マルチ商品とフォルスクラブが扱うサービスについて

【マルチ商品とは】


マルチ商品とは何でしょうか?
マルチを複数と直訳するとしたら、
複数の商品という意味になります。
複数という意味も色々なバリエーションがあり、
どれを意味するのかかなり悩みそうです。
雪見だいふく9個セットをマルチ商品と言うのか、
それとも雪見だいふく2個入りの商品が10個あるのを
マルチ商品と言うのか、筆者にはどちらか判断が付きません。
グーグル先生に訊いてもこのあたり教えてくれませんでした。
代わりに表示されたのは「マルチ商法」です。
そこで今回は「マルチ商法で取り扱う商品をマルチ商品」
として、以下解説していきたいと思います。

 

【フォルスクラブはクリーンなマルチ商品】


マルチ商品とフォルスクラブが扱う
サービスの違いを説明するのは難しいです。
100%違うと言い切りたいところですが、
マルチ商品(マルチ商法)が広義的すぎて、
一概に否定することが出来ないのです。
仮に言い切れるとしたら
「フォルスクラブはクリーンなマルチ商品」と言えます。

そもそもフォルスクラブの入手手段はふたつあります。
ひとつはフォルスクラブの公式サイトから買うもの。
これに関してはマルチ商品ではなくシングル商品と言えます。
もうひとつは、フォルスクラブプレミアム会員から
購入するというもの。
フォルスクラブの公式から買うのではなく、
一度仲介を挟んで買うためマルチ商品となるのです。
なお、どちらで買っても値段は変わりません。
買いやすい方で買いましょう。

 

【問題視されている販売方法を紹介】


違法になるマルチ商品も紹介します。
これを説明することで、フォルスクラブの販売方法が
どれだけクリーンか分かると思います。
悪質なマルチ商品ですが、
人質を取るケースが多いかもしれません。
銀行で、額に銃を突きつけられて
「このかばんに金を詰めろ」と言った感じに近いです。
実際にはそこまで攻撃的ではありませんが、
何かしらの人質や物質を取ることがほとんど。
「友達だから買ってくれるよね」と
友情を盾にされることが多いのではないでしょうか。
マルチ商品が悪というよりも、
こうした販売セール手段が悪と言った方が良いかもしれません。

他にもマルチ商品が悪になりやすい要素があります。
それは劣悪な品質を売りつける場合です。
1万円の商品を100万円で売り付けられたら、
買う方としては困ってしまいます。
マルチ商品は極端に価値が低いものを売ることが多いのです。
特にネズミ講で問題視されているものとして
「権利を売る」というのがありました。
この権利の価値は実質0円です。
しかしネズミ講にてこの権利を数万円単位で
売りつけられたと話題になりました。
フォルスクラブはれっきとした商品であり、
品質も非常に高いものになりますので、
違法となるマルチ商品にはならないと言えるでしょう。

もうひとつマルチ商品で問題になりやすいこととして、
説明不足というのがあります。
これに関してはマルチ商品に問題があるというよりも、
販売員の方に問題があると言えるかもしれません。
商品を売るには色々な決まりがあり、
それらを全て守らないと法律違反になります。
軽く調べただけでも訪問販売で違反になりやすい項目が9つあり、
それらを全て守るにはしっかりと
研修を受ける必要があると言えます。

 

【まとめ】
マルチ商品とフォルスクラブが扱う
サービスの違いを説明するのは至難です。
良いマルチ商品と悪いマルチ商品があって、
フォルスクラブが扱うサービスは
良いマルチ商品の方になります。
二元論ではありませんが、
マルチ商品はそんな感じで2つに分けられると思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です