ネズミ講以外はフォルスクラブの知識を生かせるあつ森

全世界で話題のゲームとフォルスクラブ

現在日本のみならず世界中で大人気のゲームと言えば、あつまれどうぶつの森です。
アメリカ・ヨーロッパ・中国など世界中で爆発的な人気を誇っており、短期間で1,000万本以上も売り上げました。
ステイホームの影響から家にいながら友達と一緒に遊べる点も話題になっていて、今年最大のヒット作と言っても過言ではありません。
家にいながら友達と遊べる点は、自宅で学習できるフォルスクラブと共通していると言えるでしょう。
そんなフォルスクラブとも共通点のあるあつ森の中では、動物たちと一緒に無人島を開拓しながらスローライフを楽しめます。
自粛で疲れた心を癒やしてくれると話題なので、自宅ですることがないならフォルスクラブで勉強しつつ、あつ森でリフレッシュするのがおすすめです。

フォルスクラブで身につけた知識を使いあつ森でネズミ講はできるか?

あつ森では無人島に移住するために、主人公は半ば強制的にローンを組まされます。
その後も家の増築や新しい施設の建築を進めるためにベルと呼ばれるお金、離島に行くためにマイルと呼ばれるポイントが必要になり、スローライフを謳いながらもなかなか世知辛いです。
極めつけはカブを売って一儲けできるシステムもあり、うまくいけば莫大なローンも一気に返済可能です。
あつ森のゲーム内ではリアルな経済システムが組み込まれているので、うまくやればフォルスクラブで身につけた知識を使い、動物相手にネズミ講をしてベルを稼げるかもしれません。

フォルスクラブの知識を持ってしてもあつ森でネズミ講はできない

しかしリアルな経済システムが組み込まれていると言っても、あつ森の中でネズミ講は一切できません。
できるのは虫取りや魚釣り、フルーツ狩りなど楽しく安全な遊びばかりなので、住民の動物相手にネズミ講はできないシステムとなっています。
そもそも信用取引のシステムは組み込まれていないので、残念ながらあつ森でネズミ講を試すのは諦めましょう。

ネズミ講はできなくてもフォルスクラブの知識を生かせるあつ森

ネズミ講ができないとフォルスクラブの知識はあつ森では役立たないと思われがちですが、そんなことは一切ありません。
あつ森は全世界で人気を集めているゲームなので、プレイヤーには外国人も多数います。
たとえばSNSであつ森について検索してみると、外国人プレイヤーが開拓した島の画像や動画が多数見つかります。
レシピの交換や価格が高い島にカブを売りに行ったりと、ソーシャルな要素はたくさんあるので外国人プレイヤーとコミュニケーションが取れると何かと便利です。
ですからフォルスクラブで英語を学習しておけば、外国人プレイヤーとも仲良くなれる可能性があります。
ネズミ講の知識は全く役立ちませんが、フォルスクラブで身につけた英語の知識は存分に生かすことができるので、あつ森を始めるならフォルスクラブで英語を学んでおくと良いでしょう。

フォルスクラブを作る会社は意外にも非上場企業

◆フォルスクラブを作ってる会社は上場していない

優れた学習システムであるフォルスクラブを作っている会社は、上場しているに違いないと思っている人もいるかも知れませんが、実はこれは意外にも非上場企業だったりしています。
会社を立ち上げれば株式市場に上場しなければ行けないという決まりはありませんから、おかしなことではないのですが、フォルスクラブの質の高さを考えれば、やはり意外に感じてしまうのも無理はありません。
また、フォルスクラブのような優れたサービスを提供する会社があれば、そのような会社に投資をしたいと思うものですから、上場をしていないというのは投資をしたいと考えている人には残念なことです。

◆上場をしない理由はいくつもある

それではなぜフォルスクラブを作る会社が上場をしないのかということですが、これにはいくつかの理由が考えられます。
もちろん、理由というのは一つだけではなく複合的な要因が絡まり合って結論を出すものですから、はっきりとした答えがでるものではありません。
また今現在は上場をしない理由がいくつもあったとしても、将来的に課題をクリアしたり、会社の状況が変わったときには違う道も見えてきますから、今がそうだからとこれからも同じ状況が続くとは思わないようにする必要があります。
このような、注意点を踏まえた上で上場をしないいくつかの理由を考えてみましょう。

