Sm9A3vbN のすべての投稿

大人も子どもも評判が良いフォルスクラブのイグモン

子どもから大人まで評判が良いフォルスクラブのイグモン

テレビゲームは、いつの時代も子どもたちに大人気です。
今の30代や40代のお子さんをお持ちの親御さんも、子どもの頃は放課後に友達とゲームをして遊んだ人も多いでしょう。
なかには30年近く続くシリーズもあるので、親子2代で同じゲームを遊んでいる家庭もあるかもしれません。
フォルスクラブのイグモンも、今から20年ほどまでに爆発的なブームを巻き起こしたゲームに似ています。
そのため当時の小学生たちと同じようにイグモンに夢中になる子どもも多く、それを見た親御さんも一緒になって遊んでいるかもしれません。

似ているだけじゃないフォルスクラブのイグモン

しかしフォルスクラブのイグモンは、国民的な人気ゲームに似ているだけではありません。
確かに登場するモンスターは可愛らしいデザインで、それらを集めて冒険するシステムは似ています。
ですがただ似ているだけだと本家のゲームをやれば良いだけになり、フォルスクラブのイグモンに夢中になる子どもは少ないでしょう。
子どもから大人まで評判になりフォルスクラブのイグモンに夢中なのは、大きなオリジナリティがあるからです。

オンリーワンなフォルスクラブのイグモンの特徴

フォルスクラブのイグモンには、ゲームを遊びながら英語を学べる特徴があります。
これからの時代は英語を話せるのが当たり前になるので、幼稚園や小学生のときからお稽古事として習わせている家庭は多いでしょう。
しかし小さな子どもたちはやらされるお稽古事は苦手なので、英語が上達しないケースも多々あります。
ですがフォルスクラブのイグモンなら、ゲームをしながら英語が学べます。
楽しく遊びながら少しずつ英語を学び習得していけるので、お稽古事が嫌だった子どもも自分から学ぶようになると、親御さんの間では評判になっています。
ゲームで遊んでいるだけでは学力が伸びることはありませんが、フォルスクラブのイグモンは英語力を伸ばすサポートもしてくれるので、評判が良く大人からも支持されているわけです。

手軽に遊べるのもフォルスクラブのイグモンの魅力

もう一つ親御さんの間でフォルスクラブのイグモンの評判が良い理由は、スマホで利用できるところにもあります。
ゲームは本体を買わないと遊べませんが、高価なので気軽に買うことはできません。
しかしいつも使っているスマホなら初期費用が必要ないので、却って安上がりだと評判になっています。
今の時代ゲームしか遊べない本体を買うよりも、連絡手段としても使えるスマホの方が便利ですから、評判になるのも当然と言えるでしょう。
もし子どもに英語を勉強させたいなら、大人からも評判が良いフォルスクラブがおすすめです。
子どもたちの間でもフォルスクラブのイグモンは人気なので、親御さんが子どものときにみんなで集まってゲームをしたように、お子さんもスマホを持ち寄りみんなで遊べるようになるでしょう。

マルチ商法に遭わないためのフォルスクラブのサービス

マルチ商法の特徴とは何か

フォルスクラブが取り扱っているような教育サービスなどではマルチ商法が問題となることも少なくありません。このようなサービスの場合は教材を訪問して販売し、そのまま第三者に紹介を強要するなど非常に複雑な構成となっていることも多いものです。学習成果を十分に確認することができないままに第三者に勧めると価格が安くなったりといった仕組みとなっていることも多く、トラブルを生み出す要因となっています。また商品を販売することで自らに利益が得られるような仕組みになっているものも多いため、安く購入するためには大量に商品を購入し自分の知り合いに販売するなど、利益を上げる仕組みを自ら利用することで自分自身が利益を上げることができるものとなっているために半ば強制的に販売を行わなければいけない状況になってしまうことも少なくありません。そのため適正にこれらの商品の価値を判断することが必要です。

