Sm9A3vbN のすべての投稿

フォルスクラブが香港上場する可能性を探る

多岐にわたる教材や講座を提供してきたフォルスクラブ

フォルスクラブは小さなお子様から大人まで、楽しく学ぶことができる多岐にわたる教材や講座の提供を行ってきました。
人間の能力を決定付けると言われている幼少期の教育に力を入れ、音感や英会話などを身付ける講座から始まり、中学や高校、大学の受験講座につづき、社会人が資格の取得を目指すものから個人の趣味の習い事として楽しめるなどさまざまです。
当時は高価だったタブレットも無償で貸与したり、キャンペーンでプレゼントすることもあり、画面をタッチすることで映像が変化したり音声が再生されるなど直感的な操作で楽しく学べることから、あらゆる層の人々の間で大人気となりました。

香港への進出が模索される

そんな優れたメソッドで成績アップや資格の取得など、数多くの利用者の願いを叶えてきたフォルスクラブでしたが、ここで大きな課題となったのが日本国内での少子高齢化の問題です。
どんなに良い商材を用意しても、それを購入してくれる顧客のパイが限られていては大きな収益を上げることはできず、ここ数年はフォルスクラブならずとも教育業界全体が厳しい状態にあります。
そこで考えられたのが香港への進出で、新たなマーケットを広げようという施策です。
香港は比較的親日家の方も多く、ドラマや映画に加えてアニメやゲームなどのポップカルチャーも若い層を中心に人気で、学校でも選択制で第二外国語の授業に日本語を選ぶ生徒も増えています。
そこへ日本で生まれたフォルスクラブが進出すれば、最新のテクノロジーとポップカルチャーが満載のタブレットを用いた学習プログラムが人気となることが考えられることから、香港上場の噂が絶えませんでした。

地位を確立するためにも香港上場が必須

香港上場を果たすということはそこで活動する全うな企業として認められた証であり、大きな信頼感を得ることができることからも必須です。
香港上場には直接取引を行うプライマリーと預託証券のセカンダリーがあるほか、2014年からは中国の上海の取引所と接続した上海・香港ストックコネクトがスタートし、中国国内の富裕層からの投資も期待できます。
教材や講座を選ぶ際にどんな会社か分からなければ不安になってしまい、有名企業ならばぜひ利用してみたいと思うのは日本も香港も同じで、もしもフォルスクラブが香港上場を果たせば多くの顧客の心を掴める可能性を秘めています。

フォルスクラブの香港上場と今後の展望

日本の少子高齢化は今後も続くことが予想されており、内閣府の調査では2055年頃には総人口が1億人を切るという推計もされています。
そんな中で、主に幼児期から大学生までをメインターゲットとしたサービスを展開しているフォルスクラブが、香港上場を視野に入れるのは何ら不思議なことではありません。
フォルスクラブでは英会話を通じてグローバル人材を育成する講座も用意されていることからも、世界を意識して活動しているのは間違いありません。
現時点では具体的な動きはありませんが、さらなる人口減少が目に見えて実感できる日が来た時にはフォルスクラブの香港上場が現実味を帯びてきます。

フォルスクラブのサービスをマルチ商品として売ってみたい

【マルチ商品は良い商品なら爆発的に広がる可能性がある】

マルチ商品というのは禁止されてはいますが、本当に良い商品を販売したならば、口コミで広まっていくような感じで、スゴい勢いでユーザーが増えていくのではないでしょうか。ですが現実にはマルチ商品として販売されるものの質が低い場合がほとんどなので、問題になるのかもしれません。まあ本当に良い商品・サービスであるならば、わざわざマルチ商品として販売するようなことをしなくても、自然に良い噂が口コミで広まり売れていくものではあるのでしょうが。