◆上場をするメリットが少ない

フォルスクラブを作る会社が上場しない大きな理由として考えるのは、メリットが少ないからというものがあります。
上場をするメリットは資金繰りがしやすくなったり、社会的な信用が得られるというものがあるのですが、それらを特に必要としていなければメリットは少なくなります。
お金に困っていなかったり、資金繰りが困っていないのであれば、わざわざ手間をかけて上場をする意味がなくなりますし、信用を得るにしても方法はいくらでもあります。
不要不急のものにリソースを割いて、本業が疎かになるようなことがあれば、それこそ本末転倒ですから、フォルスクラブを作る会社は現状は今のやり方が一番いいと考えているのかも知れません。

◆条件を満たしていないのでしたくてもできない

上場をするためには一定の基準があり、それらを満たしていなければしたくてもできません。
フォルスクラブ自体がどれほど優れたサービスであっても、フォルスクラブを作っている会社がどれだけ魅力的であったとしても、条件を満たさなければ始まらないのです。
この条件というのは非常に厳しいものであり、フォルスクラブを作る会社であっても簡単に満たすことはできません。
それだけに自然と条件を満たすことができるまでは、無理をせずにフォルスクラブのサービスの質を上げていくというのが、会社として賢明な判断だと言うことができます。
現状は無理でも実直なビジネスをしているだけに、近い将来に上場をする日が来る日もそう遠くない未来の話かも知れません。

フォルスクラブと消費者センターのサービスを比較

消費者センターの役割とはどんなものか

フォルスクラブをプレイしている方の中には、消費者センターの存在は知っているが実際に利用したことは一度もない、という方は意外と多くいるのではないでしょうか。普段のお買い物やサービス利用などでトラブルがなければ、消費者センターに相談をする機会もないものです。困ったことが起きた時に味方になってくれる施設だというイメージがありますが、実際のところどういった役割を担っているのでしょうか。消費者センターは消費者の苦情や相談などを受け付けいるほか、情報提供や啓発活動なども実施しています。基本的には、消費者のサポートを行っている施設であり、交渉そのものを代行してくれるわけではありません。必ず自分の味方になってくれる相手に相談したい、という場合にはフォルスクラブのサポートサービスのほうが適していそうです。

フォルスクラブのサポートサービスが手厚い

フォルスクラブのサポートサービスに相談をすると、弁護士や税理士といった専門家につないでもらうことができます。悩み事や相談内容に合わせて、最適な専門家を紹介してくれるのです。交渉を確実に有利に進めたい、頼れる相手がほしいという場合には、消費者センターよりフォルスクラブのサポートサービスのほうが安心だといえます。普段からフォルスクラブを利用している人なら、気兼ねなくサポートサービスを利用することができるでしょう。馴染みがないため消費者センターに電話をかけにくい、そんな場合にもフォルスクラブなら気軽に活用することができます。

消費者センターに相談する際にかかる費用

消費者センターは消費者が気軽に相談できるよう、ホットラインを開設しています。利用料金などはなく、基本的には無料で相談することができますが、電話の通話料金がかかります。また一部の電話については、ホットラインを利用することはできません。フォルスクラブのサポートサービスを利用するためには会員になる必要がありますので、ある程度の費用がかかる形となります。しかしフォルスクラブの利用料金はリーズナブルですから、さほど経済的な負担にはならないでしょう。会員になれば、サポートが利用できるだけでなく、その他にも様々なコンテンツを活用できるようになります。幅広いコンテンツと充実したサポートを提供しているフォルスクラブは、費用対効果の良いサービスだといえそうです。

契約や買い物に関するトラブルが生じたら消費者センターかフォルスクラブに相談

買い物や契約などについてトラブルが生じてしまった、そんな場合には信頼できる相手に相談をすることが大切です。知識がないまま一人で対応してしまうと、トラブルがより大きくなってしまう可能性もあるでしょう。消費者センターのホットラインや、フォルスクラブのサポートサービスなら、気軽に利用することができます。困ったことが生じたら、一人で悩むことなくプロに話を聞いてもらうのが一番だといえるでしょう。