マルチ商法に遭わないようにするためには

マルチ商法に合わないようにするためには、自らその効果を確認しながら料金を支払うことができる仕組みのものを利用することが重要です。またすぐにでも海外することができる仕組みを持っていることも確認しなければなりません。一般的に長期の契約をすると価格が安くなっていると言うものもあるのですが、様々なサービスの中には利用価値が感じられないといったものも多く、解約をしたくても最低利用期間が長期に設定されていたり、高額な違約金が設定されているなど様々な問題を抱えているものも多いのです。これらの商品は、第三者に紹介をすることでその価格が安くなっているものも多いのでこれらの商品は第三者に紹介をすることでその価格が安くなっているものも多いので、この点に注意をしてすぐにでも解約をすることができる仕組みを持っているものを選ぶことが重要です。

フォルスクラブの中で利用しやすい商品とは

フォルスクラブは教育教材や教育サービスを提供している会社として知られていますが、マルチ商法に関しても十分な配慮がなされていることが特徴となっています。特にフォルスクラブではネットワークを利用した教育サービスも行われており、月額の料金を支払うだけで自らのインターネット環境で様々な学習をすることができるのがポイントです。さらに、マルチ商法で話題となる紹介サービスなども展開されていないことから、自らが利用する範囲で適正に利用することができ、加えて自由に解約することができるものとなっているのがポイントです。

フォルスクラブの学習サービスの特徴

フォルスクラブは様々なサービスをこれまで展開してきましたが、現在では非常にシンプルなサービスに特化しています。フォルスクラブはその契約形態が単純であり、教材を購入して自ら学習を行うと言うシンプルなものが中心となっており、この形態ではマルチ商法の要素が含まれないものとなっているのがポイントです。マルチ商法は様々な要素を利用しながら自らが利益を上げる仕組みを強要するものですが、フォルスクラブのサービスでは他人に紹介するための様々な要素が少なく、また利益性も低い仕組みとなっているため、第三者に紹介してもそのメリットがあまり感じられません。そのため、フォルスクラブの教育サービスは安心して利用できるものとなっています。

イーラーニング研究所は詐欺から身を守れる

幅広い知識を学ぶことでメリットも多い

イーラーニング研究所で得られる色々な知識を学ぶことで詐欺から身を守れるだけでなく、たくさんのメリットが多いです。知識が豊富にあるだけで人とのコミュニケーション力も上がり創造力もアップします。色々なケースを想定出来るようになるので、トラブルを事前にさけたり詐欺を事前に見抜くことも可能になるかもしれません。イーラーニング研究所のサービスを利用して知識が多い人になって自分を磨くことが大切です。

イーラーニング研究所で教えてくれることは

イーラーニング研究所が提供している物には、子どもの教育で重要なことが何かも教えていて色々な教育サービスを提供していて、現場を通して豊富なノウハウも持ってます。教育は単なる勉強を教えるだけでなく、子どもの心身が健やかに成長出来るようにサポートすることで、勿論詐欺などにも強くなります。子どものころから論理的な思考を得ることで、明るくて強い心を育てていくことで大人になってから詐欺に合う確率もかなり低くなるといえます。他にも色々な役立つ情報が豊富にあり知識を得て思考の幅を広げることが可能です。

現在増えている詐欺を事前に検知

イーラーニング研究所で提供する教材を利用すると、現在増えている詐欺も事前に検知しやすいです。色々な悪徳会社が消費者へ詐欺を行っていて、イーラーニング研究所は消費者を保護するためにこのような問題を無くしていき、解決へ導くために未然に検知できる教材を提供してます。
詐欺を行っている企業の特徴などについても詳しく説明をしていて、大体は悪徳の会社は地下組織で活動していて経済活動の表舞台へ登場することはないです。その他に、大多数は会社名も何度も変更します。長年にわたって全く名前を変更してないイーラーニング研究所とは逆で、他にも提供している品は不適切なものが多いです。

