フォルスクラブに医療事務資格取得のためのコンテンツが出来たとしたら

フォルスクラブは色々資格の勉強が出来ますが、
女性に人気ナンバーワンと呼び声高い資格(仕事)と言えば、
医療事務です。
実際に統計を取った訳ではありませんが、
このお仕事はかなりの人気を誇るでしょう。
人気の理由はいくつかありますが、
「病院なので潰れない(業界全体で仕事が無くならない)」
「清潔なイメージがある」「残業が少ないイメージがある」
「給料が高いイメージがある」「働く時間が少ないイメージがある」
「他の方がみんな取得しているから(バンドワゴン効果)」と
されています。

では、フォルスクラブに医療事務資格取得のための
コンテンツが出来たとしたら、
フォルスクラブにどんな風に収録されるのでしょうか?
まず最初に確認しないといけない点は、
医療事務は大別すると6つに分けられる点です。
要点だけ抜粋しますが、①病院で、②歯医者で、③薬局で、
④介護で、⑤秘書として、⑥データ分析官として、
の6つに分類できます。
それぞれ求められる能力が異なるため、
その医療機関に適した資格があると便利です。
実は、医療事務は国家資格ではありませんので採用の際、
必ずしもその資格は必要ではありません。
一般的な医療事務の資格を持つ新卒よりも、
介護事務で20年事務職として働いていた方のほうが
採用されやすいかもしれません。
ただし民間資格と言えど、その専門の資格がないと、
門前払いされやすいのも事実です。
フォルスクラブに医療事務資格取得のための
コンテンツを搭載させる場合、
どの種類の医療事務を選ぶかが重要になります。

日本で取得可能な医療事務の種類は、
全部で35種類あるとされています。
そしてその需要(採用率)もまちまちで、
最も「あると便利」な資格は
【医科 医療事務管理士(R)技能認定試験】です。
Rのマークがある通り、特許が取得されています。
最も基本となる医療事務の資格であり、
これを取得することでレセプト業務(診療報酬請求事務業務)全般を、
ある程度できることをアピール出来ます。
フォルスクラブに収録するなら、まずはこの資格からだと言えます。

もちろん、【調剤報酬請求事務専門士検定試験】
【診療報酬請求事務能力検定】【医療事務技能審査試験】も
需要の高い資格で、
これらをフォルスクラブで勉強できれば便利と言えるでしょう。
そして、「出産経験があって、子供が自立している」方が
採用されやすい傾向があります。
少なくとも、子供が高校生以上の方が好ましいかもしれません。
医療事務は「働く時間が少ないイメージ」があると言われていますが、
実際はそんなことは全然なく、普通のオフィスでの仕事と同様に、
残業があり、かつ「子供が熱を出したので休ませてください」が
あまり認められていない職場となります。
フォルスクラブは高校生向けに良い教材なので、
子供が高校生になったら、
親御さん自身もフォルスクラブで医療事務の資格を取って、
医療機関で働くのも良いかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です