フォルスクラブで気象予報士の勉強がしたい

意外と知られていませんが、
自分の個人ブログで天気予報を公開(転載含む)する場合は、
気象予報士の資格が必須です。
例え、アフィリエイトとかを一切していない趣味としてのブログでも、
気象予報士の資格がないと、
天気予報の情報を流してはいけないのです。

フォルスクラブは全年齢を対象とした総合通信教材です。
1つのコンテンツが全年齢に対応しているのではなく、
フォルスクラブは複数のコンテンツを用意して
あらゆる年齢層が勉強できるようにしている教材です。
そして気象予報士の試験は、受験資格がありません。
実務経験は不要で、年齢制限すらありません。
中学生で気象予報士になった方も居ます。
気象予報士の勉強は、
全年齢対象のフォルスクラブにピッタリと言えます。

ただし気象予報士はそう簡単に取得できる資格ではありません。
合格率は5%以下で、ほとんどの方が落ちています。
また、気象予報士は実技試験があります。
フォルスクラブはその対策も出来るようにならないといけません。
と言っても、そこまで難しいものではありません。
警察官採用試験の実技試験と違って、
腕立て伏せをすることもありません。
天気図を使って、今後の天気を予測するだけです。
どこかの先住民のように「この空気は・・・明日は雨だな」と
予測するものではないのです。
でも、その先住民のスキルは有用なので、
ちょっとフォルスクラブで学びたいかも。

理系の学問において、
気象予報士は過去問が使いにくい分野かもしれません。
それは、10年前と現代では、
気象状況が根本的に異なっているからです。
10年前の平均雨量が1300mlだったとしても、
現在は1500mlにアップしているかもしれませんよ。
それに毎年のように異常気象が発生しており、
最早その異常が常態化して、全く異常扱いになっていません。
完全に常態気象と言えます。
梅雨は毎年来るのと同じ感覚で、
その異常気象を認める必要があると言えます。

それゆえ、気象予報士の勉強は常に最新の教材を使うべきです。
古本屋で安い教材を買うよりも、
常に最新の情報で更新されるフォルスクラブで勉強すべきと言えます。
英語や手話でしたらここ数十年あまり変化していませんので、
フォルスクラブ以外の教材でも十分学びやすいですが、
更新頻度が激しい分野の学問は、
最新の内容で学べるフォルスクラブが最適と
言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です