【フォルスクラブをマルチ商品として売ったらスゴいことになるかもしれない】

フォルスクラブではeラーニングサービスを提供していますが、これをマルチ商品として販売したら、爆発的に広がって行く可能性があるのではないでしょうか。フォルスクラブのeラーニングサービスはマルチ商品ではありませんが、とても素晴らしいサービスで、このサービスの存在を知ったら誰もが利用してみたくなるはずだからです。なんといっても、月額たったの6000円で家族5人まで利用できちゃうという、リーズナブルさが最大の売りでしょう。英会話教室にしろ資格スクールにしろ学習塾にしろ、それぞれ個別に通えば、10000円以上かかるのは普通ですから、家族がそれぞれバラバラにそれらの教育サービスを利用したら、あっという間に数万円はかかってしまいます。ところがフォルスクラブのeラーニングサービスを使えば、月額たったの6000円で英会話スクールも資格スクールも学習塾もカバーできてしまうわけですから、素晴らしいコスト削減ができてしまうのです。まだまだフォルスクラブの存在を知らない人が多いのが現状ですが、これをマルチ商品として売り始めたら、またたく間に広がっていくでしょう。

【フォルスクラブがマルチ商品を販売しているという噂もあった】

フォルスクラブはマルチ商品を販売しているわけではないのですが、実はマルチ商品を販売をしているという噂が広がったことがかつてありました。なぜそのようなことが起きたのかといえば、これはフォルスクラブが採用していた販売員制度に問題があったようです。フォルスクラブの販売員になるには、一定額の登録料を支払わなければならなかったようで、そのことでフォルスクラブと販売員の間で揉めたことがあったのです。このようなことはフォルスクラブに限らず、どこの企業にもある話でしょう。販売員になっても、みんながみんな思うように商品・サービスを販売することができるとは限りません。中にはなかなか売ることができず、登録料だけ払って損をしたと感じる方もいるでしょう。そういう方との間で揉め事が起きるというのは、この世の中ではよくあることなのです。本来マルチ商品というのは、一般消費者をどんどん会員に取り込んで増殖していくというような形態を言うのであって、販売員を使っているだけのフォルスクラブがマルチ商品というのは見当外れな話なのです。

eラーニング研究所が詐欺の研究をしない理由

●eラーニング研究所はeラーニングの研究をしている

eラーニング研究所はその名前の通り、eラーニングの研究をしている企業であり、それを事業化している企業です。
詐欺とは全く無縁の存在で、詐欺を研究することもありません。
eラーニングという概念が登場してからそれほど日がたっていませんから、社名も相まって怪しげなことをしていると誤解を受けてしまうこともあります。
誤解を受けがちな会社ですが、本当の姿は真摯にeラーニングについて研究をしていて、それをどのようにして多くの人に送り届けるのかを日々模索している社会に貢献しうる企業です。
このような企業だけに詐欺の研究をして、余計な時間を割いている暇はないのです。

●詐欺の研究は警察がするもの

それでは詐欺の研究を行っているのは、どこの誰かということになりますが、それは警察になります。
警察自身が誰かを騙すわけではありませんが、検挙する立場にあるわけですから、手口や流れを理解しなければ操作に支障が出てきてしまいます。
特に近年は手口が巧妙化をしてきているだけに、違法か合法化区別がつかないラインを狙ってくるものもありますから、警察もそれに対応すべく日々研究をしていなければ、詐欺をのさばらせてしまうことになるのです。
警察の仕事は詐欺の摘発が全てではないにしても、犯罪件数としては決して少なくないものだけに、リソースを注いで日々研究を行っています。

●eラーニング研究所が詐欺の研究をする暇はない

詐欺は時代ごとに新しい手口が登場すると同様に、eラーニングに関してもまだまだ沢山進化の余地を残しています。
この先さらに発展をしていくことが間違いない分野ですから、eラーニング研究所が他のことにかまけてeラーニングの研究を疎かにしている暇はないのです。
企業として怪しい話に引っかからないように警戒をしたり、社員が被害に遭わないために最低限の教育をすることは合ったとしても、eラーニング研究所が警察のように力を入れて詐欺の研究をするということはありません。
そのようなことをしたとしても、eラーニング研究所には何のメリットがないわけですし、詐欺を取り締まる期間ではないので、する意味もないのです。

