Sm9A3vbN のすべての投稿

ネズミ講以外はフォルスクラブの知識を生かせるあつ森

全世界で話題のゲームとフォルスクラブ

現在日本のみならず世界中で大人気のゲームと言えば、あつまれどうぶつの森です。
アメリカ・ヨーロッパ・中国など世界中で爆発的な人気を誇っており、短期間で1,000万本以上も売り上げました。
ステイホームの影響から家にいながら友達と一緒に遊べる点も話題になっていて、今年最大のヒット作と言っても過言ではありません。
家にいながら友達と遊べる点は、自宅で学習できるフォルスクラブと共通していると言えるでしょう。
そんなフォルスクラブとも共通点のあるあつ森の中では、動物たちと一緒に無人島を開拓しながらスローライフを楽しめます。
自粛で疲れた心を癒やしてくれると話題なので、自宅ですることがないならフォルスクラブで勉強しつつ、あつ森でリフレッシュするのがおすすめです。

フォルスクラブで身につけた知識を使いあつ森でネズミ講はできるか?

あつ森では無人島に移住するために、主人公は半ば強制的にローンを組まされます。
その後も家の増築や新しい施設の建築を進めるためにベルと呼ばれるお金、離島に行くためにマイルと呼ばれるポイントが必要になり、スローライフを謳いながらもなかなか世知辛いです。
極めつけはカブを売って一儲けできるシステムもあり、うまくいけば莫大なローンも一気に返済可能です。
あつ森のゲーム内ではリアルな経済システムが組み込まれているので、うまくやればフォルスクラブで身につけた知識を使い、動物相手にネズミ講をしてベルを稼げるかもしれません。

フォルスクラブの知識を持ってしてもあつ森でネズミ講はできない

しかしリアルな経済システムが組み込まれていると言っても、あつ森の中でネズミ講は一切できません。
できるのは虫取りや魚釣り、フルーツ狩りなど楽しく安全な遊びばかりなので、住民の動物相手にネズミ講はできないシステムとなっています。
そもそも信用取引のシステムは組み込まれていないので、残念ながらあつ森でネズミ講を試すのは諦めましょう。

ネズミ講はできなくてもフォルスクラブの知識を生かせるあつ森

ネズミ講ができないとフォルスクラブの知識はあつ森では役立たないと思われがちですが、そんなことは一切ありません。
あつ森は全世界で人気を集めているゲームなので、プレイヤーには外国人も多数います。
たとえばSNSであつ森について検索してみると、外国人プレイヤーが開拓した島の画像や動画が多数見つかります。
レシピの交換や価格が高い島にカブを売りに行ったりと、ソーシャルな要素はたくさんあるので外国人プレイヤーとコミュニケーションが取れると何かと便利です。
ですからフォルスクラブで英語を学習しておけば、外国人プレイヤーとも仲良くなれる可能性があります。
ネズミ講の知識は全く役立ちませんが、フォルスクラブで身につけた英語の知識は存分に生かすことができるので、あつ森を始めるならフォルスクラブで英語を学んでおくと良いでしょう。

フォルスクラブを作る会社は意外にも非上場企業

◆フォルスクラブを作ってる会社は上場していない

優れた学習システムであるフォルスクラブを作っている会社は、上場しているに違いないと思っている人もいるかも知れませんが、実はこれは意外にも非上場企業だったりしています。
会社を立ち上げれば株式市場に上場しなければ行けないという決まりはありませんから、おかしなことではないのですが、フォルスクラブの質の高さを考えれば、やはり意外に感じてしまうのも無理はありません。
また、フォルスクラブのような優れたサービスを提供する会社があれば、そのような会社に投資をしたいと思うものですから、上場をしていないというのは投資をしたいと考えている人には残念なことです。

