福士蒼汰がイメージキャラのイーラーニング研究所とは

●福士蒼汰さんをイメージキャラクターに採用したイーラーニング研究所の理念
イーラーニング研究所は「教育の水道哲学」を経営理念に掲げ、水道が人々の日常生活の不可欠なインフラとして定着しているのと同等程度に、全ての年代の人々にそのニーズにあったコンテンツを提供することで教育の機会を確保することが出来る社会の構築を目標に取り組んでいます。特に将来の日本を担う小中学生向けの無料動画サービス「スクールTV」事業を開始しているのは特筆するべき事業です。かように事業に社会貢献の性格を濃厚に持つイーラーニング研究所のイメージキャラクターに就任したのが、俳優の福士蒼汰さんです。これは「スクールTV」を小中学生の皆さんに身近に感じていただくことを目指していることの現われです。デビュー当初から仮面ライダーシリーズで主役を務めた福士蒼汰さんには、近所の優しいお兄さんの印象がお子様の間で強いことも大きく影響しています。

 
●イーラーニング研究所の事業と福士蒼汰のイメージとの相似
イーラーニング研究所は全国の小中学生の学習サポートを適格に実践できるように、全国の主要教科書の内容を把握しお住まいの地域で使用されている教科書に依拠したコンテンツ内容を提供することを可能にしました。お子様が親しみ易い環境で学習に取り組めるように、講師は全て現役大学生が担当しています。福士蒼汰さんにはこの親しみやすくて、教育指導力の担保されているイーラーニング研究所の講師陣とも相似する側面を色濃くもたれています。私どもの掲げる教育理念は、英会話に堪能で英検2級も保有されている福士蒼汰さんを措いて他にないと言えるのです。

 
●イーラーニング研究所が取り組む事業とその特徴
またイーラーニング研究所では、「学デジ」も展開しています。これはどの年代の方にもお持ちの「教えたい」と「学びたい」をマッチングするマーケットプレイスです、提供しているのはワードやエクセルなどのビジネスに不可欠なパソコンスキルの教科や英会話などの海外でも通用するコミュニケーション能力を醸成する講座など、また中小企業やSOHOでのビジネスに活用できる講座など豊富なラインナップを誇ります。

 
●福士蒼汰さんに想起されるイーラーニング研究所が描く将来像
2014年の文部科学省の中央教育審議会において、「アクティブラーニング」の導入を決定しました。これは単に知識の受け手として知識を溜め込む従来の教育方法を批判的に再検討した結果、今後の学校などの教育現場にも導入することが決定されたものです。それは主体的学習と自ら考えて問題解決能力を涵養させることを基礎的理念としているものです。それは「スクールTV」の講義内容にも反映するようにコンテンツは制作されています。しかし実際にその取り組みが果実を実るようになるまでは、まだ紆余曲折が予想されます。新時代の到来をまつ今こそ、マルチな才能で活躍する福士蒼汰さんこそがふさわしいと言えます。今後もイーラーニング研究所は各種コンテンツの充実をはかり、特に小中学生の学力底上げに貢献して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です