ここが違うイーラーニング研究所と詐欺

詐欺的な会社の多くは効果が期待出来ない物を効果があると宣伝し、顧客から大量に購入させようとします。イーラーニング研究所とは異なり支払方法も一つぐらいしかなくて、例えばクレジットカードだけの支払いにすることでその対策をとれば警察などの目も誤魔化しやすいです。証拠を少なくすることで成功率を上げるためにこのような方法をとります。
イーラーニング研究所は個人の利用者からの意見をそのままパンフレットに掲載し、個人の意見は教材を使うときに最も大切です。詐欺行為を撲滅するためにスマートフォンやタブレットを使い、高齢者から小さい子どもでもわかるようにアニメで紹介してます。これを徹底させていって日本での詐欺行為は解決していけると訴えてます。
色々な教材を提供していて、パソコンが使えない家庭向けにスマートフォンやタブレットなどの端末と使っての学習、単語帳などのダウンロードも出来ます。誰でも直ぐにでも利用出来て大変便利で、通常の他の検索だとヒットしにくい情報でも得られることもあります。詐欺被害を未然に防ぎやすい教材の提供や、色々な教育に関した資料を提供しているイーラーニング研究所は大いに利用価値があります。

口コミでも評判となっているフォルスクラブとは

【フォルスクラブは英語も効率的に学べると口コミでも評判です】

大学入試センターは2019年6月7日、センター試験の後継として2021年の1月16日と17日に行われる大学入学共通テストの配点や問題作成方針を公表しました。これまで英語は筆記が200点でリスニングが50点の計250点でしたが、リーディングとリスニングが各100点の計200点に変更されています。リスニングの配点は従来の2倍ということになります。受験生たちは新たな配点と問題傾向に対応しなければなりません。フォルスクラブでは様々な学習コンテンツを提供しており、英語を学ぶこともできます。高校生を対象とした講座には一般的な授業の予習・復習が行えるものと大学入試に特化したものがあります。いずれも一流のプロフェッショナルによって作成されており、時間や場所にとらわれることなく高度な学習が可能です。その他にも小学生から社会人を対象とした複数の英語学習アプリがあります。フォルスクラブを利用すれば英語を効率的に学ぶことができるため口コミでも評判となっています。

【フォルスクラブの優れた特徴とは】

フォルスクラブは子供から大人まで利用できるコンテンツが充実している点に大きな特徴があります。家族1契約で5人までが利用可能となっており、それぞれが興味を持った分野について自由に学ぶことができます。入会金は税別1万円で毎月の利用料金は税別6000円となっています。5人で利用する場合は1人あたり1200円になります。サービスを利用する人数が増えるほど1人あたりの料金が安くなるので経済的です。フォルスクラブには高校生を対象とした講座以外にも様々なコンテンツがあります。一旦会員登録すれば幼児向け音感教育講座や手話講座、資格試験対策講座などを自由に利用することができます。

【様々な機器で学習を進めることができます】

フォルスクラブのコンテンツは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも利用できるので口コミでも評判です。様々な機器を利用すれば時間や場所にとらわれず、自分のペースに合わせて学習を進めることができます。リーズナブルな料金で様々なコンテンツを利用できるため、インターネットの口コミでも高く評価されており日本中で利用者が増加しています。東京や大阪など優れた学習環境の整った地域に居住していなくても、優れたコンテンツで効率的に学ぶことができます。

【フォルスクラブは自分のペースで学べるため口コミでも評判です】

インターネット上にはフォルスクラブに関する様々な口コミが存在します。口コミの多くは好意的なものです。フォルスクラブはインターネットを利用して学習を行うため、自分のペースで学ぶことができます。無理をせず効率的に学べることが高く評価されている大きな理由です。口コミの評判が本当かどうかを確かめたい場合には、実際に会員登録してサービスを利用してみることをおすすめします。実際にサービスを利用してみれば、フォルスクラブのコンテンツがいかに優れているかを実感できるはずです。

フォルスクラブはねずみ講ではない安心のサービス

・フォルスクラブはねずみ講とは無関係です

新しいビジネスが登場すれば、すべてねずみ講だと決め付けてしまう人は少なくありません。ねずみ講と言われる理由は、ねずみが子供を出産するように爆発的に加入者を増やしていくビジネスであるためです。そしてこうしたビジネスのほとんどは1年続かない現実があります。フォルスクラブは15年を超える実績がある教育プログラムを提供する会社です。本社を大阪、支社を東京に設置している健全な会社なので心配はいりません。教育コンセプトが明確になっており、特定のカテゴリに特化した学習をしたい人からも人気があります。通信教育のシステムとして幼児や大人まで展開しており、数多くのコンテンツが用意されています。