◆上場をしない理由はいくつもある

それではなぜフォルスクラブを作る会社が上場をしないのかということですが、これにはいくつかの理由が考えられます。
もちろん、理由というのは一つだけではなく複合的な要因が絡まり合って結論を出すものですから、はっきりとした答えがでるものではありません。
また今現在は上場をしない理由がいくつもあったとしても、将来的に課題をクリアしたり、会社の状況が変わったときには違う道も見えてきますから、今がそうだからとこれからも同じ状況が続くとは思わないようにする必要があります。
このような、注意点を踏まえた上で上場をしないいくつかの理由を考えてみましょう。

◆上場をするメリットが少ない

フォルスクラブを作る会社が上場しない大きな理由として考えるのは、メリットが少ないからというものがあります。
上場をするメリットは資金繰りがしやすくなったり、社会的な信用が得られるというものがあるのですが、それらを特に必要としていなければメリットは少なくなります。
お金に困っていなかったり、資金繰りが困っていないのであれば、わざわざ手間をかけて上場をする意味がなくなりますし、信用を得るにしても方法はいくらでもあります。
不要不急のものにリソースを割いて、本業が疎かになるようなことがあれば、それこそ本末転倒ですから、フォルスクラブを作る会社は現状は今のやり方が一番いいと考えているのかも知れません。

◆条件を満たしていないのでしたくてもできない

上場をするためには一定の基準があり、それらを満たしていなければしたくてもできません。
フォルスクラブ自体がどれほど優れたサービスであっても、フォルスクラブを作っている会社がどれだけ魅力的であったとしても、条件を満たさなければ始まらないのです。
この条件というのは非常に厳しいものであり、フォルスクラブを作る会社であっても簡単に満たすことはできません。
それだけに自然と条件を満たすことができるまでは、無理をせずにフォルスクラブのサービスの質を上げていくというのが、会社として賢明な判断だと言うことができます。
現状は無理でも実直なビジネスをしているだけに、近い将来に上場をする日が来る日もそう遠くない未来の話かも知れません。

フォルスクラブと消費者センターのサービスを比較

消費者センターの役割とはどんなものか

フォルスクラブをプレイしている方の中には、消費者センターの存在は知っているが実際に利用したことは一度もない、という方は意外と多くいるのではないでしょうか。普段のお買い物やサービス利用などでトラブルがなければ、消費者センターに相談をする機会もないものです。困ったことが起きた時に味方になってくれる施設だというイメージがありますが、実際のところどういった役割を担っているのでしょうか。消費者センターは消費者の苦情や相談などを受け付けいるほか、情報提供や啓発活動なども実施しています。基本的には、消費者のサポートを行っている施設であり、交渉そのものを代行してくれるわけではありません。必ず自分の味方になってくれる相手に相談したい、という場合にはフォルスクラブのサポートサービスのほうが適していそうです。

フォルスクラブのサポートサービスが手厚い

フォルスクラブのサポートサービスに相談をすると、弁護士や税理士といった専門家につないでもらうことができます。悩み事や相談内容に合わせて、最適な専門家を紹介してくれるのです。交渉を確実に有利に進めたい、頼れる相手がほしいという場合には、消費者センターよりフォルスクラブのサポートサービスのほうが安心だといえます。普段からフォルスクラブを利用している人なら、気兼ねなくサポートサービスを利用することができるでしょう。馴染みがないため消費者センターに電話をかけにくい、そんな場合にもフォルスクラブなら気軽に活用することができます。

消費者センターに相談する際にかかる費用

消費者センターは消費者が気軽に相談できるよう、ホットラインを開設しています。利用料金などはなく、基本的には無料で相談することができますが、電話の通話料金がかかります。また一部の電話については、ホットラインを利用することはできません。フォルスクラブのサポートサービスを利用するためには会員になる必要がありますので、ある程度の費用がかかる形となります。しかしフォルスクラブの利用料金はリーズナブルですから、さほど経済的な負担にはならないでしょう。会員になれば、サポートが利用できるだけでなく、その他にも様々なコンテンツを活用できるようになります。幅広いコンテンツと充実したサポートを提供しているフォルスクラブは、費用対効果の良いサービスだといえそうです。

