに目をつけたフォルスクラブの目は確かという事も言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です