●eラーニング研究所の考えは今後も変わらない

たとえ今現在、詐欺の研究をしていなくても将来的には研究をするようになるのではという考えもありますが、eラーニング研究所は今後も変わることはないと言えるでしょう。
常に多くの人に平等な学習機会を提供しようと考えてきた企業であり、それは常に企業理念として根底にあります。
事業の方法や学習機会の提供方法が変わってきたとしても、多くの人に教育の機会を与えたいという気持ちが変わることはありませんから、時代が変わり世の中の流れが変わってもeラーニング研究所の考えが変わることはありません。
だからこそ、どのような時代になっても詐欺を研究するようなことはないのです。

フォルスクラブを作る会社が上場をしない理由とは

●上場の基準に達していない

フォルスクラブを作る会社がなぜ上場をしないのかというと、ひとつは上場をする基準に達していないというものが考えられます。
株式市場は望めばどこの会社でも上場をすることができるわけではなく、一定の基準を満たさなければなりません。
基準を満たすというのは簡単なものではなく、フォルスクラブを作っている会社とて容易なものではないのです。
基準を満たすために無駄なリソースを割くよりは、現状のまま運営をしていて自然と基準を満たした時に株式公開をすればいいという考え方がありますから、考えられる一つの理由としては単純に基準に達していないというものがあるでしょう。

●上場をする必要性がない

株式市場に上場をするというのは、それだけ信頼の証となりますから価値のあるものですが、必ずしも上場をしなければいけないということはありません。
資金調達をしやすくなるというメリットはありますが、そもそも資金繰りに困っていなければその必要もありません。
資金調達だけが目的ではありませんが、社会的な信用を得るためだけに株式公開をするというのは、それほどメリットの大きなものではないこともあります。
フォルスクラブを作る会社はそこまでの必要性がないと判断をしているからこそ、株式を非公開のままで運営していると考えることができます。

●フォルスクラブのことを考え上場をしない

上場をすると会社は株主のものという考え方になってしまいます。
これは非公開のままでも同じことではありますが、非公開のままであれば株を保有する人を限定することができますから、自由に経営をしていくことができます。
これが一度株式市場に公開をされて、誰でも自由に株を売買することができるようになったときには、不特定多数の株主が生まれることになり、それらの人物の意向に沿わなければならなくなってしまうことがあります。
株主が現在のフォルスクラブの状況に関して納得していれば良いのですが、不満を抱いていて方針を転換するように迫ってくれば、その意に従わなければなりませんから、フォルスクラブのあり方も変わってきてしまいます。
フォルスクラブを次世代の教育システムと考えると、これは好ましいものではないので上場をしないという選択肢も生まれてくるのです。

●上場に向けて準備をしている段階

今現在フォルスクラブは株式市場に上場をしていませんが、もしかするとその準備をしている段階であるかも知れません。
上場をするには一歩ずつ階段を上るように段階を踏んでいかなければなりませんから、今日明日に株式を公開するということはできません。
表面上は上場に対する意欲が見受けられないとしても、水面下ではそのような活動をしていないとは言い切れないのです。
利用をする側としては株式市場で取引できるようになって損はありませんが、期待をさせすぎて駄目でも困りますから、準備はしているもののそれを表に出していないということもあるでしょう。

フォルスクラブのタブレットでネズミ対策は可能か

ネズミが嫌がって逃げるという様々な素材

ネズミが屋根裏などにすみ着いてしまうと、衛生面で問題があるだけでなく、騒音トラブルも生じてしまいます。就寝前の暇な時間にフォルスクラブで学習を始めようとしたらネズミが屋根裏で騒ぎ始めてしまい、集中できずに困ってしまった、そんな経験がある方もいるでしょう。もしフォルスクラブのタブレットにネズミ対策となるような素材が使われていたら、こうした問題をすっきり解決できるかもしれません。ネズミは雑食性の生き物ですから、木材など大抵のものはかじって壊してしまいます。しかし特定のニオイを発生する素材は、嫌がって忌避するそうです。たとえば強いニオイがある防虫剤などは、ネズミ対策に役立つといわれています。