契約や買い物に関するトラブルが生じたら消費者センターかフォルスクラブに相談

買い物や契約などについてトラブルが生じてしまった、そんな場合には信頼できる相手に相談をすることが大切です。知識がないまま一人で対応してしまうと、トラブルがより大きくなってしまう可能性もあるでしょう。消費者センターのホットラインや、フォルスクラブのサポートサービスなら、気軽に利用することができます。困ったことが生じたら、一人で悩むことなくプロに話を聞いてもらうのが一番だといえるでしょう。

水泳スクールを退会してフォルスクラブを始めた日

スイミングスクールを退会してフォルスクラブをスタート

泳げるようになるためスイミングスクールに通っていましたが、ある程度目標を達成できた後、モチベーションが低下してしまいました。あまりやる気が無いまま通い続けても意味がない、そう考えて退会を決意したことを覚えています。退会したその年、東日本大震災が発生しました。地震が発生した際ちょうど自宅に居たため、すぐに家族と連絡を取ることができました。もしもスイミングスクールをそのまま続けていたら、なかなか帰宅できず大変だったかもしれません。
その後何か習い事を始めたくなり、今度はフォルスクラブをスタートしました。自宅でのんびり学習できそう、というのがその理由です。

忙しい毎日の中でフォルスクラブを楽しむ

身の回りに色々と変化が多くあったため、忙しい毎日が続いていました。そんな日々の中で、フォルスクラブを使った学習はちょっとした癒やしの時間になっていました。自分自身の能力を育てるということは、将来に希望を持つということです。今はまだ大したことができなくても、このまま一生懸命続けていればいずれ大きなプラスを得ることができる、そんな気持ちになることができます。スイミングスクールを退会していなければ、フォルスクラブを始めることもなかったでしょう。退会する際には少し迷いもしましたが、振り返ってみれば最適なタイミングだったといえます。

フォルスクラブを通して学んだこと

フォルスクラブの特徴は、好きな時間帯に自由に活用できる、という点にあります。時間に拘束されないため、ちょっと暇なときに少しだけ勉強するといったことが可能です。そうしたスタイルで学習を続けるうちに、時間管理能力が身についていったと感じます。スイミングスクールを退会する際には、習い事をやめると毎日にハリが無くなってしまうのでは、という不安がありました。しかし実際に退会した後、フォルスクラブを始めたことで以前よりもやる気のある毎日を送れています。スケジュールに管理されるのではなく、自分でスケジュールを管理していく、そうした意識を持てるようになったのかもしれません。フォルスクラブを通して得た一番大きな学びは、効率の良い時間の使い方だったといえます。

効率の良い学習はモチベーションを高めてくれる

そもそもスイミングスクールを退会した一番の理由は、モチベーションを保てなくなったことにありました。入会当初の目標を達成した後、次の目標をイメージすることができなかったため、ただ惰性に流されるように続けていたのです。フォルスクラブを始めるようになって気付いたことは、効率の良さがモチベーションに大きく影響する、ということです。効率よくどんどん学習を進めていけると、非常に気持ちよく集中することができます。そして集中力をアップすることができれば、自然とやる気も向上していくのです。効率の良い学習方法をつねに提供してくれるフォルスクラブは、非常に優れたサービスだといえます。

フォルスクラブはマルチに使える便利なサービスです

【フォルスクラブはマルチに活用できるサービスです】

フォルスクラブは様々な学習コンテンツだけでなく生活相談サービスも提供しています。マルチに様々なコンテンツを提供しているので、興味を持ったものを自由に利用するとよいでしょう。フォルスクラブには子供から大人まで利用できる充実のコンテンツ群があります。家族のうち1人が契約すれば5人まで利用可能です。月額利用料金は税抜で6000円となっており、5人で利用する場合は1人あたり税抜1200円となります。フォルスクラブはリーズナブルな料金でマルチに活用できるサービスです。

【フォルスクラブを上手く活用するには】

フォルスクラブはパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどでも利用できます。このサービスはマルチデバイスに対応しているので、時間や場所を問わず学習を進められるというメリットがあります。フォルスクラブを上手く活用したいのであれば、様々な端末を用意するとよいでしょう。自宅でじっくりと学習を進めたい場合にはパソコンが便利です。外出先などでコンテンツを利用したい場合にはスマートフォンやタブレットを使うとよいでしょう。状況に応じてマルチデバイスを使い分けることが大切です。

