イーラーニング研究所とマルチ商品の関係とは

そもそもマルチ商品とはどのような意味か
世の中には、マルチ商品と呼ばれる商品がありますが、なじみのない人にとってはこれがどのような意味かわかりにくいものです。マルチ商品とは、連鎖販売取引つまりネットワークビジネスで扱われている商品のことをいます。ネットワークビジネス扱う商品は、耐久品と非耐久品の2種類があります。耐久品とは、例えば布団や健康器具のように一回使っておしまいではなく何年も作り続けることができるものです。かつてはこのように長年使うことができるマルチ商品がはやっていましたが、最近は消費するものに焦点を当ててマルチ商品を展開している会社が増えてきました。


なぜマルチ商品は消費するものがよいのか
ここで、なぜマルチ商品ではわざわざ消費するものを選ぶのか疑問に考えると人もいるかもしれません。その理由は簡単で、継続してリピートしてくれた方が会社としてもそしてアップとしてももうかるからです。一回限りの商品だと、最初に収入がたくさん入ってきますが継続してリピートしてくれない可能性があるため不都合なわけです。そのような理由から、マルチ商品のほとんどは化粧品や健康食品そして補正下着などの消耗品に重点を置くことになりました。


イーラーニング研究所はどのようのことをしているか
一方で、イーラーニング研究所はどのようなことをしているかといえば教育教材を販売している会社になります。イーラーニング研究所は名前の通り、教育教材の研究を行いそれぞれの年齢に合った教材を適切な形で提供することを目的としています。イーラーニング研究所がインターネットを利用する理由は、経費の節減にあるといえるでしょう。会社を運営するためには、経費があると赤字になってしまう可能性が高いです。そのため、日本の不動産バブル崩壊後からは経費の節減が非常に重視されました。例えば教育業界においては、今まで先生と教室は非常に重要でしたが先生を雇うごとに毎月給料を払う必要があり、一方で教室を借りるごとに毎月賃料を支払うことになっています。そうすると、毎月の経費だけでかなりのものになってしまい金銭的な負担が大きき過ぎるでしょう。そこで、イーラーニング研究所ではインターネットを通じて学習内容を提供することにしたわけです。


イーラーニング研究所の魅力の一つは料金が安いこと
一般的に、勉強し成果を上げるには天才でない限り十分な時間とお金をかけなければならないものです。親の立場からすれば、子供の教育費は非常にウエイトが大きく自分たちのお小遣いやほしいものを削っても子供の教育費に回す家が多いです。ですが、イーラーニング研究所の場合には、そもそも場所代と人件費がかなり節約されているため、学習塾に通ったり予備校に通うよりも費用が安くなりやすい傾向があります。このように、無駄を最小限に減らし子供の教育に時間とお金をくれることができるならば十分な成果を出すことができるとイーラーニング研究所では考えているわけです。このように考えれば、マルチ商法のような商品の販売の仕方をしておらずマルチ商品とは一切無縁のことがわかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です