ネズミの天敵となる動物のニオイにも忌避効果が

野生で暮らしているネズミにとって、フクロウなどの猛禽類やネコ科の動物は天敵だとされています。このためネズミは猛禽類や猫のニオイがする場所に近づかないという習性を持っているそうです。フォルスクラブのタブレットにそうしたニオイのある素材を使用したら、ネズミ対策になるかもしれません。害獣対策効果のあるタブレットなら、フォルスクラブを使った学習もはかどりやすくなるのではないでしょうか。学習を進めながら生活の快適性を守ることができる、そんな画期的なタブレットがあれば非常に便利です。

フォルスクラブのタブレットにネズミ対策をプラスすると

もし本当にフォルスクラブのタブレットに対しネズミ対策効果をプラスしたら、良い面だけでなく問題点も生じてきそうです。防虫剤の強い匂いがプラスされていたら、タブレットを使う度にその匂いが気になってしまい、集中できないでしょう。猫やフクロウのニオイがするというのも、あまり現実的ではないかもしれません。せっかく空き時間を使ってフォルスクラブに集中するなら、リラックスできる環境を整えたいものです。心地よいニオイなら良いですが、人間にとってもストレスとなるようなニオイを付けてしまうと、あまり良い結果を得ることはできないでしょう。音による害獣対策を取り入れる、という選択肢もあります。しかしタブレットからずっと妙な音が鳴り響いていたら、人間の耳も疲れてしまいますし、集中力を保つことができなくなりそうです。

ネズミが嫌がる素材は人間にも適さない

殺鼠剤などの薬剤は安全性に配慮して製造されているものですが、人間に対して全く害がないというわけではありません。もしも子どもやペットが誤って口にしてしまったら、健康トラブルを起こすリスクがあるのです。忌避剤に使われている成分も人間が直接触れることを想定していませんから、取り扱いの際には注意が必要でしょう。このためフォルスクラブのタブレットでネズミ対策をするのは、やや無理があるといえそうです。害獣対策は専用の薬剤や忌避剤を使用して慎重に行っていく必要があるでしょう。

イーラーニング研究所はマルチ商品じゃないから安心

世の中にたくさんあるマルチ商品

普通に生活していればマルチ商品とは無縁なような気がしてしまいますが、意外と接する機会があるかもしれません。メールをチェックしていたら妙な内容で実は、マルチ商品の宣伝だったりする可能性があります。訪問販売はこのご時世ではなかなか見られませんが、はがきや手紙などで宣伝されるかもしれません。
仲の良い友人が何か怪しいものを紹介して、自分に売りつけようとしてきた経験はありませんか。仲が良い人だけではなく、誰かに紹介されたりして知り合った人に何かを売りつけられそうになった人は決して少なくはないはずです。
こうやって見てみると、どこにマルチ商品があるのかわかりません。いつの間にか自分が被害に遭うことがあるかもしれません。

イーラーニング研究所はマルチ商品ではなかった

あまり有名ではないサービスや会社を聞いても、そこで何か購入したりしようとは思わないでしょう。もしかしたら、マルチ商品を売りつけるのではと疑う人もいるはずです。
イーラーニング研究所も知らない人がまだまだ多いようで、疑っている人はたくさんいます。しかし、全く違うので疑う必要はありません。
テレビなどで大々的にコマーシャルを流していたりしないので、知らない人も多いでしょう。だからと言って、怪しまないで大丈夫です。イーラーニング研究所という名前をよく見てみると、マルチ商品どころか何か学びと関係があることに気が付きませんか。ラーニングと言えば、学びではありませんか。イーラーニング研究所とは、ネットを使って自由に手軽に勉強できるサービスなので安心です。

イーラーニング研究所を活用しませんか

マルチ商品ではないことがわかれば、安心してイーラーニング研究所を利用できます。何か勉強を始めたいと思っていませんか。マルチ商品だと勘違いしていて、これまでイーラーニング研究所を全くチェックしていなかった人もチェックしてみてください。
興味のあるものがあるかもしれません。特に、幼児教育を考えている人にピッタリなアプリがあるので、子供のために入会するのも良いでしょう。