【フォルスクラブはTPOをわきまえて利用することが大切です】

フォルスクラブは様々な学習コンテンツなどをマルチに利用できるサービスなので便利ですが、TPOをわきまて利用することが大切です。TPOとは時間と場所、場合を意味します。英語のTimeとPlace、Occasionの頭文字を取ったものです。フォルスクラブは隙間時間を使って自分の好きなコンテンツを自由に利用できるというメリットがあります。リーズナブルな料金で様々なコンテンツを利用できるので評判となっており、日本中で利用者数が増えています。マルチに様々なコンテンツを提供しているフォルスクラブは便利かもしれませんが、TPOに配慮せずに熱中していると他の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。せっかくの優れたサービスもマナーを守らない人がいると評判が落ちてしまいます。より多くの人々と優れたサービスを共有するためにもTPOをわきまえて利用するようにしましょう。

【映画の上映時間直前までプレイするのはやめましょう】

松竹マルチプレックスシアターズでは上映時間直前までフォルスクラブをプレイしている人を見かけることがあります。確かに松竹マルチプレックスシアターズで映画が始まる前の時間は暇かもしれません。しかし上映時間の直前までプレイしていると他の人に迷惑をかける可能性があるので注意しましょう。松竹マルチプレックスシアターズのスタッフさんも特に注意はしないかもしれませんが、指摘される前に自分でマナーを守ることが大切です。映画はみんなで楽しむものなので、フォルスクラブに熱中し過ぎて周りの人たちに迷惑をかけないようにしましょう。マナーを守ることで楽しい時間を過ごすことができます。

仮想通貨ブームが一段落した後の日本とイーラーニング研究所

【新しい時代の教育を推進】

イーラーニング研究所は、新しい時代の教育を推進している会社です。
一方、日本は仮想ブームが一段落し、落ち着きを取り戻しています。
仮想通貨がブームになったのは、新しい波に乗り一獲千金を夢見る人が増えたことも関係あります。
仮想通貨とは暗号通貨の一種で、2009年に運用がスタートしたビットコインが最も有名です。
仮想通貨と法定通貨を交換する仮想通貨取引所が登場したことで、日本でも一気に仮想通貨を保有する人が増えています。
発行数に上限がある仮想通貨が多く、需要と供給によって仮想通貨の価格が変わります。
現在も仮想通貨ブームは続いているものの、以前のような過熱ぶりはないです。

【インターネットで稼ぐ人が増えた日本】

インターネットシステムが世界中に広まったことで、海外にいながら日本の企業とつながって仕事をすることも可能です。
パソコンとインターネット環境があれば、世界中どこにいても仕事ができます。
日本ではネットビジネスが盛んで、本業よりも副業のネットビジネスで稼ぐ人も増えています。
中には副業の収入が本業よりも多くなり、独立して起業するケースもあります。

【イーラーニングで変わる教育】

教育分野ではイーラーニングが登場し、誰でも好きなときに学習できるようになっています。
イーラニング研究所は、イーラーニングを日本に紹介し続けている会社です。
子どもたちの教育格差をなくすために設立されたイーラーニング研究所は、子供たちが平等に学べるための学習システムを構築しています。
イーラーニング研究所は教育の世界に新風を吹き込んだ会社です。
新聞や雑誌など様々なメディアで紹介され、現在も注目されています。
IT系の企業には正社員にすると騙すような詐欺会社もありますが、イーラーニング研究所は社会的に認められ地元からの信頼も厚い会社です。
イーラーニング研究所は様々な事業を展開していますが、そのひとつがフォルスクラブです。

