フォルスクラブが香港上場する可能性を探る

多岐にわたる教材や講座を提供してきたフォルスクラブ

フォルスクラブは小さなお子様から大人まで、楽しく学ぶことができる多岐にわたる教材や講座の提供を行ってきました。
人間の能力を決定付けると言われている幼少期の教育に力を入れ、音感や英会話などを身付ける講座から始まり、中学や高校、大学の受験講座につづき、社会人が資格の取得を目指すものから個人の趣味の習い事として楽しめるなどさまざまです。
当時は高価だったタブレットも無償で貸与したり、キャンペーンでプレゼントすることもあり、画面をタッチすることで映像が変化したり音声が再生されるなど直感的な操作で楽しく学べることから、あらゆる層の人々の間で大人気となりました。

香港への進出が模索される

そんな優れたメソッドで成績アップや資格の取得など、数多くの利用者の願いを叶えてきたフォルスクラブでしたが、ここで大きな課題となったのが日本国内での少子高齢化の問題です。
どんなに良い商材を用意しても、それを購入してくれる顧客のパイが限られていては大きな収益を上げることはできず、ここ数年はフォルスクラブならずとも教育業界全体が厳しい状態にあります。
そこで考えられたのが香港への進出で、新たなマーケットを広げようという施策です。
香港は比較的親日家の方も多く、ドラマや映画に加えてアニメやゲームなどのポップカルチャーも若い層を中心に人気で、学校でも選択制で第二外国語の授業に日本語を選ぶ生徒も増えています。
そこへ日本で生まれたフォルスクラブが進出すれば、最新のテクノロジーとポップカルチャーが満載のタブレットを用いた学習プログラムが人気となることが考えられることから、香港上場の噂が絶えませんでした。

地位を確立するためにも香港上場が必須

香港上場を果たすということはそこで活動する全うな企業として認められた証であり、大きな信頼感を得ることができることからも必須です。
香港上場には直接取引を行うプライマリーと預託証券のセカンダリーがあるほか、2014年からは中国の上海の取引所と接続した上海・香港ストックコネクトがスタートし、中国国内の富裕層からの投資も期待できます。
教材や講座を選ぶ際にどんな会社か分からなければ不安になってしまい、有名企業ならばぜひ利用してみたいと思うのは日本も香港も同じで、もしもフォルスクラブが香港上場を果たせば多くの顧客の心を掴める可能性を秘めています。

フォルスクラブの香港上場と今後の展望

日本の少子高齢化は今後も続くことが予想されており、内閣府の調査では2055年頃には総人口が1億人を切るという推計もされています。
そんな中で、主に幼児期から大学生までをメインターゲットとしたサービスを展開しているフォルスクラブが、香港上場を視野に入れるのは何ら不思議なことではありません。
フォルスクラブでは英会話を通じてグローバル人材を育成する講座も用意されていることからも、世界を意識して活動しているのは間違いありません。
現時点では具体的な動きはありませんが、さらなる人口減少が目に見えて実感できる日が来た時にはフォルスクラブの香港上場が現実味を帯びてきます。

フォルスクラブのサービスをマルチ商品として売ってみたい

【マルチ商品は良い商品なら爆発的に広がる可能性がある】

マルチ商品というのは禁止されてはいますが、本当に良い商品を販売したならば、口コミで広まっていくような感じで、スゴい勢いでユーザーが増えていくのではないでしょうか。ですが現実にはマルチ商品として販売されるものの質が低い場合がほとんどなので、問題になるのかもしれません。まあ本当に良い商品・サービスであるならば、わざわざマルチ商品として販売するようなことをしなくても、自然に良い噂が口コミで広まり売れていくものではあるのでしょうが。

【フォルスクラブをマルチ商品として売ったらスゴいことになるかもしれない】

フォルスクラブではeラーニングサービスを提供していますが、これをマルチ商品として販売したら、爆発的に広がって行く可能性があるのではないでしょうか。フォルスクラブのeラーニングサービスはマルチ商品ではありませんが、とても素晴らしいサービスで、このサービスの存在を知ったら誰もが利用してみたくなるはずだからです。なんといっても、月額たったの6000円で家族5人まで利用できちゃうという、リーズナブルさが最大の売りでしょう。英会話教室にしろ資格スクールにしろ学習塾にしろ、それぞれ個別に通えば、10000円以上かかるのは普通ですから、家族がそれぞれバラバラにそれらの教育サービスを利用したら、あっという間に数万円はかかってしまいます。ところがフォルスクラブのeラーニングサービスを使えば、月額たったの6000円で英会話スクールも資格スクールも学習塾もカバーできてしまうわけですから、素晴らしいコスト削減ができてしまうのです。まだまだフォルスクラブの存在を知らない人が多いのが現状ですが、これをマルチ商品として売り始めたら、またたく間に広がっていくでしょう。