詳しく知ることが誤解を解く一番の方法

イーラーニング研究所は、マルチ商品などと勘違いされることが多いです。噂が噂を呼び、あまり良くないイメージが付いてしまった人もいるでしょう。詳しい内容を知らないから勘違いするのかもしれません。具体的にどのようなサービスを提供しているのかを知れば、全く怪しくないことが一目でわかるでしょう。
スマートフォンやタブレットなどを持っていれば、ネットにつなげる必要はあるもののいつでも楽しく学べます。子供が勉強嫌いだったとしても、勉強を好きになるかもしれません。なかなか口で言っても勉強しない子供を持っているのならば、イーラーニング研究所を使ってみてください。自分がスキルアップするために使うのも良いので、家族みんなで使って楽しみながら勉強を続けてみませんか。

フォルスクラブは香港でも流行る可能性が

■フォルスクラブは便利な学習システム

フォルスクラブは簡単に利用ができて、高品質な学習コンテンツのサービスです。
最近話題となっているイーラーニングと呼ばれるもののひとつであり、話題になるより前からサービスを提供してきただけあって、ノウハウは他社以上のものがあります。
それだけに効率よく学習をしたいと考えている人に最適であり、加えて安価な料金で利用ができるのが大きな魅力となっています。
大人から子供まで誰にとってもためになるコンテンツが用意をされていることから、家族揃って利用ができるのもポイントであり、いつでもどこでも誰でも学力を向上させることができます。

■世界でもフォルスクラブは流行る可能性が

イーラーニングが注目されているのは何も日本だけではありませんから、フォルスクラブは世界で流行り可能性は十分にあります。
特に狙い目なのが、日本の隣の中国であり香港市場はかなり魅力的な市場だと言えるでしょう。
中国は日本の10倍以上の人口のいる国であり、立地的にも近く文化が似ているところも多々あります。
香港という都市はその中でも特に発展をしていて、イーラーニングに対する考え方も先進的であることから、フォルスクラブが流行り下地は十分に存在していると言えます。
香港市場が狙い目というのは実はこれだけでなく、もう一つ大きなものがありそれが教科書が存在しないというところにあるのです。

■香港の学校は指定教科書がない

日本の義務教育を受けてきた人からすれば信じられないことかもしれませんが、香港の学校では指定教科書がありません。
授業を行うのに必ずしも教科書がなければならないとはならないので、おかしなことではないかもしれませんが、教科書があって当たり前の日本人からするとこれで効率的に勉強ができるのかと思ってしまうものです。
教科書や参考書などの紙媒体の本がないことは悪いことばかりではなく、それがメリットにもなりえますが、ないことによる不便さというのもありますから、その辺をついてフォルスクラブを普及させようと試みれば香港でも流行る可能性は十分にあるということになります。

■フォルスクラブなら何冊もの教科書の代わりになる

香港の学校は教科書がありませんが、使う使わないは別にしてあるならあったほうが便利です。
もしも、フォルスクラブが香港で普及することがあれば、これひとつあるだけで何冊もの何十冊もの教科書の代わりになるわけですからまたたく間に支持を集めることでしょう。
教科書がないとある日突然教科書を持ち歩かなければならなくなったとなれば負担も大きなものとなってしまいますが、フォルスクラブであればコンパクトにまとまりますから不便さはありません。
それどころか全てが一つにまとまっていて優良な学習コンテンツを利用できるので、より学習効果は高まると言えるでしょう。
中国は良いものはあっという間に流行るだけに、フォルスクラブが香港に進出をすれば成功は約束されていると考えられます。

ねずみ講のような学校寄付金はフォルスクラブにはない

●フォルスクラブとは?