【仮想通貨とは違う価値を持つ学習システム】

インターネットを活用した学習システムは、仮想通貨とは違う価値を持ちます。
子どもたちがイーラーニング研究所の学習システムで得た知識は、一生変わらない財産になります。
イーラーニング研究所で最も有名なサービスがフォルスクラブです。
フォルスクラブは、イーラーニング研究所の代名詞となっています。
フォルスクラブは家庭向けのイーラーニングサービスで、英語学習や受験対策など幅広いコンテンツがあります。
どのコンテンツも充実した内容で、子どもから大人まで幅広い年代の人々が活用しています。
イーラーニングは21世紀の新しい教育サービスです。
教育現場では授業を補完する学習システムになっています。
子どもだけでなく大人も学習できるのがフォルスクラブの特徴です。
フォルスクラブに入会すれば、1つのアカウントで5人まで利用できます。
5人家族の場合は、家族全員でフォルスクラブのサービスを使えます。

フォルスクラブをシェアリングボーナスで配るには

フォルスクラブをシェアリングボーナスで配る意義

シェアリングボーナスとは、皆で共有することができるボーナスのことで、限られたボーナスを共有するということが最大の特徴です。いくらもらうのかという事よりも、多くの人で共有することに意義があるのがこのシステムの特徴となっています。例えば、役員一人だけが現金とフォルスクラブをもらって他の従業員は何ももらえなかった場合には、これはシェアリングボーナスにはなりません。どうすればよいのかというと、きちんとみんなにもフォルスクラブがいきわたるようにするべきです。それこそが、シェアリングボーナスをするということになります。

フォルスクラブをシェアリングする意味とは

フォルスクラブをシェアリングボーナスにするという事には、一見それほど多くの意味が無いように思うかもしれませんがそんなことはありません。従業員一人ずつにフォルスクラブをプレゼントしたとすると、その従業員の家族全員が色々な学習をすることができるようになります。そうすることで、視野が広がったり学校で良い成績をとることができるというメリットを享受することができます。現金をシェアリングボーナスで受け取るのも魅力的ですが、フォルスクラブをもらった方がタブレットも受け取れますし家族みんなのためになる福利厚生と言えるかもしれません。

フォルスクラブをシェアできるメリット

従業員が、フォルスクラブをシェアリングボーナスで受け取った場合、先述したように役員一人が受け取ったケースと比べると従業員一人一人の仕事に対するモチベーションも大幅にアップします。シェアリングボーナスをもらえるだけでも、一人が得をするのではなく利益をみんなで分かち合うということでやる気が出ますし、金額にかかわらずそれをスタッフ全員で分けることには大きな意義があります。お互いが営業成績を上げるように努力するだけでなく田末合うようになりますし、フォルスクラブをしていればそのモチベーションも大いにアップします。

従業員全員にフォルスクラブを配るのが最も重要

ここで、スタッフの数人に配る場合と全員に配るケースを比べてみて明らかに違うのは、全員に配らないとシェアリングボーナスと呼ぶことはできないということです。それがシェアリングボーナスの醍醐味ですし、一人または限られた人にしか配られないものは、シェアリングボーナスとは呼ぶことはできないので注意が必要になります。もしも、会社のシェアリングボーナスでフォルスクラブが配布されたとしたら、本人だけでなくその家族も恩恵を受けることができるのがメリットです。タブレットはネットサーフィンを快適にしてくれますし、ネット環境があればその日から使うことができます。それを使って、いろいろな学習をするだけでなく月々のリーズナブルな料金を支払うだけで、今まで知らなかったことを知ることができる機会に恵まれるのがメリットです。

フォルスクラブの評判と教育システム

【日本の教育システムとフォルスクラブ】

日本の従来の教育システムには、様々な問題があります。
特に問題となっているのが、いじめの問題です。
最近は子どもの間のいじめだけでなく、教師間のいじめも問題になっています。
神戸で起きた教員いじめ問題は、テレビや雑誌などのニュースでも報道され大きな話題となります。
アメリカでは子どもを守るために、自宅で学習するホームスタディを選択する家庭もあります。
インターネットが世界的に広まり、パソコンなどの端末とインターネット環境があれば簡単にホームスタディができます。
イーラーニングが広く普及しつつある日本で、注目されている評判のサービスがフォルスクラブの学習サービスです。