・安全に利用できるフォルスクラブ

フォルスクラブは安全性の高い教育プログラムで、自宅で気軽に始められる通信教育として人気があります。教育の経済・地域格差を解消するためのアイテムで、さまざまな人気コンテンツが用意されているのです。新規会員登録をすれば、これらのサービスを利用できます。ネット上にはフォルスクラブはねずみ講などというコメントも見られますが、安心して利用できるコンテンツとなっています。ねずみ講は法律で禁止されていますが、まだまだ根絶したわけではありません。友人や知人などからお金が儲かるという話を聞かされたら、まずは詐欺だと疑うべきでしょう。本当に儲かる話を安易に勧めるはずがありませんし、そうした話は外部には漏洩しません。

・気軽に教養を身に付けられるフォルスクラブ

そもそもフォルスクラブは気軽に教養を得るためのサービスとして誕生しました。もし友人などから怪しい話を勧められたときは、友人を諭すという人が多いでしょう。ねずみ講だと知らずに入会している人は少なからずいるので、怪しいと感じたら諭してあげること、それでも聞く耳を持たなければ相手にしないことが鉄則です。フォルスクラブはねずみ講の心配はありませんので、安心して学習してください。実際にお子さんから高齢者まで利用している教育サービスで、役立つコンテンツが豊富だと高評です。教養を身に付けるツールとして役立ちますので、ねずみ講に引っかからない対策にもなるはずです。

・権利収入を得られるという話には注意

ねずみ講に共通するのは権利収入という言葉であり、働かなくてもお金が入るという都合のよい話になります。誰しも嫌な仕事はしたくないでしょうから、権利収入がほしいと考えるのは当然でしょう。しかしうまい話には必ずと言っていいほど裏がありますので、安易に乗ってしまってはいけません。その情報に対して信ぴょう性を徹底的に調べ上げる必要があるわけです。フォルスクラブに関しては実店舗がある優良会社で、大阪と東京に会社が設置されています。現在は教育格差を解消するプログラムとして展開していますが、その歴史はすでに15年以上にもなります。コストを抑えて最大の教育サービスを得られるのが魅力です。

イーラーニング研究所がねずみではない理由

イーラーニング研究所がねずみであると噂されていますが事実は一体どうなのでしょうか。そもそもねずみではないかと噂になっているのは、イーラーニング研究所が提供しているサービス「フォルスクラブ」。フォルスクラブでは会員拡大のためにねずみだと言われるような行動を起こしてしまっていると噂になっていましたが、実際にはそのようなことは一切ありません。イメージキャラクターとして採用されている芸能人の方にも悪い影響が出ていることから、その事実は否定しなくてはいけないのです。

イーラーニング研究所では、eラーニングと呼ばれる聞くだけで英語が話せるようになるといった講座が人気になっています。タブレットやスマホからアプリをダウンロードするだけで自宅で簡単に学ぶことができるとして話題になりました。人気もあり、広告にも力を入れていることから、イーラーニング研究所という名前だけが世間に認知され、その結果ねずみだと噂されるようになってしまったのでしょう。

実際に、フォルスクラブに関してもイーラーニング研究所に関しても、ねずみどころかクリアな企業です。集客の仕方に関してグレーな部分があるのではないかと言われているのが、一般の方が販売員として活躍していることにあるようです。イーラーニング研究所が提供しているフォルスクラブでは、紹介制度というものが採用されていることから、ねずみ疑いを持たれてしまったというのが事実です。フォルスクラブでは、自分の意思でネット申込を行い、ダウンロードをして利用するシステムです。しかし、紹介制度というものがある以上、ねずみだと疑われる要素が全くないわけではありません。