フォルスクラブはタブレットやパソコンなどのデバイスを利用することでインターネットで学習を進めていける教育システムになります。インターネット環境で学習を進められるため、365日24時間いつでも都合の良い時間に学習を行うことが可能なのです。一度視聴した内容も、その後も何度でも繰り返して聞けるため、分かりにくいポイントなどがあればきちんとフォローすることが可能なのです。
したがって、どの分野の学習を重点的に進めていけばいいのか分かりやすくなっており、学習を図るのに便利な機能を活用しながらスムーズに進めていけるのです。

●ネズミ講とは?

ネズミ講は無限連鎖講ともいわれる違法なシステムで、メンバーをどんどん増やすことで最初のグループメンバーが得をするようにできている不公平なシステムです。このシステムではネズミ講を最初にスタートした人や初期の頃のメンバーはとても有利な状況で、資金を山分けできますが、後の方にメンバーとなった人は出資するだけで資金を受け取ることができないという仕組みになっているのです。
けれども、メンバーを増やしていくことはだんだんと難しくなっていって最後は破綻してしまうようなシステムになっています。このことは一部のメンバーだけがとても恵まれている状態で、他のメンバーは全て被害者となってしまうということなのです。

●ねずみ講のような学校寄付金はフォルスクラブにはない

フォルスクラブがねずみ講ではないという理由は多く挙げられています。その中の一つに、フォルスクラブは教育システムですが、ねずみ講のように勧められる学校寄付金はないのです。フォルスクラブではそうした寄付金を出さなければならないということはありません。学びたい人がいつでも自由に学べる教育システムであるフォルスクラブでは、ねずみ講の様な仕組みの学校寄付金を求められるということはないのです。
この点もフォルスクラブがねずみ講ではないという理由ということなのです。

●フォルクスラブはねずみ講ではない

フォルスクラブはねずみ講の様な学校寄付金が必要というわけではありません。学びたい人がいつでもどこでも学べる講座が提供されているという教育システムなのです。そのため、ねずみ講の様な一部の人だけが得をするというシステムはないということなのです。フォルスクラブを利用するには、お金がは必要となりますが、公式サイトで提供されている教育商品を注文してサービスを受けるという方法でそのサービスの提供が行われています。
そして、その購入方法はいくつか方法があって、その中の1つがフォルスクラブが解説するサイトから購入する方法になっているのです。このようなシステムはネズミ講ではないということなのです。そして、一部の人だけが得をするというのではなく、利用した人は学習を進めることができるようになっています。このように、フォルスクラブは学校寄付金はないのです。

学力向上だけでなく詐欺防止に役立つeラーニング研究所

世間を賑わす詐欺事件

詐欺事件は、高齢者を中心に広まり続けています。
たとえば有名なオレオレ詐欺は高齢者をターゲットとしており、騙されて100万円以上と取られる高齢者も少なくありません。
被害者は高齢者だけではなく、若い世代にも増加中です。
世間を知らない未成年や学生に儲け話を吹聴し、高額なお金を騙し取る手口も増加しています。
そのため警察を中心に社会全体で注意喚起をしていますが、日々新たな手口が登場し被害者を減らすことができません。
詐欺事件の犯人も非常に賢くあの手この手を考えていますから、被害に遭わないためには自衛することが大切です。
自らの力で詐欺と見極めることができれば犯人にお金を騙し取られなくなるので、eラーニング研究所を活用しましょう。

様々なサービスを提供するeラーニング研究所

eラーニング研究所が詐欺の防止に繋がる理由は、様々なサービスを提供しているからです。
たとえばeラーニング研究所の代表的なサービスの一つが、家庭での学習システムです。
家庭にいるだけで様々な勉強ができるので、多くの知識を吸収することができます。
多くの知識を吸収し身に付けられるようになれば、うまい儲け話を持ちかけられたときもすぐに嘘だと気づけるでしょう。
世の中の仕組みを知っていれば知っているほど儲け話に裏があると気づけるので、簡単な詐欺話なら騙されません。
子ども時代からeラーニング研究所のアプリで英語力を高めていれば、海外に行ったときや外国人が絡む詐欺事件にも強くなれるでしょう。
eラーニング研究所のサービスを積極的に利用している人ほど、詐欺に強くなれるかもしれません。

