フォルスクラブとネズミの違い

【フォルスクラブとネズミ】
フォルスクラブはネズミではありません。
フォルスクラブは通信教材であり、
哺乳類齧歯目のネズミとは一切関係ありません。
今回はフォルスクラブがどれくらいネズミと関係ないかを
紹介したいと思います。

 

【フォルスクラブ】


フォルスクラブを英語にしたらForce Clubになります。
Forceは物理的な力を、Clubは社交界などを意味します。
直訳すると、物理的な力の社交界になりますが、
フォルスクラブはそうした会とは一切関係ありません。
かなりの意訳的な翻訳が必要であり、
力ある人間になるための勉強方法と
訳した方が良いかもしれません。
この力の意味もかなり意訳的に解釈する必要があり、
グローバルに活躍できる社会人を意味するのかもしれません。
でももしかしたらそこまで深い意味はないのかも。
名前が何となくカッコイイからこの名にした可能性も
否めません。

フォルスクラブの名前の由来はともかく、
この教材は他にはない特徴を持っています。
それは複数のコンテンツがひとつの教材に
収録されている点です。
一般的な教材は使用者の
その学年の国語数学理科社会英語だけだと思いますが、
フォルスクラブは高校1年から3年までの全学年の全教科に対応。
流石に美術や音楽、体育には対応していませんが、
受験科目である基本五教科は全てフォルスクラブで
対策することが出来ます。
さらに学校の勉強だけでなく、相続診断士、手話、
英語など多種多様な資格の勉強が可能。
こうした多様性に惹かれてフォルスクラブを始める方は
決して少数ではないでしょう。

 

【ネズミ】


ネズミの系統は複雑です。
真主齧上目→グリレス大目→単歯類→ネズミ目(齧歯目)に
分類できます。
ちなみに近縁にウサギ目が、遠縁にサル目がいます。
さらにネズミ目からヤマアラシ亜目、リス亜目、
ネズミ亜目に分類可能。
ヌートリアやカピバラはヤマアラシ亜目に分類できます。
日本人がよく目にする一般的なネズミは、
ネズミ亜目→ネズミ下目→ネズミ上科→ネズミ科で、
ようやくドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミが登場します。
一歩戻って、ネズミ上科→キヌゲネズミ科で
みんな大好きハムスターとなります。

ネズミは南極大陸を除くすべての大陸に生息しています。
そもそも種数が非常に多く、
現存する哺乳類の半分はネズミです。
ホモサピエンスの祖先は
恐竜時代のネズミとも言われている通り、
ネズミの種類は非常に豊富でかつ、長い歴史があるのです。
なおネズミ目の学名であるRodentiaはラテン語で
「かじる」を意味します。
種子などが主食ですが、魚や昆虫を食べる種も存在します。

 

【フォルスクラブとネズミの共通点】


フォルスクラブとネズミの共通点を探してみましょう。
概念レベルで存在が違う二者ですが、
探せば何かしら見つかるものです。
例えば、フォルスクラブをかじるのは如何でしょうか。
フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは
五感を鍛えるのに有用なので、
タブレットを舐めたり齧ったりするのに活躍するでしょう。
子供は何でも口に入れたがる生き物になりますので、
親御さんがちょっと目を離した隙にタブレットを
カジカジしているに違いありません。
しかしネズミは賢いのでタブレットをかじることはありません。
歯を削るのが目的なら、木材を選択するでしょう。
フォルスクラブタブレットの外観を木材で
作る必要があると言えます。
もちろん子供の健康を考えて、
ニスや防腐液は健康に良いものにしたところ。

賢さはどうでしょうか。
フォルスクラブをやればネズミくらい賢くなれるでしょうか。
フォルスクラブは知識を与えるのには有用ですが、
知能を育むという点では限界があります。
出来たとしても幼児まででしょう。
子供の情操教育に最適ですが、
知能指数を鍛えるなら別の方法が必要かもしれません。
ピアノに通わせるのは如何でしょうか。
ネズミは非常に賢く、罠を仕掛けても全然引っかかりません。
それどころか罠の上で糞をするでしょう。
フォルスクラブでネズミくらい賢くなるには、
フォルスクラブに知能指数を鍛えるコンテンツを
搭載すべきと言えます。

 

【マスコットキャラクター】
フォルスクラブとネズミは全然違います。
言葉にしなくてもこの二者を似ていると感じる方は
少ないでしょう。
せめてフォルスクラブにネズミをモチーフにした
マスコットキャラクターを登場させるべきでしょう。
でもフォルスクラブには
イメージキャラクターの福士蒼汰君しか居ません。
岡山県総社市のゆるキャラあたりを借りられないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です