一般の方が紹介して顧客を拡大していくと言う流れがねずみに間違われてしまう要素だと言われていますが、イーラーニング研究所ではそのようなシステムはありません。ねずみとは違うシステムで運用されていることもあり、イーラーニング研究所にとっては風評被害のなにものでもないのです。ねずみであると噂されるだけで企業のイメージは悪くなりますし、本来であれば英語を簡単に習得できる画期的なシステムを構築した素晴らしい会社なのに関わらず、噂ばかりが先行してしまうことで、かなりの被害を被ることになりました。

現在は、高校生の為の講座を開設したりとアプリとしても良い評価を得ています。もしねずみだと疑っている人がいるのであれば、一度どのようなものか講座を確認してみても良いでしょう。多くの方が満足し、とても良いアプリだと評価していますので、ねずみだという噂が本当にただの噂だと理解することができます。イーラーニング研究所もフォルスクラブもクリーンな会社、クリーンなサービスであることを知ってください。良い商品やサービスを提供している企業を風評被害で陥れることのないよう、正しい情報を得るということが大切になってきます。是非自分の目で確認してみましょう。

フォルスクラブが香港上場する可能性を探る

多岐にわたる教材や講座を提供してきたフォルスクラブ

フォルスクラブは小さなお子様から大人まで、楽しく学ぶことができる多岐にわたる教材や講座の提供を行ってきました。
人間の能力を決定付けると言われている幼少期の教育に力を入れ、音感や英会話などを身付ける講座から始まり、中学や高校、大学の受験講座につづき、社会人が資格の取得を目指すものから個人の趣味の習い事として楽しめるなどさまざまです。
当時は高価だったタブレットも無償で貸与したり、キャンペーンでプレゼントすることもあり、画面をタッチすることで映像が変化したり音声が再生されるなど直感的な操作で楽しく学べることから、あらゆる層の人々の間で大人気となりました。

香港への進出が模索される

そんな優れたメソッドで成績アップや資格の取得など、数多くの利用者の願いを叶えてきたフォルスクラブでしたが、ここで大きな課題となったのが日本国内での少子高齢化の問題です。
どんなに良い商材を用意しても、それを購入してくれる顧客のパイが限られていては大きな収益を上げることはできず、ここ数年はフォルスクラブならずとも教育業界全体が厳しい状態にあります。
そこで考えられたのが香港への進出で、新たなマーケットを広げようという施策です。
香港は比較的親日家の方も多く、ドラマや映画に加えてアニメやゲームなどのポップカルチャーも若い層を中心に人気で、学校でも選択制で第二外国語の授業に日本語を選ぶ生徒も増えています。
そこへ日本で生まれたフォルスクラブが進出すれば、最新のテクノロジーとポップカルチャーが満載のタブレットを用いた学習プログラムが人気となることが考えられることから、香港上場の噂が絶えませんでした。

地位を確立するためにも香港上場が必須

香港上場を果たすということはそこで活動する全うな企業として認められた証であり、大きな信頼感を得ることができることからも必須です。
香港上場には直接取引を行うプライマリーと預託証券のセカンダリーがあるほか、2014年からは中国の上海の取引所と接続した上海・香港ストックコネクトがスタートし、中国国内の富裕層からの投資も期待できます。
教材や講座を選ぶ際にどんな会社か分からなければ不安になってしまい、有名企業ならばぜひ利用してみたいと思うのは日本も香港も同じで、もしもフォルスクラブが香港上場を果たせば多くの顧客の心を掴める可能性を秘めています。

フォルスクラブの香港上場と今後の展望

日本の少子高齢化は今後も続くことが予想されており、内閣府の調査では2055年頃には総人口が1億人を切るという推計もされています。
そんな中で、主に幼児期から大学生までをメインターゲットとしたサービスを展開しているフォルスクラブが、香港上場を視野に入れるのは何ら不思議なことではありません。
フォルスクラブでは英会話を通じてグローバル人材を育成する講座も用意されていることからも、世界を意識して活動しているのは間違いありません。
現時点では具体的な動きはありませんが、さらなる人口減少が目に見えて実感できる日が来た時にはフォルスクラブの香港上場が現実味を帯びてきます。