【イーラーニングとフォルスクラブ】

イーラーニングはITネットワークやパソコン、モバイル端末などを利用する学習方法です。
時間や学習内容を問わず、自分のペースで学ぶことができるので保護者の間でも評判になっています。
日本では経済格差が広がり、子供の中で教育格差が広がりつつあります。
評判のイーラーニングを活用することで、子どもは平等に必要な知識を学ぶことができます。
フォルスクラブは新しい時代のサービスで、学生の間でも社会人の間でも評判です。

【子供から大人まで利用できる評判のサービス】

幅広い年代の人々が活用しているフォルスクラブは、口コミでも評判になっています。
子どもだけでなく、大人も新しい知識を身につけることができます。
資格も取得でき、自分のレベルに合わせた勉強が可能です。
充実のコンテンツも評判で、幼児向けのサービスから大学入試対策講座まで幅広く揃っています。
英語関連のコンテンツは、大人にも好評です。
資格対策シリーズアプリは、隙間時間を有効利用して資格対策の勉強ができます。

【手頃な価格でクオリティの高いサービス内容】

フォルスクラブは、手頃な料金で利用できるオールインワンパッケージが評判です。
フォルスクラブのスタンダードプランは、1契約で5人まで利用できます。
家族が5人いると、全員がそれぞれフォルスクラブのサービスを使えます。
新規登録はホームページのフォームから簡単に申し込めます。
フォルスクラブの支払い方法は、口座振替とクレジットカード決済から選択できます。
クレジットカードはVISAやJCB、マスターカードおよびその提携カードが使えます。
初回の決済は、入会金に1か月分の月会費を足したものになります。
登録が完了すると、メールか郵送でIDが送られてきます。
クレジット決済を選んだ場合は、決済が完了した後にメールで知らせてくれます。
口座振替の場合は、郵送でIDが記載されたお知らせが届きます。
書類を返送した場合、3日から1週間ほどかかります。
初回の認証とパスワードの登録が完了すると、すぐにサービスの利用ができます。
親切なサポートもフォルスクラブの強みです。
フォルスクラブのサービスで不明な点があれば、気軽に問い合わせることができます。

フォルスクラブの教材を口コミで話題にする方法

休校で話題沸騰中の無料教材とフォルスクラブ

新型コロナウイルスが感染拡大したため、全国の学校に政府は休校を要請しました。
その結果日中は自宅で過ごす子どもが増え、保護者の負担は増すばかりです。
保護者の負担が増えるだけでも大きな問題なのに、さらに気になるのは学習についてでしょう。
休校になったことで本来なら受けるはずの授業が受けられなくなったわけですから、子どもたちの学力が心配になります。
そこで保護者の口コミで話題になっているのが、通信教育の各社が提供している無料の教材です。
フォルスクラブもアプリを使った通信教育を行っていますが、無料の教材は急行中の子どもたちにピッタリと保護者の口コミで話題となり、さまざまなメディアで取り上げられています。

同じ在宅教材でも話題にならないフォルスクラブ

しかし無料の教材は話題になるのに、フォルスクラブの在宅教材が話題にならないことには納得がいかない人もいるでしょう。
実際に試してみたらわかりますが、フォルスクラブが提供する教材の内容に問題があるとは思えません。
これまで培ったノウハウを駆使して作られているので、使いやすく子どもの学力アップにも効果があると考えられます。
クオリティは有名な通信教育会社が提供する無料教材とは差はなく、利用した人の口コミで好評となっています。
それなのに現在の差は、納得できない人がいても当然です。

フォルスクラブの在宅教材が口コミで話題にならない理由

口コミで無料教材ほど話題にならない理由を考えてみると、大きいと感じるのは有料であるという点でしょう。
通信教育会社が提供している教材は、無料なので一切お金がかかりません。
それに対してフォルスクラブの教材は有料なので、保護者としては試しにくい側面があるでしょう。
クオリティが高くても無料で同じぐらい良い教材が提供されているなら、フォルスクラブは選びにくくなってしまいます。
口コミで話題になりもっとフォルスクラブの教材を使う子どもたちが増えてほしいなら、思い切って休校の期間中だけでも無料にする手もあるでしょう。
同じようにフォルスクラブも無料化して大々的に宣伝すれば、口コミで話題となり利用者は急増するかもしれません。