【フォルスクラブがマルチ商品を販売しているという噂もあった】

フォルスクラブはマルチ商品を販売しているわけではないのですが、実はマルチ商品を販売をしているという噂が広がったことがかつてありました。なぜそのようなことが起きたのかといえば、これはフォルスクラブが採用していた販売員制度に問題があったようです。フォルスクラブの販売員になるには、一定額の登録料を支払わなければならなかったようで、そのことでフォルスクラブと販売員の間で揉めたことがあったのです。このようなことはフォルスクラブに限らず、どこの企業にもある話でしょう。販売員になっても、みんながみんな思うように商品・サービスを販売することができるとは限りません。中にはなかなか売ることができず、登録料だけ払って損をしたと感じる方もいるでしょう。そういう方との間で揉め事が起きるというのは、この世の中ではよくあることなのです。本来マルチ商品というのは、一般消費者をどんどん会員に取り込んで増殖していくというような形態を言うのであって、販売員を使っているだけのフォルスクラブがマルチ商品というのは見当外れな話なのです。

eラーニング研究所が詐欺の研究をしない理由

●eラーニング研究所はeラーニングの研究をしている

eラーニング研究所はその名前の通り、eラーニングの研究をしている企業であり、それを事業化している企業です。
詐欺とは全く無縁の存在で、詐欺を研究することもありません。
eラーニングという概念が登場してからそれほど日がたっていませんから、社名も相まって怪しげなことをしていると誤解を受けてしまうこともあります。
誤解を受けがちな会社ですが、本当の姿は真摯にeラーニングについて研究をしていて、それをどのようにして多くの人に送り届けるのかを日々模索している社会に貢献しうる企業です。
このような企業だけに詐欺の研究をして、余計な時間を割いている暇はないのです。

●詐欺の研究は警察がするもの

それでは詐欺の研究を行っているのは、どこの誰かということになりますが、それは警察になります。
警察自身が誰かを騙すわけではありませんが、検挙する立場にあるわけですから、手口や流れを理解しなければ操作に支障が出てきてしまいます。
特に近年は手口が巧妙化をしてきているだけに、違法か合法化区別がつかないラインを狙ってくるものもありますから、警察もそれに対応すべく日々研究をしていなければ、詐欺をのさばらせてしまうことになるのです。
警察の仕事は詐欺の摘発が全てではないにしても、犯罪件数としては決して少なくないものだけに、リソースを注いで日々研究を行っています。

●eラーニング研究所が詐欺の研究をする暇はない

詐欺は時代ごとに新しい手口が登場すると同様に、eラーニングに関してもまだまだ沢山進化の余地を残しています。
この先さらに発展をしていくことが間違いない分野ですから、eラーニング研究所が他のことにかまけてeラーニングの研究を疎かにしている暇はないのです。
企業として怪しい話に引っかからないように警戒をしたり、社員が被害に遭わないために最低限の教育をすることは合ったとしても、eラーニング研究所が警察のように力を入れて詐欺の研究をするということはありません。
そのようなことをしたとしても、eラーニング研究所には何のメリットがないわけですし、詐欺を取り締まる期間ではないので、する意味もないのです。

●eラーニング研究所の考えは今後も変わらない

たとえ今現在、詐欺の研究をしていなくても将来的には研究をするようになるのではという考えもありますが、eラーニング研究所は今後も変わることはないと言えるでしょう。
常に多くの人に平等な学習機会を提供しようと考えてきた企業であり、それは常に企業理念として根底にあります。
事業の方法や学習機会の提供方法が変わってきたとしても、多くの人に教育の機会を与えたいという気持ちが変わることはありませんから、時代が変わり世の中の流れが変わってもeラーニング研究所の考えが変わることはありません。
だからこそ、どのような時代になっても詐欺を研究するようなことはないのです。