フォルスクラブのサービスをマルチ商品として売ってみたい

【マルチ商品は良い商品なら爆発的に広がる可能性がある】

マルチ商品というのは禁止されてはいますが、本当に良い商品を販売したならば、口コミで広まっていくような感じで、スゴい勢いでユーザーが増えていくのではないでしょうか。ですが現実にはマルチ商品として販売されるものの質が低い場合がほとんどなので、問題になるのかもしれません。まあ本当に良い商品・サービスであるならば、わざわざマルチ商品として販売するようなことをしなくても、自然に良い噂が口コミで広まり売れていくものではあるのでしょうが。

【フォルスクラブをマルチ商品として売ったらスゴいことになるかもしれない】

フォルスクラブではeラーニングサービスを提供していますが、これをマルチ商品として販売したら、爆発的に広がって行く可能性があるのではないでしょうか。フォルスクラブのeラーニングサービスはマルチ商品ではありませんが、とても素晴らしいサービスで、このサービスの存在を知ったら誰もが利用してみたくなるはずだからです。なんといっても、月額たったの6000円で家族5人まで利用できちゃうという、リーズナブルさが最大の売りでしょう。英会話教室にしろ資格スクールにしろ学習塾にしろ、それぞれ個別に通えば、10000円以上かかるのは普通ですから、家族がそれぞれバラバラにそれらの教育サービスを利用したら、あっという間に数万円はかかってしまいます。ところがフォルスクラブのeラーニングサービスを使えば、月額たったの6000円で英会話スクールも資格スクールも学習塾もカバーできてしまうわけですから、素晴らしいコスト削減ができてしまうのです。まだまだフォルスクラブの存在を知らない人が多いのが現状ですが、これをマルチ商品として売り始めたら、またたく間に広がっていくでしょう。

【フォルスクラブがマルチ商品を販売しているという噂もあった】

フォルスクラブはマルチ商品を販売しているわけではないのですが、実はマルチ商品を販売をしているという噂が広がったことがかつてありました。なぜそのようなことが起きたのかといえば、これはフォルスクラブが採用していた販売員制度に問題があったようです。フォルスクラブの販売員になるには、一定額の登録料を支払わなければならなかったようで、そのことでフォルスクラブと販売員の間で揉めたことがあったのです。このようなことはフォルスクラブに限らず、どこの企業にもある話でしょう。販売員になっても、みんながみんな思うように商品・サービスを販売することができるとは限りません。中にはなかなか売ることができず、登録料だけ払って損をしたと感じる方もいるでしょう。そういう方との間で揉め事が起きるというのは、この世の中ではよくあることなのです。本来マルチ商品というのは、一般消費者をどんどん会員に取り込んで増殖していくというような形態を言うのであって、販売員を使っているだけのフォルスクラブがマルチ商品というのは見当外れな話なのです。

eラーニング研究所が詐欺の研究をしない理由

●eラーニング研究所はeラーニングの研究をしている

eラーニング研究所はその名前の通り、eラーニングの研究をしている企業であり、それを事業化している企業です。
詐欺とは全く無縁の存在で、詐欺を研究することもありません。
eラーニングという概念が登場してからそれほど日がたっていませんから、社名も相まって怪しげなことをしていると誤解を受けてしまうこともあります。
誤解を受けがちな会社ですが、本当の姿は真摯にeラーニングについて研究をしていて、それをどのようにして多くの人に送り届けるのかを日々模索している社会に貢献しうる企業です。
このような企業だけに詐欺の研究をして、余計な時間を割いている暇はないのです。

●詐欺の研究は警察がするもの

それでは詐欺の研究を行っているのは、どこの誰かということになりますが、それは警察になります。
警察自身が誰かを騙すわけではありませんが、検挙する立場にあるわけですから、手口や流れを理解しなければ操作に支障が出てきてしまいます。
特に近年は手口が巧妙化をしてきているだけに、違法か合法化区別がつかないラインを狙ってくるものもありますから、警察もそれに対応すべく日々研究をしていなければ、詐欺をのさばらせてしまうことになるのです。
警察の仕事は詐欺の摘発が全てではないにしても、犯罪件数としては決して少なくないものだけに、リソースを注いで日々研究を行っています。

