「吉田智雄」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブの代表者である吉田智雄氏について

【吉田智雄氏のプロフィール】

吉田智雄氏はどのような人物なのでしょうか?
フォルスクラブの現代表者ということは分かりますが、
それ以外のプロフィールが軒並みアンノウン。
年齢・出身地・家族構成・趣味・既往歴・利用しているSNSなど、
分からないことだらけです。

しかし社長ということもあり、
吉田智雄氏の活動履歴はある程度ネット上でまとまっていました。
それによると、吉田智雄氏の学歴・職歴は以下の通りです。

1986年(昭和61年) 大阪商業大学 経済学部 卒業
同年         トヨタカローラ株式会社 入社
1994年(平成6年)  情報通信関連の代理店  独立
1997年(平成9年)  ディプロデータサービス株式会社 設立
2002年(平成14年) フォルスクラブを手掛ける会社  設立

そのサイトによると、吉田智雄氏が発行した本にて、
これらの情報が書かれていたそうです。
ちなみにトヨタカローラの入社難易度は10段階中4です。
(トヨタは10です)
しかしそれ以外の情報は本当に何も分かりません。
仮に吉田智雄氏が留年も浪人もしていなければ、
現在の年齢は52歳くらいの筈です。
また、名前および写真から、男性と思われます。
流石に整形はしていない筈です。
公式サイトに載っているのが何年前の写真か分かりませんが、
ほうれい線がちょっと見えつつあります。
52歳相当の顔つきとも言えそうです。

転職会議に登録すれば、「社長の魅力」の欄から、
吉田智雄氏についてある程度分かるかもしれません。
しかし、そうした情報は客観性に欠けるものなので、
参考にしていいか少し悩みます。
ツイッターやフェイスブックやインスタグラムもやっておらず、
同姓同名の吉田智雄氏が何人か見つかるだけで終わります。
吉田智雄氏の個人情報を調べるのは、
一筋縄ではいかない感じです。

 

 

【フォルスクラブの歴史】

フォルスクラブについても見てみましょう。
吉田智雄氏が2002年に設立した企業で、
同時期にフォルスクラブをリリースしました。
ただし最初期のフォルスクラブは今と全く違うものでした。
非オンラインであり、小学生・中学生向けのeラーニングとして、
CD-ROMを郵送していたのです。
郵送なので、今のフォルスクラブのような
月額制のサービスでは無かったかもしれませんね。
そして翌年には幼児向けのコースもCD-ROMで提供開始。
オンライン型のフォルスクラブが誕生したのは2007年になります。
以後、およそ1年おきのペースで何かしらの
追加コンテンツをフォルスクラブに追加していきました。
また、吉田智雄氏はフォルスクラブ以外の教材も手掛け、
色々な角度からアプローチしていきました。

 

 

【吉田智雄氏がフォルスクラブにかける想い】

吉田智雄氏はどのような想いで、
1994年に独立したのでしょうか。
その時の年齢はおよそ30歳であり、
なかなかの冒険気質と言えるかもしれません。
そもそも、独立や起業を実行に移す方々は
すべからく冒険野郎です。
安定を求めている平社員では決して真似できないでしょう。
何か吉田智雄氏の人生を決めるターニングポイントが
その辺りにあったのかもしれませんが、
残念ながら私は吉田智雄氏ではないので、
ソレについては何一つ分かりません。
フォルスクラブの公式サイトでは
「2000年代になって企業がリストラを進めた~~」とあり、
経済格差と教育格差について吉田智雄氏が色々と言っていますが、
吉田智雄氏がフォルスクラブを手掛ける企業を
設立したのは2002年と、まだ2000年代が始まったばかりです。
それとも吉田智雄氏には未来視的な何かを
保持しているということでしょうか?
優れた経営者ともなれば、
数年先の経済状況を予測することは容易いのかもしれませんね。

独立・起業の想いは不明ですが、
吉田智雄氏がフォルスクラブにかけている想いは普通に分かり、
とても共感できる内容となっています。
フォルスクラブは安さが特徴であり、
貧困層でも満足に勉強することを可能にします。
吉田智雄氏は子供たちの未来を守るために、
安価で何人でも勉強できるシステムの構築に動いたと言えます。

 

 

【まとめ】

人間ひとりに歴史を調べるのは非常に難しいです。
アイドルだと追っかけファンが
出身高校から得意教科まで調べ上げますが、
ただの一社長に熱狂的なファンが付くことは稀です。
安倍晋三くらい有名になれば「今日の安倍のお昼御飯」
というコーナーが設立されるかもしれませんが、
まだ吉田智雄氏はそこまでの領域には至っていません。
フォルスクラブの沿革のように、
誰か吉田智雄氏の歴史をまとめてくれないものでしょうか?