「株」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブで株の買い方を学べる?

日本では株式投資の勉強ができる学校はあるの?

日本では学校で株の買い方を学べません。なぜそうなっているのかはわかりませんが、とにかく小学校・中学校までの義務教育では習いません。それどころか、高校でも株の買い方なんて学びませんでしたよね。大学ではどうかというと、大学生では株式投資をやっている人がいます。それでは大学で勉強しているのかというと、どうやら独学で調べてやっているようでした。大学にはさまざまな学部があるので、中には株式投資のゼミをやっている学部もあるそうです。大学は自由度が高く、その気になれば結構なんでも勉強できるようですね。でも、その人数はというと、少数派となるでしょう。

フォルスクラブでは現在「株の買い方講座」はない!

これから、物価が上昇していく時代になるという予想があります。物価が上昇していくのに、定期預金の金利はとても低い状態です。つまり、定期預金をしていてもお金が増えるどころか、相対的には減っていくことになります。これからの時代、投資でお金を増やすことが大切になるわけですね。それなのに、義務教育はもちろん、高校でも基本的に投資の勉強はしません。そこで、フォルスクラブに期待があつまるわけです。ところが、残念ながらフォルスクラブでは現在「株の買い方講座」はないようです。

フォルスクラブが日本を救うのか?

もしもフォルスクラブで株式投資の講座ができて、株式投資で成功する人が増えたら、フォルスクラブが日本を救うことになるかもしれません。日本の財政はいつか破綻すると言われており、若い世代は将来年金がもらえるかどうかも不安です。私たちは年金を払っているのに、積み立てられているのではなく、そのお金がそのまま高齢者の年金に使われているそうです。ということは、私たちが高齢者になったときに、若い世代の人が年金を払ってくれなければ、年金はもらえないということになります。少子高齢化が進む中、これは深刻な問題です。フォルスクラブが株の買い方講座をひらき、投資でお金を増やすことが必要です。

株式投資でどのくらいお金を増やせる?

問題は、株式投資でどのくらいお金を増やせるかです。10万円を1億円に増やせたという人もいるので、勝ち続けたらどこまでもお金を増やせます。ところが、逆に大金を失ってしまうこともあります。リーマンショックの時には月に数千万円の損失を出したという人もたくさんいたそうです。リーマンショックのような世界的恐慌がまた起きると言われているので、リスクもそれなりに高いです。生活するためのお金は必ず残しておくようにしましょう。FXや先物取引、仮想通貨など他の投資にも資産を分散させておくと、リスクを減らせます。株式投資で100万円負けても、FXで200万円買ったらトータルでは資産をふやせています。学校では勉強しないことなので、フォルスクラブにはぜひ初心者向けの講座をやってほしいですね。

フォルスクラブの株に関する基礎知識

フォルスクラブとは何か
通信教育に関する会社で、主に幼児教育や小中学生の教育を手がけている会社になります。現在は、昔に比べるとインターネット網が発達したことにより、自宅で気軽に通信教育を受けることができるようになっています。また、通信教育の仕組み自体も簡略化されておりそこにかかる経費は少なくなっています。結果的に、フォルスクラブで学習教材を購入し通信教育を受けてもそれほど大きな負担にはならない点に大きなメリットがあると言えるでしょう。


フォルスクラブの株はどのようになっているか
フォルフクラブは、株式会社になりますのでフォルスクラブ独自の株を発行しているのがポイントになります。当然これを所有することもできます。フォルスクラブでは、株式の運用方法は学ぶことができないだけでなく、蕪の栽培方法も学ぶことができませんので、別のところで学んでから株取引に参加するのが良いでしょう。


フォルスクラブの株取引は安全か
フォルスクラブの株を所有している場合には、2つの目的があるはずです。多くの場合は、株式を所有することで、お金を増やそうとしています。結果的に、お金を増やすことができれば言う事はないでしょう。ところが実際には、フォルスクラブに限らず、やみくもにトレードしていてもそう簡単にうまくいくものではありません。実際に、株でもうける人は心理的に安定している人や少しの損失でもあまり気なしない人がよいです。また、一時的に設けることができても、長期的に設けるとなるとかなりの勉強が必要になるところですので、十分な勉強をしておくことが重要になります。
株式を所有しているとフォルスクラブが上場した時にかなり金額が上がることが予想されますので、メリットが大きいといえますが、実際に上場するかどうかは明確にはなりません。実際に日本にある会社は100万を超えていますが、その中で上場している会社は3500社程度になっていることがわかります。確率としては、0.3パーセントほどになりますのでそれなりに厳しいことが理解できるでしょう。
アメリカなどを見てみると、株に投資をすることで値段があがった時に売却をしてもうけるようにしている人が多いです。これは、アメリカ人が日本のように金融機関に対して信頼していないことが理由とされています。金融機関も途中でつぶれる可能性があるため、それならば株式投資をしても考えている傾向があるわけです。日本の場合はまったく条件が異なりますので、じっくりと下調べをしたうえでフォルスクラブの株式を購入するべきです。


株主優待をどのように期待したらよいか
株式を持つもう一つの目的として、優待があります。例えば、飲食店の場合は無料で飲食できるチケットをもらったりすることで、かなりお得になるでしょう。フォルスクラブの場合は教育に関する事業になりますので、チケットをもらうとしても教育費の一部を免除してくれるような種類になるかもしれません。そのことをよく見極めて、購入してみましょう。