●eラーニング研究所が詐欺の研究をする暇はない

詐欺は時代ごとに新しい手口が登場すると同様に、eラーニングに関してもまだまだ沢山進化の余地を残しています。
この先さらに発展をしていくことが間違いない分野ですから、eラーニング研究所が他のことにかまけてeラーニングの研究を疎かにしている暇はないのです。
企業として怪しい話に引っかからないように警戒をしたり、社員が被害に遭わないために最低限の教育をすることは合ったとしても、eラーニング研究所が警察のように力を入れて詐欺の研究をするということはありません。
そのようなことをしたとしても、eラーニング研究所には何のメリットがないわけですし、詐欺を取り締まる期間ではないので、する意味もないのです。

●eラーニング研究所の考えは今後も変わらない

たとえ今現在、詐欺の研究をしていなくても将来的には研究をするようになるのではという考えもありますが、eラーニング研究所は今後も変わることはないと言えるでしょう。
常に多くの人に平等な学習機会を提供しようと考えてきた企業であり、それは常に企業理念として根底にあります。
事業の方法や学習機会の提供方法が変わってきたとしても、多くの人に教育の機会を与えたいという気持ちが変わることはありませんから、時代が変わり世の中の流れが変わってもeラーニング研究所の考えが変わることはありません。
だからこそ、どのような時代になっても詐欺を研究するようなことはないのです。

フォルスクラブを作る会社が上場をしない理由とは

●上場の基準に達していない

フォルスクラブを作る会社がなぜ上場をしないのかというと、ひとつは上場をする基準に達していないというものが考えられます。
株式市場は望めばどこの会社でも上場をすることができるわけではなく、一定の基準を満たさなければなりません。
基準を満たすというのは簡単なものではなく、フォルスクラブを作っている会社とて容易なものではないのです。
基準を満たすために無駄なリソースを割くよりは、現状のまま運営をしていて自然と基準を満たした時に株式公開をすればいいという考え方がありますから、考えられる一つの理由としては単純に基準に達していないというものがあるでしょう。

●上場をする必要性がない

株式市場に上場をするというのは、それだけ信頼の証となりますから価値のあるものですが、必ずしも上場をしなければいけないということはありません。
資金調達をしやすくなるというメリットはありますが、そもそも資金繰りに困っていなければその必要もありません。
資金調達だけが目的ではありませんが、社会的な信用を得るためだけに株式公開をするというのは、それほどメリットの大きなものではないこともあります。
フォルスクラブを作る会社はそこまでの必要性がないと判断をしているからこそ、株式を非公開のままで運営していると考えることができます。

●フォルスクラブのことを考え上場をしない

上場をすると会社は株主のものという考え方になってしまいます。
これは非公開のままでも同じことではありますが、非公開のままであれば株を保有する人を限定することができますから、自由に経営をしていくことができます。
これが一度株式市場に公開をされて、誰でも自由に株を売買することができるようになったときには、不特定多数の株主が生まれることになり、それらの人物の意向に沿わなければならなくなってしまうことがあります。
株主が現在のフォルスクラブの状況に関して納得していれば良いのですが、不満を抱いていて方針を転換するように迫ってくれば、その意に従わなければなりませんから、フォルスクラブのあり方も変わってきてしまいます。
フォルスクラブを次世代の教育システムと考えると、これは好ましいものではないので上場をしないという選択肢も生まれてくるのです。

●上場に向けて準備をしている段階

今現在フォルスクラブは株式市場に上場をしていませんが、もしかするとその準備をしている段階であるかも知れません。
上場をするには一歩ずつ階段を上るように段階を踏んでいかなければなりませんから、今日明日に株式を公開するということはできません。
表面上は上場に対する意欲が見受けられないとしても、水面下ではそのような活動をしていないとは言い切れないのです。
利用をする側としては株式市場で取引できるようになって損はありませんが、期待をさせすぎて駄目でも困りますから、準備はしているもののそれを表に出していないということもあるでしょう。