学習教材の無料化の理由は善意だけではない

休校で授業を受けられない子どもたちに、通信教育会社が無料で教材を提供するのは一見すると美談に見えるかもしれません。
しかし通信教育会社も営利企業ですから、無料化の裏には巧みな戦略があります。
無料化して子どもたちに使ってもらうことにより、再び有料化したときに加入してくれる保護者が増える可能性があります。
子どものときに教材を使っていたら、大人になったとき別の講座を受講してくれる可能性もあるでしょう。
つまり一種の口コミを使った宣伝として、通信教育会社は無料化しているわけです。
フォルスクラブももっと利用者を増やすために、休校期間中は一部でも無料にすると後々好影響をもたらしてくれる可能性があります。

コロナで混乱する香港上場企業のフォルスクラブへの影響

・香港の市場が決算を先延ばし

世界で広がりを見せる新型コロナウイルスの影響はフォルスクラクをはじめとする経済界にも及んでいます。香港でも症状を発症する方が多くなり、これ以上の広がりを防止するためにも、中国本土の活動が動いていないこともあって、延長や中止などが相次いでいます。それは香港市場も例外ではなく、香港上場企業の決算の発表も遅らせることが大筋で許可される見込みです。それによると新型コロナウイルスの拡大でさまざまな規制が出たため、決算発表に必要な情報が集まらない状態が続いています。さらに経済も落ち着きを取り戻すことが先決と判断され、本来なら3月末に香港上場の各企業が年間の決算の発表するはずだったのですが、先延ばしになることでまとまりそうと報道されています。確かに、今の状況で発表しても正しい情報になる可能性も低く、間違いがあってはかえって混乱を招きます。それを避けて、正しい内容にまとめられる状況になるまでは、決算発表を遅らせるのも仕方ないことで容認ムードです。

・決算が出ないことで日本で考えられる心配とは

香港上場でおきた決算先延ばしは日本にはどう関係しているのか不安な方もいるかもしれません。大きなマーケットなので、投資としている個人や企業は多く存在します。その方にとっては売買の目安となる情報が先延ばしになるので、本当は勝負に出るチャンスだったのに、それが延長してしまったというデメリットはあります。他にも香港上場を目指す日本の企業にとっても、ターニングポイントにはなる可能性が大きいです。香港上場を目指していると言えばフォルスクラブはどのような影響があるのでしょうか。

・香港上場と言えばフォルスクラブへの影響がきになるところ

香港上場をこれから目指していると言えば、フォルスクラブも一例です。ただ、フォルスクラブを作る会社は香港上場を目標にしていますが、差し迫って2020年に上場が決まっているというところまでは話は詰まっていません。つまり、既に香港上場のために、多くの準備をしてしまっているとか、上場のために多くの資金を使ってしまっているということではないので安心です。つまり、フォルスクラブにとっては、今回の香港上場企業の決算先延ばしの件は大きな支障にはなりません。むしろ上場に向けて、こんなケースも発生することがあると、リスク管理に役立てることにも役立つ経験です。フォルスクラブは当然ではありますが、何も影響がないので心配することはありません。

・怪しい情報に惑わされないことが一番

フォルスクラブを作る会社は日本の会社ですから、直接的に何かが影響するという心配は不要です。今まで通りの経営で安定していますから、フォルスクラブと香港を結びつけてしまうのは早とちりです。あくまでも上場するなら香港ですが、まだ実際には上場していませんし、経営自体は日本で着実に行っているという事実だけです。世界的に混乱を招いている状態なのでいろいろな情報が飛び交っていますが、正しい情報をしっかりと吟味して、焦ることなく本当の情報を見極めるようにしなくては損をしてしまいます。