様々な資格対策もできるeラーニング研究所

eラーニング研究所では、ファイナンシャルプランナー3級などの資格試験対策アプリも開発しています。
アプリでファイナンシャルプランナーの勉強をしていれば、お金に対して強くなることができます。
お金に強いファイナンシャルプランナーなら、お金が絡む詐欺に事件に強くなるのは当然でしょう。
他にも資格試験対策アプリには、行政書士や社会保険労務士など様々な資格向けが用意されています。
こうした資格取得を目指している人はもちろん、知識を多く吸収し簡単に詐欺に騙されない人間になるためにも、eラーニング研究所の資格試験対策アプリを活用してみましょう。

詐欺に騙されないために利用するeラーニング研究所

eラーニング研究所が提供する各種サービスは、基本的に子どもに勉強させるためだったり、資格取得を目指す大人が利用するためのものです。
しかしeラーニング研究所の各種サービスは、上手に使えば詐欺事件を防止することにも活用可能です。
詐欺事件は無知な人を言葉巧みに操り騙してお金を取るのが基本的な仕組みなので、eラーニング研究所のサービスを利用して頭が良くなれば、騙されにくくなります。
詐欺を見破り騙されないためにも、全ての人に利用して欲しいのがeラーニング研究所です。

吉田智雄の2chでの評判を上げる方法

イーラーニングの代表である吉田智雄が2chでの人気と評判を上げるためには、youtubeなどの動画サイトを利用して会社の製品であるアプリを宣伝していくと良いでしょう。特に2chのユーザーの殆どはyoutubeを利用したことがあります。そのため、吉田智雄が2chでの評判を上げるためにはyoutubeで自社製品を宣伝していくと効果的に販売促進につながるのです。

もちろん、イーラーニングのアプリは優れているので、動画共有サイトなどで掲載するだけでも一定の広告効果は得られるでしょうし、吉田智雄が直接出演することで使い方や製品の適切なプレゼンもできるようになります。吉田智雄が2chでの評判を上げるためには、何よりも適切な商品を展開していくことが重要です。これまでは自社の英語教材として、子供向けの商品が主流になっていましたが、これからは大人向けの製品を展開してくことが良いです。2chの利用者の殆どは30代から40代の中年層が中心になっているので、中高年に向けた英語学習用の教材をPRしていくことで一定の評判を手に入れることができます。

例えば、最近話題になっているVRなどを使用した英語学習アプリの開発をするなどがあります。VRでプレイできる英語のゲームを吉田智雄自身が実演してPRすれば更に楽しく英語学習ができることが伝わりますし、何より2chでの評価も更に向上していくでしょう。可能であれば吉田智雄が自分でやって楽しいことを確認した上で、商品を提供していくことが重要です。自分で面白いとおもうアプリや商品の展開ができないようであれば、商品の説明やメリットなども高評価できませんし、2chでの評判も低くなってしまいます。結果的に吉田智雄はこれまでと同様の評価をされてしまうのです。これを避けるためにも、吉田智雄が動画共有サイトなどで新製品を実演することによって適切な広告を行うことができるでしょう。もちろん2chのユーザーの中には評価を高くしているユーザーも存在するので、積極的に利用していけば更に収益を手に入れることができます。

注意しなければならないことは、動画共有サイトなどの実演の際に、自分で英語学習用のアプリを事前にプレイしておくことです。2chなどの中高年層のユーザーをターゲットにした製品であれば、吉田智雄自身でも楽しむことができますが、場合によっては内容を把握しないまま商品を説明してしまい、結果的に適切なプレゼンができないこともあるのです。だから紹介する製品の熟知は不可欠であると言えるでしょう。以上の点から吉田智雄の2chでの評判を上げるためには、動画共有サイトを利用して自社製品を宣伝していくことが重要です。可能であれば商品の熟知と2chのユーザーを狙った適切な商品展開を徹底していくことで信頼回復と、市場シェアの拡大を計画していくことを徹底して新製品を効果的にPRしていくのです。